Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

厨房のありす ネタバレと感想 第1話 キャラがめちゃ好き

ちと遅くなりましたが、門脇麦さんの【厨房のありす】も見ています。も〜日曜日、見たいドラマが多すぎて困っちゃう😣。本当は、これはご遠慮しようと思ったのですが、大森南朋さんと前田敦子さんが好きなので、一応覗いてみたざんすよ。そしたらね、やめられなくなりました😅。登場人物を皆、めっちゃ気に入っちまったのですわ😍。

大森さんと前田さんはもちろんのこと、門脇さんや永瀬さんもよかったし、他のキャラもとっても良かった👍。総長(大東駿介)だけは裏と被ってへんか、と思わず突っ込んじゃいましたが😁。

それに加えて、どうやら「ミステリー」も隠されているらしいのですよね〜。見ちゃうよね〜どうしたって🤭。てなわけで、遊川さんのドラマも見たかったけど、そちらはさすがにパスさせていただきました🙏。

以下あっさりネタバレです厨房のありすのネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

ありすのお勝手

まず、主人公の八重森ありす(門脇麦〜ライカ@ミステリと言う勿れ)は、レストラン=「ありすのお勝手」のシェフです。自閉スペクトラム症のため、接客は超苦手ですが、その一方で、化学が大好きで洞察力が優れているため、客の体調や体質に合わせた料理を作るのが大得意💜。「料理は化学」が口癖で、前クールの「料理は数学」が頭を掠めるけど、キャラがまったく違うので被りません。も〜ありすの作る料理の美味しそうなことったら😍。

また「人付き合いが苦手」なありすをフォローするのが、幼馴染で親友の三ツ沢和紗(前田敦子〜深瀬瑤子@イチケイのカラス)です。元ヤンの和紗は、他人からいじめられがちなありすを、陰になり日向になって守り、成長してからは一緒にレストランを始めました。ああ見えて二人の息子のいる母親で、現在も妊娠中だそうです。で、その夫が総長@仮想儀礼、否、金之助(大東駿介)です。

出産前後、ひとりでホールを切り盛りするのは大変だということで、バイトを募集したところ、ひとりの「青年」がやってきました。それが酒江倖生(永瀬廉〜護道泉@ラストマン-全盲の捜査官-)です。倖生は一見ぶっきらぼうですが、性格は正直でまっすぐ👍〜ありすはすっかり気に入りました🤗。この時ありすが作った「豚の角煮定食」も実に美味しそうでしたね〜

ありすの過去

そんなありすは、ゲイで未婚の八重森心護(大森南朋〜酒井忠次@どうする家康)を父と呼んで暮らしています。どうやら昔ありすが起こした?火事が原因らしいのですが、両親のいないありすを引き取って育ててくれたらしいのです。当初、人見知りが激しいありすは一言も話さず、いつも仏頂面だったのが、心護が専門の(化学の)「ベンゼン環」を見た途端に笑顔になり、それから少しずつ打ち解けていったのだそう🌹。

またありすの母親は「火事で死んだ」ことになっていましたが、どうやら生きていたようです。五條製薬CEOの娘=五條蒔子(木村多江〜斉藤薫子@)が母親らしく、ありすはテレビで彼女を見てそう呼んでいました🤨。この蒔子には誠士(萩原聖人〜山本俊介@ペンディング・トレイン)という夫(入婿)もいるようです

この蒔子の父で五條製薬のCEOが北大路欣也さん(レイモンド・フウ@コンフィデンスマンJP)演じる五條道隆というのがまた胡散臭いですよね〜😥。ドラマ好きにとっては「あの顔を見たら御用心的な存在です😁。

他アラカルト

ありすには心護だけだけど、和紗の家族は賑やかな六人家族なのも楽しいです🤗。普段は和紗の子どもたちと同レベルで遊んでいるありすが(でもオセロは負けない)、野菜嫌いの子どものために寝る間も惜しんで「外はサクサク中はとろとろ」のコロッケを作ったシーンも和みました。ありすたちとは幼馴染で、昔は「いじめっ子」だったのが、今ではスーパーの店長をしている三國谷優作(前原瑞樹〜藤丸次郎@らんまん)も良い味出していましたね。

まとめ

倖生が、なかなか賢そうなのに、昼はありすの店で、そして夜は心護が教鞭を執る大学で清掃のバイトをしているというのが、ちと解せないところですかね🤨。職業に貴賎はないとはいえ、また昨今の事情もあるでしょうが、ちょっと不自然な気がしませんか🧐。ありすと心護に「縁」があってそこで働いているんじゃなくて、彼らに会うためにそこを選んだってことはないんかな👻。ま、そのへんは今後の展開を御覧じろですね🤗。

追伸

3話の途中まで見てリタイアです🙏。キャラは相変わらず楽しいんだけど、早くも飽きてきちゃいました🐒。

関連記事