韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

危険なビーナス ネタバレと感想 第2話 皆怪しくて目が離せない

2020/10/19
危険なビーナス 0
危険なビーナス 妻夫木聡 吉高由里子

東野圭吾さん原作、妻夫木聡さん主演のミステリードラマ、【危険なビーナス】は2話も面白かったですね~。登場人物が皆怪しすぎて目が離せません。以下早速ネタバレです危険なビーナスのネタバレ感想行きますよ~(^^)/

矢神勇磨

矢神勇磨は「養子」という触れ込みでしたが、実際は先代の康之介が愛人に産ませた子どもだということが、たぶん、判明しました。「たぶん」というのは、これは勇麿の発言なため、もしかすると「嘘」をついている可能性もあるからですが、でもおそらくは真実ですよね。あのいかにも強欲そうな康之介が、わざわざ養子をとるなど考えにくいですからね

勇磨は今回伯朗に、楓の正体を確かめたいからスマホを盗んで勇磨に渡せと命じました。伯朗自身、楓を疑わなくもなかったのですが、看護師の蔭山から、あれこれ考えずに「直感で動けと忠告されて、楓を信じることにしたのです

一方で楓は、伯朗から、勇磨はずっと矢神家の当主になることを約束されていたのに、明人が生まれたためにその地位が脅かされるといち早く察し、明人が生まれた時から明人を目の敵にしていた、と聞かされ、勇磨が明人を監禁しているのではないかと疑いました。楓は早速勇磨の車にGPSを仕掛けます。

が 勇磨はこれにもすぐに気づいていて、伯朗を騙すために、古びた団地を借りておいたのだそうです。案の定、勇磨が普段の行動範囲から遠く離れたその団地に行くのを怪しく思った楓と伯朗は早速、勇磨の後をつけて行きました。勇磨は、後を追ってきた伯朗に、自分は愛人の子で、ここで育ったのだと語ります。俺はおまえよりずっと貧乏な暮らしをしていたと伝えて伯朗の共感を得るために

でも実際は、養子になる前から目白の豪邸を与えられ、好きなだけ使えるクレジットカードを渡されて贅沢三昧の生活をして育ったらしい

が、伯朗は勇磨には騙されず、楓とともに騙されたふりをして、勇磨の本心を探りました。勇磨には偽のスマホを渡して楓は明人の嫁ではないと確信させ、その上で楓と手を組んで明人の遺産を横取りしようとしていたことを突き止めます

あなたはバカな裏切り者を捨てて、私と新たに手を組むだけでいい

勇磨の言葉に楓は笑い出し、伯朗は楓を裏切るような人ではないと断言しました。ふたりは勇磨に勝ったと祝杯をあげます

が、勇磨は、伯朗が団地に入ってきた際、奥の扉を開けて何かを見つけようとしたことから、明人が行方不明だと察してしまいました。あいつらがそれを隠しているのは俺たちにとって都合のいい状況だ

勇磨は佐代にそう語ります。その佐代も「養子」ということでしたが、こちらはどうなのでしょうか?佐代の年齢設定は61歳ということですから、康之介の娘じゃなくて愛人だった可能性もありそうですが

そして番組の最後には楓が階段から突き落とされてしまいました

妄想

牧雄や楓を突き落とした犯人は?

楓はまず牧雄を突き落とした犯人を突き止めようと、牧雄が突き落とされてすぐに矢神家に駆け付けました。そこで「ボンネットが温かい車=外出から戻ったばかりの車」を見つけます。それは使用人の君津がスーパーに買い物に出かけたと語っていましたが、これむちゃ怪しいですね。ちなみに牧雄は一命を取り留めたものの、まだ予断を許さない状態のようです。

楓を狙う人物はさすがに多すぎて絞り込めませんが、勇磨の仕業ではなさそうです

支倉と長峰

康之介の次女=祥子の夫で医師の支倉と、康治の専任看護師らしい長峰もなにやら怪しそうでしたね。妻や親戚に頭の上がらない支倉とは医師と看護師以上の関係がありそうですが?

もっと価値のある何か

総額30億とも言われる遺産よりも価値のあるものはいったい何なのか。そう考えていた矢先、憲三が「リーマン予想」について語りだしたのが気になりました。もしこの数学界最大の難問が解けたとしたら、天文学的な価値があるのではなかろうか、と。牧雄も一応科学者ですしね。そしてそれは、伯朗の父一清が描いた絵に隠されているのではないでしょうか?

感想

な~んて今から妄想のし過ぎでやんすね。テキトーに読み流してくださいませね。面白いドラマを見ているとはた迷惑な妄想がどんどこ膨らんでしまうのがおばさんの悪い癖なんでやんす

また看護師の蔭山と伯朗のやり取りは和まされますね。楓は怪しい気がしますが、蔭山は信用できそうです

怪しさいっぱいの「危険なビーナス」は続きもとっても楽しみですね


危険なビーナス (講談社文庫) [ 東野 圭吾 ]

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》