韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

BG2~身辺警護人~ネタバレと感想  第1話 面白かった!

2020/06/19
BG-身辺警護人 0
BG 木村拓哉

木村拓哉さん主演のドラマ、【BG~身辺警護人~】のシーズン2がようやくスタートしました。これがなかなか楽しかったですね~。新しく加わった仲村トオルさん、市川実日子さんも既にすっかりキャラ立ちしていて、むしろシーズン1より面白かったと感じたのはおばさんだけでございましょうか

以下ネタバレのあらすじですBG2のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

村田五郎亡き後、日ノ出警備保障はIT総合企業のKICKS CORPに買収され、「KICKS(キックス)ガード」となりました。島崎を始めとするボディーガードたちはそっくりそのまま移籍されたようです。

社長の劉光明(仲村トオル~屋代大@家売るオンナ)の意向で、KICKSガードの警護対象はVIPのみでした。

そのうちのひとり、与党議員の桑田宗司(小木茂光~高瀬甚左衛門@立花登青春手控え)が開催する後援会パーティーで警護に当たっていた島崎は、いち早くボーイに扮した不審者を見つけて対処します。会場のワインボトルはすべて蓋が空いていたのに、男はワインオープナーを隠し持っていたのです

島崎と沢口正太郎(間宮祥太朗~渡利順平@俺の話は長い)が男を静かに廊下に連れ出すと、男は沢口に飛び掛かってきました。島崎は沢口を庇って怪我をし、男はその隙に逃走してしまいます。

追わなくていい。俺たちの仕事はここまでだ

この「事件」はマスコミを騒がせ、桑田議員とKICSの評判はうなぎ上りでした。課長の小俣健三(勝村政信~加地秀樹@ドクターX)は怪我をした島崎に、桑田のパーティーに水を差したくないから警察には届けないよう指示します。

島崎はそれもあって病院には行きそびれ、後に診てもらった契約担当医の笠松多佳子(市川実日子~山川二葉@八重の桜)から、体が資本の仕事だからとキツクお灸をすえられました

その島崎にボディーガードの依頼が舞い込みます。刑務所で服役中の松野信介(青木崇高~廻谷誠@サギデカ)という人物からです。

松野は3年前、講師をしていた関東工科大学の実験室で、研究員の伊丹綾子(竹島由夏~山川操@八重の桜)を窒息死させた容疑をかけられましたが、捜査の結果、業務上過失致死罪の判決が下ったそうです。

松野の依頼は、出所後、事件現場に行って教授に謝罪したいから、ボディガードを頼みたいという内容でした。

島崎から報告を受けた小俣は、VIP以外の顧客はありえない、ましてや犯罪者など言語道断だと即却下します

島崎は仕方なく、松野に直接断りに行きました。せっかく頼ってきてくれた松野にせめてもの誠意を示したかったからです。ちなみに松野に島崎を紹介してくれたのは、元サッカー選手で服役中の河野純也(満島真之介)だったそうです

松野は、依頼を断るためだけにわざわざ面会に来てくれた島崎の誠意に感謝しました久しぶりに人間扱いされたと言われた島崎は、なんともやりきれない気持ちで帰宅します

それで島崎は、社長の劉に直談判に行きました。劉もまた、至極あっさり、拒否します

その帰り、島崎は桑田のパーティーでの不審者を見つけ、後を付けていったところ、男が桑田の秘書から金を受け取っていたのを目撃しました。なんとなんと先日のパーティーの襲撃事件は、劉と桑田によるやらせだったのです

~このシーンを見てふと思ったんですけどね。コロナ禍のせいで今後は「マスク=不審者」とは言えなくなっちまいますね

島崎はすぐに劉に会いに行きますが、ちょうど桑田と食事中だった劉は、それが「ビジネス」だとうそぶきました。ボディガードは所詮体しか使っていないから「用心棒」なんて言われるんだよ

劉に従えないなら辞めてもらっていいと言われた島崎は、バッジを外してこう言いました。せめてこれからは警護の現場を弄ぶような行為は決してしないと誓ってほしい!

