韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

BG2~身辺警護人~ネタバレと感想 第4話 見栄っ張りは父親譲り

2020/07/10
BG-身辺警護人 0
BG 木村拓哉 斎藤工

木村拓哉さん主演のドラマ、【BG2~身辺警護人~】は4話も楽しかったですね~。ま、20年間引きこもっていた人間が、家を出て仕事を見つけるのは並大抵のことではないと存じまするが、そこはきっと本人が懸命に努力をするのでしょう、とおばさんも信じてみました

以下早速ネタバレですBG2のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

今回の依頼人は生田大輔(岡田義徳~キンタ@コンフィデンスマンJP)。生田は、できたばかりの「島崎警備」のHPを見て助けを求めてきました。今まさに監禁されて見張られているというのです

が、島崎たちが駆け付けたその住所は大輔の自宅で、両親も同居していました。監禁というのは嘘で、本当は同級会で開けるというタイムカプセルの中身を自分の分だけ先に回収したいから付き添ってほしいのだとか。何でも大輔は「Jリーガー」になりたいという夢を綴ったそうなのですが、それを知られるのが恥ずかしいのだそうです。

それに俺、命を狙われているんだ

高梨は頭から疑ってかかりましたが、島崎はいつも通りクライアントを信じました。父親の洋次(平泉成~男谷平蔵@小吉の女房)ですら、見栄っ張りが!と馬鹿にする大輔のために、スーツと靴まで用意してきます。大輔は髪や髭を伸ばし放題で、見るからにニートそのものだったからです。大輔はいつも着ているヨレヨレのジャージで行くと言い張りましたが、さすがに靴だけは履く物が無かったので島崎のを借りました。

学校へ行く途中、同級生だった谷口守治(丸山智己~佐伯隼人@アライブ)に出くわします。この谷口こそ、小学生時代の大輔に運命を狂わされ、踏切で大輔を突き飛ばしたり、自転車のタイヤに穴をあけたりと大輔に嫌がらせをした張本人でした。大輔は当時谷口に塩酸を盗むよう命じたそうで、それが大問題になったのに、当の大輔は、言われるまですっかり忘れていたそうです

おまえのせいで、俺は誰も信じられなくなったんだ!

20年も引きこもっていたニートにそんな影響力があったとは驚きでしたね。大輔を庇って自分を殴れと言う島崎の姿を見た大輔は、ようやく素直な心を取り戻します。悪かった!どうか俺を殴ってくれ!!

大輔の当時の「夢」は父親の洋次と同じ、電車の運転士になることでした。大輔は洋次が大好きだったのだそうです。が、学歴のないことを恥じていた洋次は、息子だけはいわゆるホワイトカラーにさせたくて、大学を出て、電車ではなく人を動かす職業に就けと口を酸っぱくして言い聞かせていたのだそうです。それで大輔は、自分の夢を話すことができなかったらしい

タイムカプセルから出てきた息子の「本当の夢」を目にした洋次は深く反省しました。見栄っ張りなのは私の方だった。許してくれ!

洋次は大輔に家を出るよう促しました。ここはちょっと唐突に感じましたが、大輔は図らずも島崎たちに「監禁」を訴えたけれど、それもあながち嘘ではなかったということなのかもしれませんね。大輔はずっと見栄っ張りな父親の夢に監禁され、そこから出ていく勇気がなかったのかもしれません

ボディーガードの代金は8万円と、ニートの大輔にとっては高額で、島崎は分割でもいいと勧めましたが、大輔は小さい頃からお年玉やお小遣いを貯めたのがあるから大丈夫だとニッコリ笑って、現金で支払いました。長かった髪を切り、髭も剃ってパリッとスーツを着た大輔は、これからどんな職業に就くのでしょうか。スーツを着る仕事をするのは現実的に難しいような気もしますが、25歳ならまだまだ若くて可能性は無限ですよね。やりたいことがあるのなら、今から大学に行って勉強しなおしても遅くはないです

一方、大輔を警護している最中、またしても「あの男が島崎たちを付け回していました。あの恨みがましい目つきからして、単に劉に命じられたからだけではないような気がしたのはおばさんだけでございましょうか?

また今回は瞬が学校で怪我をしたため、島崎が笠松に診てもらうよう勧めました。賢い瞬は、笠松が島崎に気があると見抜き、それを島崎に伝えます。島崎もバリバリに意識して、つい、電話で笠松を食事に誘いました。笠松がひとりでラーメン屋にいることに気づいたからです。笠松はものすご~く嬉しそうな顔をしたくせに、誘ってもらいたかったわけじゃない、と電話を切ってしまいました。も~素直じゃないんだから。ま、ひとりで男盛ラーメン食べるのもいいですが島崎と笠松がお似合い( *´艸`)、たまにはデートもええんでない?

BG2」は来週の放送も楽しみですね


通称キムタクサングラス

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》