Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

フェルマーの料理 ネタバレと感想 第1話 思わずナポリタンが食べたくなった

金曜ドラマ【フェルマーの料理】も覗いてみました。おばさんは特にナポリタンが好きではないけど、思わず食べてみたくなりましたね〜45°Cのフォークでもっちりパスタのナポリタン🤭。以下あっさりネタバレですフェルマーの料理のネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

数学で挫折

将来はフェルマーのような数学者になりたいと夢見ていた北田岳(高橋文哉〜真中信太郎@女神の教室)は、父の希望もあって、名門ヴェルス学園に入学して東大を目指していました。学園の理事長・西門景勝(及川光博〜神戸尊@相棒)は、岳が数学オリンピックに出ることを全面的に後押しします。そのために400万以上の投資をしたらしい💦。

ところが岳は、その選考会で、ライバルたちとの圧倒的な実力の差を思い知らされました😱。もはや自分はフェルマーにはなれないと悟った=数学を諦めようとした岳に西門は退学を言い渡します👊。しかもこれまでかかった金もすべて返せと命じました👿。

助け舟?それとも?

そんな時、岳が学食のバイトで作ったナポリタンを見たカリスマシェフの朝倉海(志尊淳〜竹雄@らんまん)が、岳の料理の才能を見抜きます。それはすべて「数学的な才能」がなせる技でした。数学への道を閉ざされた岳だけど、その数学を生かして料理を極めることができる、と豪語します。

それに東大へ行きたいのは、君の夢じゃなくて、お父さんの夢なのでは?😏

母亡き後、男手一つで岳を育ててくれた北田勲(宇梶剛士)は、岳を東大に入れるのが夢でした。口では好きな道を行けと言いながら、いつしか岳が「疑問」を抱くことすらできないほど、自分の夢を押し付けていたのですね。

でも朝倉の目的は、岳を応援することではなく、ヒーローである自分の「理想的なモブキャラ👻」にすることでした💀。

テスト

朝倉は岳を店=レストラン「K」に呼び、西門がお偉方を招待したパーティーで「メイン料理」を作らせました。それがナポリタンだっため、客は一瞬ガッカリするのだけれど、実際に香りを嗅いだり味わったりしたところ、これが尋常な一品ではないことに気づいて驚愕します😍。

あらかじめ西門に、メイン料理の出来が良かったら是非シェフを称えてほしいと伝えていた朝倉の顔に満足げな笑みが浮かびました😏。朝倉は満を持して岳を皆に紹介します。岳には裏切られたと憤慨していた西門だけは苦い顔をしていましたが😤、他の招待客は口々に彼を褒め称えました

朝倉は西門に囁きます。「ヴェルス学園」の生徒である岳が皆を喜ばせたのだから、きっと寄付を弾んでくれることでしょうね😈。西門は岳の復学を許さざるを得ませんでした。そして岳は見事、東大にも合格します👍。

新たなチャレンジ

でも岳は東大への入学は辞退して、料理の道に進むことにしました。一旦は反対した勲も、岳への愛を改めて思い出して、心から応援することにします。おまえは俺の人生の主人公だ!

朝倉のレストランでは、並々ならぬプライドを持ったシェフたちが手ぐすね引いて待っていました。なんでもKで一人前として認められるには、彼らに「賄い」を認められなければならないそうです。でも2024年の映像を見る限りでは、岳はもう「シェフ」として働いていたようでしたね?😁

まとめ

いかにも劇画チックで軽く楽しめそうですね。いったいどんな賄いができるのか、今から楽しみです🤗。

フェルマーの料理 コミック 1-4巻セット
フェルマーの料理 コミック 1-4巻セット
関連記事