韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

アノニマス~指対~最終回 ネタバレと感想 万丞と倉木の正義

2021/03/16
アノニマス-警視庁-指殺人-対策室 0
アノニマス指殺人 香取慎吾 シム・ウンギョン MEGUMI

香取慎吾さん主演の刑事ドラマ、【アノニマス~警視庁"指殺人"対策室~】もついに昨夜が最終回でした。相手の顔を見ずにネットだけで繋がっていることの危うさをたくさん教えてもらいましたね。今は特にコロナ禍だからこそ、相手の言葉を額面通り鵜吞みにするのではなく、その背景や心中にも心を配りたいものです

また今回はこれで終了とのことですが、あの終わり方はもちろん続編ありきですよね。倉木と万丞は決して敵同士ではなく、今後は、いつもじゃなくても互いを必要とするときにはタッグを組んで「正義」を追求していくに違いない、そんな風に感じましたので。ウンギョンちゃんと香取さんのシーンは実に真に迫っていて泣けた~

今見終わったばかりなので、ついつい暑苦しく、前置きが長くなりました。以下、シーズン1最終回のネタバレです

指殺人

万丞は倉木に、11時からの定例会見ですべてが明らかになる、お前の復讐はそれで終わりだ、と伝えました。そこで城ケ崎刑事部長が2年前の隠蔽に付いてすべてを告白することになっていたのです

が、城ケ崎は定例会見に姿を現しませんでした。朝から連絡も取れないことが判明します

倉木は薄笑いを浮かべます。どうせそんなことだろうと思った。警察が真実を明らかにするはずがない。そして2年前の情報をアノニマスの名でネットにアップします。警察はあてにできない。皆さんで正義を実現させましょう!

万丞は碓氷とともに城ケ崎の自宅を訪れました。妻の涼子(筒井真理子~京子@富士ファミリー)と娘の(河合優実)はともに心当たりがないそうです。そこへ一報が入りました。なんと城ケ崎が遺体で発見されたというのです。自筆の遺書も残されていたことから「自殺」と断定されました

遺書には、アノニマスが暴露した事実=事件を隠蔽したと明記されており、自殺により一切の責任を取ると書かれていたそうです。

義憤に駆られた碓氷は、倉木のしていることは「指殺人」と同じだと批判しました。が、倉木は、あくまでも正義が執行されただけだ、とうそぶきます

隠された真実

泉の証言

そこへ城ケ崎の娘の泉がやってきました。城ケ崎は2年前に誰か上司らしき人間と電話で話していたのだそうです。とても困った様子だった城ケ崎はその後、一切笑わなくなりました。泉は、城ケ崎がネットで叩かれていたのを目にして心を痛めています。父は死んで当然なのでしょうか?

万丞は、キッパリ、死んで当然の人間などに無い、と言い切りました

犯人捏造の理由

万丞と羽鳥は、そもそもなぜ犯人を捏造しなければならなかったのか、の原点に立ち返りました羽鳥が犯人じゃなくてホントに良かった♪。羽鳥は当時の捜査員に資料を確認してもらったそうです。その結果、押収されたはずのSDカードが消えていたことが判明しました。それが分かれば、真実が見えるはずだ!

羽鳥は、倉木の暴走を止めるのは、相棒だったお前しかいない、と万丞に檄を飛ばしました。

万丞は四宮に頼んで城ケ崎のスマホを解析してもらいます。彼が最後に見ていたのは、娘・泉の誕生日を家族が笑顔で祝っている動画でした。外にはパパラッチが正義漢を気取って妻子の名前を呼んでいます。万丞と碓氷は、万丞が死を選んだのは、妻子を守るためだったと察しました

最初は「遺書こそが城ケ崎の遺志」だと協力を拒んでいた涼子も、これを聞いては耐えられなくなります。どうか真相を突き止めてください!

万丞と碓氷は(たぶん)城ケ崎の部屋を調べて、2年前に隠蔽したSDカードを見つけ出しました。

2年前犯人に仕立てられえた澤登はフリーのジャーナリストだったそうで、当時は長谷部国務大臣への不正献金の証拠をつかんで、長谷部を脅していたのだそうです。長谷部はすぐに警察に圧力をかけ、澤登を別件で逮捕させました

倉木の協力者

その一方で、万丞たちは倉木の協力者を捜すことにします。入院療養中の倉木が一人でアノニマスにはなれないからです。その結果、サイバー犯罪の容疑を掛けられ、倉木が無実を証明した春川雅也(栁俊太郎)が浮上しました。春川の勤務先は、不動産会社と取引があったため、その空き物件を調べることにします

万丞と碓氷は四宮が突き止めたアジトに向かいますが、春川が碓氷に拳銃を突きつけてきました。倉木もまた拳銃を手に、アノニマスの新しい正義で捜査をする、私は生まれ変わった、と豪語します。倉木は「集団的知性」のことを指しているのかしらね

ふたりの正義

万丞は倉木に証拠を突きつけ、おまえは真実を見誤った、と指摘しました

それで尊い命が失われた。俺が真実に辿り着いたのは、城ケ崎の家族と実際に向き合ったからだ。目や表情を見ながら、実際に語り合ったからだ。ネットだけでは真実が見えない!!

すまなかった。お前の真実に気づけなかった。お前の心にあるのは怒りや憎しみではなく哀しみ

倉木は万丞の言葉を否定して彼を撃とうとしますが、万丞はその拳銃を掴んで、もう終わりだ、苦しかったな、と声を語り掛けました。倉木は呆然としていましたが、春川は違います。ふざけんなよ!俺はお前に人生掛けたんだ!!

春川が倉木を殺そうとしたのを、万丞が体を張って庇いました。ようやくお前を守れた

倉木は春川を撃って逃亡します。ハラハラしながら成り行きを見守っていた碓氷が万丞に駆け寄ってきました。万丞さん、起きてください!私はまだ万丞さんに「相棒」と認められてないんです!!

~いやいや、そんなことより、早く救急車を呼びなさい碓氷にイライラ

長谷部は逮捕され、事件は収束しました。真実を見誤った裏K察も求心力を失います。万丞も無事でした。入院中の万丞を倉木が見舞います。裏K察は一旦閉じるが、ネットの可能性を諦めたわけではない。自分なりの正義を探し続ける。

そう語る倉木に気づきながら目をつぶっていた万丞も、彼女が去った後に目を開け、俺も俺なりの正義を探し続ける、とつぶやきました

エピローグ

万丞は指対に復帰し、越谷も減給と停職を経て戻ってきます。万丞は、早速ガミガミうるさい碓氷に「相棒といっても俺の動きに合わせろ」とくぎを刺しました。最初は文句を言いかけた碓氷も「相棒」として認めてもらったことに気づいて大喜びします

感想

冒頭でうるさく語ったので、一言だけリクエストしますね。シリーズ化はもちろんのこと、是非「字幕付き」で全国放送してくださいませ

【メーカー特典あり】アノニマス~警視庁"指殺人"対策室~Blu-ray BOX(特製ビジュアルシート付き)

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.