韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ルパンの娘 ネタバレと感想 第3話 いつの間にか木馬がラクダに!?

2019/07/26
ルパンの娘 0
ルパンの娘

~「ルパンの娘」のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ルパンの娘 あらすじと登場人物一覧

深田恭子さん主演のコメディ、【ルパンの娘】は3話もまた面白かったですね~。個人的には、華の「心の声深きょんちゃんが可愛い( *´艸`)が可笑しくて毎回注目していますが、最後に来てマツばあちゃんのラクダに持ってかれちまいました。いつの間にっ!?

以下ネタバレのあらすじですルパンの娘のネタバレ感想行きますよ~(^^)/

マツに和馬の職業を知られた華は「もう終わった・・・と心の中でつぶやきました。そこへ尊が猛反対したからなおさらです

串刺しの刑やろな。穴から穴へぶす)っと一刺しや

マツの言葉がよぎります

が、マツは、まだ何も言っていませんでした。尊は、マツの手刀で倒れるような「マヌケ」はLの一族に迎えられないと怒っていたのです

ラヴ・イズ・オーヴァー

そんな華に恋は終わったと繰り返すマツ。でもホントのところは「ラヴ・イズ・オール=愛こそすべてと言いたかったらしい

一方、そんな華と三雲家を疑っていたマルシア、否、美佐子は、華を家に招待し、警察には欠かせない「かつ丼取り調べにはかつ丼だ!の作り方を教えている隙に華を調べようとしていました。三雲家では指紋採取を行ったにもかかわらず、誰の指紋も出てこなかったのだそうです

作り方を書き留めさせた手帳ばかりか、わざとキャベツの千切りを急がせて、指を切らせ、その血液まで保存するとは、さすがは鑑識課の非常勤職員でござるね

美佐子に言われて祖父の和一を呼びにいった華に、和一がいきなり斬りかかってきます。それを華は見事に素手で受け止めました

すまなかった、てっきり 泥棒かと

って、真剣を素手で受け止める女の子のほうが怪しいでしょ

結局美佐子に疑われていたことを知った華は、すっかり落ち込んで帰ってきました。そんな孫を見たマツは、黙っていれば分からない、と入れ知恵します。じゃんじゃか逮捕させて、一課の刑事にさせればええやんか

こうしてマツの「ドロボーホイホイ作戦」が始動しました。ま、その中身はどーでもいいんですが、可笑しかったのは、引っかかったドロボーの中に尊と悦子もいたことです。今回のお宝は「トルンダワ王国の秘宝」だそうです。

しかも、この秘宝~どう見ても秘宝に見えない地味~な代物なのに、悦子ばかりか和馬からまで「地味」扱いされた美佐子が拾って、首にかけていたから大笑い

なんでこんなところにいるの!?と華が両親を追い返そうとしていたところに、和馬がやってきました。後ろを振り向いたらそこに「L姿の両親」がいるのに!!なんでこんなところにいるの!

華は必死でそちらを向かせまいとしました。行かないで!私だけを見てて!!そっち向いちゃダメ!

和馬は、もともと両親を追い出してふたりきりの夜を過ごそうとしていたほどですから、すっかりその気になっています

分かったよ。俺は華だけを見てる

見ないでよ!お願いだから出てって!!早く出てって!

嫌ですよね~親の前でラブシーンなんて

そこへ美佐子が戻ってきました

いい度胸ね!私たちを追いやって人さまの家で秘め事しようだなんて!なんて汚らわしいの!この泥棒猫

この言葉に反応する両親がまた可笑しい

泥棒猫で何が悪いの?俺は好きだぜ、子猫ちゃん

そこへ別の強盗がやってきました。華は必死で立ち向かおうとしますが、どうやら、フツーの恰好では力が発揮できないらしい

華!早、それ着ぃ!

マツが放ってよこした衣装に身を包んだ華の強いこと強いこと。って、最初と動きが変わってないように見えるのはおばさんの気のせいでやんすね

華がかつて合気道を習っていたと聞いた美佐子は、ついに華を「桜庭家にふさわしい嫁」として認めてくれました。しかも、強盗相手に格闘した和馬を見た尊も、すっかり和馬を気に入ります。あれならLの一族を任せられる

「これでもう結婚街道まっしぐらや華、がんばりいや!

というマツがまたがっていたのは、2話で尊が調達してきた小さい木馬ではなく、巨大なラクダのぬいぐるみでした

こうしてようやく両家が前進したというのに、今度は警視正が邪魔してきます。なんでも和馬に「元警視総監の孫娘」との縁談が持ち上がったのだそうです

しかも和馬は、犯人の供述から、Lに変装した華の似顔絵を手に入れ、これはどういうことなんだ?と尋ねてきたから大変です

嘘、バレちゃった!?気づかれた?

いやいや、実にバカバカしくて楽しいですね~特にマツばあちゃんサイコー( *´艸`)。暑い夏にはピッタリです。「ルパンの娘」は続きを見るのが楽しみですルパンの娘が面白い(^^)/


これは小説も楽しめそう

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.