まあそんなこと言っても糠に釘、カエルの面に何とやら~でしょうけどね

島崎は仲間に一言も言わず、会社を去り、今後は一ボディーガードとして働くことにしました。息子の瞬がまた賢くて、朝の目玉焼きに卵が2つ入っていたことから、父に何かがあったに違いないと察したのがまた微笑ましかったですね~

大丈夫、どんなことをしてもお前を大学までは出してやる!!

島崎は最初の依頼人に松野を選びました。松野は感激して、まさか自分のせいで辞めたのではないかと心配しますが、島崎はそうではないと否定します。

本来なら警護は2人が原則なところ、今回は島崎ひとりなため、島崎はあらゆる可能性を想定して警護に臨みました。が、なぜか行く先々でマスコミに見つかってしまいます。しかも、島崎が事務所用に借りたビルにまで押しかけてきたのです

島崎が、松野の姿に「松野!」と連呼するマスコミに向かって一喝したシーンがまたよかった

松野さんは既に罪を償って帰ってきた。あなたたちに彼を呼び捨てにする権利はない!!

その後、島崎同様、KICKSの方針に疑問を抱いた高梨雅也(斎藤工~高石勝男@いだてん)が、島崎の後を追ってきました。「クライアントを守るため」、島崎も高梨を受け入れます。ふたりで時計を合わせたシーンがまた懐かしくてワクワクしましたね~

大学にもマスコミが押しかけていたため、島崎はついに松野を問い詰めます。マスコミにリークしていたのはあなたでしょう?真実を話してくれなければ警護などできない!!

そう簡単にボディーガードなど信用できるか!と反論した松野に島崎は、松野のことがきっかけで会社を辞めることになったと打ち明けました

元犯罪者だろうがなんだろうが、困っている人の役に立ちたい!!かっこいいな~島崎( *´艸`)

それでようやく松野が真実を打ち明けました。松野は、教授に謝罪したいのではなく、松野に罪を押し付けた教授の坂上司(神保悟志~牛島陽介@隠蔽捜査)に謝罪してほしかったのです。研究員の伊丹綾子にシツコク言い寄っていた坂上は、伊丹から訴えてやると反撃されたため、実験での事故を利用して、伊丹を殺害したのだそうです

一方、大学で松野を待っていた坂上は、既に松野の真意を察していました。坂上は、恥をさらすぐらいなら死んだ方がマシだと、松野や島崎を道連れにして死のうとします氷点下38℃の冷凍室に閉じ込められた島崎は、何とかして高梨に伝えようと、共通の合図らしい「ドアを4回ノック」を試みました。両手で松野を支えていたので、足で蹴ります

声も聞こえず、電話も通じませんでしたが、二人を捜しに来た高梨はこのかすかな音を聞きつけました。ドンドンドンドンっ!島崎さんっ!!そこにいるんですか!

その実験室は「大変貴重な氷柱」を保管するために厳重に作られたらしいのに、島崎がその氷柱で凍り付いたドアノブを叩き壊そうとしたのがまた痛快でしたね~。それがどんなに貴重であろうと、人命には代えられませんここは実に楽しかった( *´艸`)

なんとかドアが開き、坂上は警察に連行されました。松野は島崎にBG代の15万円を支払います。1時間5千円みたいですね。

松野は心から島崎に感謝しました。あなたは僕の未来を護ってくれた。復讐を止めてくれてありがとう

そして高梨もまたKICKSを辞めて「島崎警備」に合流するようです。どうやら高梨と付き合っていたらしい菅沼まゆ(菜々緒~牧野巴@インハンド)は、劉にうまく持ち上げられてリーダーに抜擢されていましたが、この先どうなりますことやら?

島崎がいかにもおじさんらしく、さらりとオヤジギャグを言ったり、後輩の高梨にオヤジ扱いされて、お前も十分オヤジだなどとやり返すところも何気に楽しいです

BG~身辺警護人2」は来週の放送も楽しみですね


通称キムタクサングラス

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》