韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

病院の治しかた ネタバレと感想 第4話 発想の転換

2020/02/15
病院の治しかた-ドクター有原の挑戦 0
病院の治しかた 小泉孝太郎 高嶋政伸 小西真奈美

小泉孝太郎さん主演のドラマ、【病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~】は4話も面白かったですね~。まさにピンチは最大のチャンス~このドラマを見ていると元気がもらえますよね。以下ネタバレのあらすじです病院の治しかたのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


24時間365日体制がスタートしたものの、まだまだ患者は気軽に救急を利用してはくれませんでした。間質性肺炎の悪化で亡くなった患者も、もっと早く来てもらえれば救えたかもしれないのに、と修平は無念で一杯になります


まずはなんとしてもトリアージの精度を高めなければ!まずはそこからだ!


そう意気込む修平に、そのトリアージに患者役として参加して、野林の様子がおかしいと相談にやってきた倉嶋は、早めに野林と話してみてほしいと頼みました。修平は分かったと言いながら、その時間はなかなか取れなかったようです


煮詰まった野林は、予定されていた帝王切開のオペの前に逃げ出してしまいました


庭のベンチに座っていた野林を見つけた倉嶋が話を聞くと、野林は以前の夜のことが忘れられないと語ります。あの時はうまく行ったからいいけれど、次は助ける自信がない


倉嶋は少し休むよう勧めましたが、野林は頑として聞き入れず、有原病院を辞めてしまいました野林はあかん(;´Д`)


その結果、小児科のみならず産科に問題が生じます。新生児蘇生を託せる小児科医がいなければ、ハイリスクの出産は扱えないというのです


有原病院では月に60件のお産を扱っているのですが、そのうちの半分が高齢出産や難産で、他の産院や助産院からの転院が2割もあるのだそうです。


それでリスクを抱えた妊婦はすべて大学病院に移ってもらうことになりました。


有原病院の産科は従来利益率が高く、収益の柱だったそうですが、小児科医が不在なら、月に6件から10件程度に抑えたいとの声が現場から上がります。そうなると産科のスタッフは医師看護師助産師など総勢17名もいるため、毎日赤字が積み重なるばかりですそれはゼッタイ許されない!


倉嶋は産科を閉鎖すべきだと主張しました。他の医師たちは24時間体制も止めたらどうかと追い打ちをかけます


修平は、どちらも患者にとっては必要だと反論しますが、医師の都合も少しは考えろと怒鳴られてしまいました。


理想論を振りかざして暴走するのはいいかげんに してもらいたいね!


その後、牧原彩名の心房中隔欠損が明らかになりました。本来であれば修平の得意分野なのですが、有原病院には心臓カテーテルの設備がないため、医大に紹介することになります。


口惜しい思いをしながらも、志保と話して「産科」の重要性を改めて痛感した修平は、倉嶋の言うように余剰人員をリストラするのではなく、手の空いているスタッフに産科の修行に出てもらうことにしました。志保は赤ちゃんと言う命をこの世に送り出す産科は「病院のパワースポットだと表現したのです。


修平は、小児科医が見つかって産科が本格的に稼働するまで、ナースと助産師を専門の産院に研修に出して、妊産婦への心遣い~アロマテラピーや出産後のお祝い膳~についてのノウハウを学んでもらうことにしました


有原病院が給料を払えば受け入れてもらえるはず、今期は赤字確実だが、産科のバリューが上がれば将来的には増収になる


また24時間体制については救急専門医を雇い、北米ER型に変えることにしました


救急部門は医者もナースも3交代制でシフトを回す代わりに病棟や外来の診療を一切せず、救急医で判断がつかない時は専門の医師に電話で指示を仰ぎ、より高度な治療が必要な時だけ専門医が来院して診療にあたることにします


こうした問い合わせや呼び出しに応じてくれる医師には、月額いくらかの定額報酬を上乗せして支払うことにすれば、ドクターたちのモチベーションも上がるはず


修平は、野林のことを教訓に、良い病院とはまずそこで働く医者や看護師たちに選ばれるところでなければならないと気づいたのだそうです。人材が財産の病院にとって、リストラは決して良い結果を招かない


倉嶋は「赤字」に難色を示します。収益を上げなければ銀行だって破綻するんです!


でも修平は、今日種をまいてもすぐに花が咲くわけではないが、種をまかなければ花はいつまでも咲かないと反論しました。


今何をするかで病院の未来が決まるんです!


倉嶋から事業計画書を受け取り、説明を受けた米田は1年の条件付きで赤字経営を認めてくれました


その後、小児科医の目途も付き、救急専門も手配できました。産科のリニューアルの評判も上々です


が、倉嶋は5億を超える赤字を憂えて修平に念を押します。産科と24時間救急がフル稼働しても、この赤字は埋められそうにないからです


それなのに修平は、心臓カテーテル室やICUも整備しなくてはならないと言い出しました。MRIも最新の高解像度のものに切り替えたいです


私の話を聞いてなかったんですか?今は夢物語で暴走する余裕などみじんもないんです!!いい加減にしてください!!


それでも修平は負けずに、どうやら地域医療ネットワークを構築するつもりのようです。予告では、第1話で登場した開業医の田畑の顔も見えていたようですね。


一難去ってまた一難~でござりまするが、引き続き応援していきたいです



患者に医療を取り戻せ増補新版 相澤孝夫の病院改革 [ 塚本健三 ]
これは是非読んでみたいな~


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.