病院の治しかた ネタバレと感想 第2話 本当のプライドとは?

小泉孝太郎さん主演のドラマ、【病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~】は2話も面白かったですね~「本当のプライド」とは何かを考えさせられました


以下ネタバレのあらすじです病院の治しかたのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


修平の緊急動議に驚いた健次郎は、修平を裏切り者呼ばわりしました。が、修平は、「裏切り」というのは病院が崩壊していくのを手をこまねいて見ていることだと反論します


健次郎は、自分なり努力はしたが再建できなかった、と無念をあらわにしました。今日の理事会では「銀行の支援を受けた再建プラン」を提案するはずだったのに


が、修平は、そのプランは「身売り」に過ぎないと指摘します


私は経営を根本から立て直し、独立した医療法人として有原総合病院を全国に誇れる医療施設に作り変えたいんです


すぐにも再建に取り掛からなければ、病院は消滅するかもしれないと説得する修平に、安井事務長は、修平こそが元凶だと罵倒しました


その様子を見ていた健次郎は決を採ると言い出します。なんと健次郎は修二郎の議案に賛成したのです!?


健次郎は、自分と修二郎のどちらがリーダーに相応しいかを、理事の一人として冷静に判断したと語りました。病院を守りたい気持ちは俺も同じだ!


修二郎は、健次郎を顧問として残すつもりだったようですが、健次郎は、叔父を追い出した血も涙もない男と非難されても、やるべきことをやりぬけと語りました。その覚悟がなきゃ病院再生など夢物語だ


修二郎は、安井事務長を連れて長野の工場で産業医として働くそうです。


俺は中継ぎで登板して失点した。だがまだ挽回できないほどひどい状態じゃない


この引き際の良さこそ、健次郎のプライドですよね


こうして修二郎は本格的に「改革」に取り掛かることになりました。その修二郎を支えるために、倉嶋が「新事務長」として出向してきます


行内では「島流し」と囁かれたそうですが、修二郎は大いに喜び、「医療関係者以外は口を出すなと総スカンを食らうかもしれない」が、頑張ってほしいと激励しました


倉嶋自身は、病院の再建か、はたまた価値が下がらないうちに見切りをつけさせて転売するかを見極めねばならぬと考えていたようですが、妻は、猿山の猿じゃあるまいし、トップになどなれなくていい、と言ってくれていました


新院長となった修二郎は、早速、有原総合病院が目指す方向を3つの理念として掲げます


常に新しく良質な医療を提供すること、活力のあるチーム医療を確立すること、夢と希望に溢れる職場環境を作ること


修二郎は倉嶋を加えて再生戦略会議を開きました。メンバーは砂岡武雄(福本伸一~北村専務@リーガル・ハイ)と兵頭に加え、医師も参加させます。


倉嶋は最も懸案の「人件費」について言及しました


5割を超えていたらレッドゾーンと言われる一般企業に対し、人が力の病院はそうもいかない。でも病院でも55%程度に抑えれば黒字経営が可能なのに対し、有原総合病院は58%にも上っているのだそうです。それに加えて「年功序列式の給与体系」を考えると、早晩6割を超えるのは火を見るよりも明らかなのだそう


倉嶋は、年功序列ではなく能力を評価する方向に転換していくべきだと説明しました。医師たちは、医者を評価の対象にするなど言語道断だと反対しますが、仮に事務部門だけ変えても全体の2割に過ぎないそうです。


これまで年功序列式を採用してきたのは、国公立病院の人事制度に合わせてきたからなのだそうですが、国公立病院はその9割が赤字で、補助金頼みというのが現状だそうで、医療法人が同じことをしていたら破綻するのは当然です


いかにもベテラン医師の坂本は「病院は一般の会社や工場とは違う、そもそも能力があるから医者になってるんだ」とのたまいました。いや~その「既得権」に胡坐をかいているような医者こそ、再評価されるべきじゃないんですかね


倉嶋は、予想外の反発に恐れをなしましたが、修二郎は逆で、人事改革こそ真っ先に取り掛かるべき課題だと確信したそうです。妻の志保が、なぜ医者たちは、互いを「先生」と呼ぶのか、と指摘したことも大きなヒントになったようです


病院の常識は世間の非常識じゃないか、病院はこういうもんだと決めつけてきたことは一度疑ってみたほうがいい


修二郎は、病院の抵抗勢力~坂本史郎(浅見小四郎)や藤田隆文(小松利昌~銀次@小吉の女房)~を「岩盤」にたとえた上で、一気にひっくり返そうと断言し、砂岡と倉嶋に新しい人事制度の素案を1カ月で作るよう命じました


