韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

オー!マイ・ボス!恋は別冊で ネタバレと感想 第6話 大人のデートが可愛かった♪

2021/02/17
オー!マイ・ボス!恋は別冊で 0
オーマイボス恋は別冊で 菜々緒 玉森裕太 ユースケサンタマリア

上白石萌音さん主演のお仕事ドラマ、【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】の6話を視聴しましたオーマイボスが面白い( `ー´)ノ。こうした三角(四角)関係はラブコメではお約束なのでしょうが、奈未はもっと自信を持ってもいいのになあ、とヤキモキします。潤之介はあんなに誠実なのにね

以下ネタバレですオーマイボスのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

同棲?

仕事先で理緒に遭遇した奈未は慌てて身を隠しました。しかもその帰りに潤之介の父=勝之介(宇梶剛士~麦田誠@義母と娘のブルース)にまで会ってしまい、複雑な心境で帰宅しました。ついつい「お父様」に挨拶などしてしまったけれど、まだ正式な彼女でもないのに

帰宅すると、潤之介が家の前で待っていましたお帰り、奈未ちゃん。奈未が電話もメールも返さなかったので、直接会いに来たのだそうです。

俺のこと避けてるの?俺何か奈未ちゃん怒らせるようなことした?理由教えてくれるまで帰らないから!

ぷんぷん

むくれた顔がまた可愛いのですよね

奈未は、ご近所の目もあると言って潤之介を中に入れると、潤之介は先に風呂に入ると言い、奈未の作ったご飯を食べて勝手に泊っていきました。しかも翌日には奈未の部屋に荷物を送ってきます。潤之介はすっかりもう奈未と一緒に暮らすつもりなのです

そこへなんと理緒が訪ねてきました。理緒はもう奈未の相手が潤之介だと気付いていたそうで、歯ブラシが2本あるのを見て、もう告白してくれたのか?と笑います。私応援するから

奈未は、自分が幼馴染に片思いしていたこともあり、そう簡単に割り切れませんでしたが、理緒は、潤之介は甘いもの食べたら他のこと忘れちゃうタイプだから大丈夫だ、と請け合ってくれました。でもやっぱり奈未はまだまだ自信がありません

彼女宣言

そんな奈未に嬉しい出来事が起きました。奈未は今回和田のアシストを頼まれていたのですが、そこに潤之介が仕事でやって来た時のことです。どうやら和田は潤之介に目をつけていたらしいのですけど、潤之介はあっさり、この状況を打破しました。奈未ちゃん、この前トイレの電気付けっぱなしだったからよくぞ言った!

奈未は、和田の手前慌てて隠そうとしますが、潤之介は平気です。

奈未ちゃん、俺の彼女なんです。付き合ってるんです、俺達

尾芦がまたヒューヒュー騒ぐのが笑えましたね~。ついに言いよった!ジュンさんカッケー!

奈未は感動して、勝手に「心のスロー再生ボタン押しちゃってます。ふたりで一緒に帰宅すると、奈未はようやく本音を打ち明けました。

ちゃんと付き合ってんのかよく分かんなかったから、理緒さんのこと私から聞くのもどうなんだろうって思っちゃって。それに聞いてもしまだ理緒さんのこと好きだったらって思ったら、確かめるのも怖くて

潤之介はそんな奈未を可愛いと言い、ずっと一緒にいようね、と笑いました

思わぬ邪魔

ところが、ここでまた思わぬ邪魔が入ります。なんでも理緒は音楽家ジストニアに罹ってしまったらしく、それで悩んでいたのを潤之介が察してしまうのです。理緒も隠そうとはしたのですけどね~。潤之介を置いてイタリアまで行ってつかんだ夢が壊れてしまう、と耐え切れなくなったようです

でもって、ふたりが抱き合っているのを奈未が目撃しました。ショックを受けた奈未は職場に戻り、「潤之介が奈未に隠れて元カノと会っていた」と涙します。

中沢は、いったんは奈未を諦めようとしていたようなのですが、奈未が泣いているのを見たら放っておけなくなりました。潤之介が奈未を待っているあの場所へ行き、ライバル宣言をします

あんたがそんなんなら、俺遠慮しないから

そして中沢はその言葉通り、奈未に思いを告白しました。俺お前のこと好きだわ。俺ならお前のこと泣かせない

編集長のジレンマ

一方の麗子は、思うように売り上げが伸びなくて悩んでいたところに、勝之介がスポンサーを紹介してくれました。MIYAVI存続のためには、多少強引な要求も聞かなければ、と我慢している麗子に奈未が喝を入れます

MIYAVIを守るって何ですか?みんなが思うようなページ作れなかったら、守る意味なんてないですよね?MIYAVIを読んでくれてる人のためにも、MIYAVIを楽しみにしてくれてる人のためにも、MIYAVIはMIYAVIのままでいてほしいです!そんなの変です!

麗子はこれで吹っ切れました。ありがとう、何を守るべきかあなたに教えてもらうなんてね

でもこのままだと、MIYAVIを存続させるのは難しいようで、副社長は既に編集者達の行き先を手配していたようです

水族館デート

その副社長は、約束通り、麗子と水族館へ行きました。奈未にその事情を説明すると、奈未はにんまり笑って二人を応援します。

それでも麗子はMIYAVIのことが気になってなりませんでした。それで副社長は、今日一日はリラックスして楽しんでほしいと伝えます。前妻とうまくいかなかったのも、公私の区別がつかなかったかららしい。

僕ね、デート久しぶりなんですよ。だから今日は仕事を忘れて楽しみたいと思ってます

麗子もようやく笑顔になり、副社長がデート前に仕入れたうんちくを楽しみました

もったいない

その麗子は、勝之介からよく「もったいない」と言われていたそうです。ファッションの勉強にパリへ行くと言った時も、そのパリから戻ってMIYAVIの編集長になった時も、せっかく○○だったのに、それを捨てるなんてもったいない、と言われたのだとか。せっかくのキャリアがもったいない、宝来製紙の創業家の娘なのに「ファッション」なんてもったいない

感想

麗子はそうしたものに執着はないのですよね。その時々に情熱を傾けられるものを見つけ、全力投球しているだけで、それに付いてきた結果が欲しかったわけではない。ああ、やっぱり麗子は素敵ですね

そんな麗子に奈未が意見を言えるようになるまでに成長したのも頼もしいです。続きもとっても楽しみですね


TBS系 火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」オリジナル・サウンドトラック/TVサントラ[CD]

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.