拙速は巧遅に勝るですよ。グズグズしていたら岩盤はますます硬くなる


そう言いながらも、あくまでも「理念」を忘れないよう念を押します。人件費を削るのが目標ではなく、先に挙げた理念を実現すれば、無駄な人件費は自然と減っていくはずだ


倉嶋と砂崎は「暴走特急の命令に頭を抱えながらも、病院再建に関する本を片っ端から読み耽ったり、セミナーに参加したりしました。勉強すればするほど「5年後の破綻」が見えてきます


ふたりは「能力主義人事の導入」と「適性に合わせた人材登用」を骨子に再建案を作りました。基本給を年齢給と職能給に分け、その割合を年齢によって変動させる方式を作ったそうです。年齢が上がるほど職能給の割合が高くなるこの方式は、若手にとってはモチベーションのアップにつながり、ベテランもぬるま湯につかってはいられなくなるでしょう


この実現に際して必要なのは「公正な人事考課」であり、運用にあたっては、職員をランク付けする道具にならぬよう、丁寧なフィードバックが必要になります。こうした手間暇を惜しんで、型通りのマニュアル頼みになったから、日本人のレベルが下がってきたのです


修二郎はこの方式を絶賛し、早速「医師」に対する導入を決定しました。が、医師の反対は猛烈で、倉嶋や砂岡どころか、悦子までが難色を示します


それでも修二郎は揺るぎませんでした小泉孝太郎がピッタリ( *´艸`)


そこへ甲府医大からクレームの電話が入ります。医者をランク付けするのは何事か、と教授会で大問題になっているのだそうです


修二郎は早速医大に説明に出向きました


医師たちの反対に加え、医大まで改革に口を出してきたのは、どうやら財務部長の村尾が唆していたようですね。しかも銀行にも村尾と結託している輩がいるようです


修二郎が出て行ったあと、若手の医師たちが押しかけてきて、倉嶋に出ていくよう詰め寄りました。銀行の言いなりでまともな医療機関と言えますか!


そこへ修二郎が戻ってきて倉嶋を庇います。倉嶋さんは、患者さんのため、地域のために有原総合病院はつぶせないと思ってくれている。それに銀行も、経営状態が改善し、病院が存続し続けるほうが、嬉しいに決まっている


さすがに若いだけあって頭が柔らかいですね~。十人ほど来た医師のうち、修二郎はふたりを説き伏せてしまいました。修二郎はこれに大いに気をよくします。2-6-2の法則から行って、2人を攻略できたなら、残りの6割も付いてくる


「2割くらいの人は何だって反対する」には苦笑仕切りでした


が、看護師は、なんとなんと8割がたが辞表を出してきました。今まで病院を支えてきた私たちをランク付けするなんて許せない!!


おばさんには、ランク付けされて困るような仕事しかしてこなかったという証明にしか聞こえませんが


案の定、修二郎も、彼女たちは使い物にならないと見切りをつけました。無理に残ってもらってもいずれ病院のお荷物になる


悦子は彼女たちを庇おうとしますが、修二郎は、意見を言おうともせずに、変わることをかたくなに拒み、(患者を置き去りにして勝手に辞めるような人間は引き留めても仕方ない、と切り捨てます。ここは実に気持ちが良かった


しかも、その看護師の穴埋めを、残ったスタッフ全員でできちゃったのがまた痛快でしたね~。修二郎は、看護部の負担を他の部署で補うよう指示したのです


資格が無くてもできる仕事は事務方が担当し、注射や採決はドクターが引き受けました。


内輪の事情で患者さんを放り出すわけにはいかないな


そうそう、これこそが「本当のプライドですよね


こうして何とかギリギリ回していたところに、ある夜、高齢者施設から食中毒の患者たちが搬送されてきました。医師や看護師のみならず、事務方が率先して手伝ったおかげで、翌日には皆無事に退院していったそうです


看護師不足をカバーしてきたのが、今回のチームプレーにつながった!


その一方で、倉嶋は副頭取の米田から、看護師が大勢辞めたそうだが大丈夫なのか、と問われました


再生は可能なのか?それとも無謀な挑戦にすぎないのか?


もちろん、前者だと答えてくれると信じていますよ~


病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」は来週の放送もめちゃ楽しみですね



患者に医療を取り戻せ増補新版 相澤孝夫の病院改革 [ 塚本健三 ]
これは是非読んでみたいな~


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません