韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ディア・ペイシェント あらすじと感想 第6話 新しい風

2020/08/22
ディア・ペイシェント 0
ディアペイシェント 貫地谷しほり

南杏子さん原作の医療ドラマ、【ディア・ペイシェント】の6話は「新しい風」です

このドラマのタイトルはなぜ「ディアペイシェント」なのだろう、もしかしたら嫌味なのかと思わずにいられないほど毎回ひどい患者ばかりで、医師が可哀想になりますが、それでも千晶はそんな患者に愛を注いでいるのはスゴイと改めて感心させられました。以前から浜口が指摘していたように、もし千晶に「野生の勘」があるとしたなら、患者たちはそんな千晶なら自分を丸ごと受け止めてくれるだろうと信じてぶつかってくるのかもしれませんね。そして座間もそのひとりなのかもしれません

以下早速ネタバレですネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

育児ノイローゼ

今回の患者は乳児を抱えた新米の母=岩見春菜(朝倉あき~蛯名美優@グランメゾン東京)でした。千晶はたまたま小児科の助っ人に駆り出され、赤ちゃんの予防接種をすることになったのですが、そこでつい、前の患者に打った注射の空き瓶を手にしたら、他人の残り物をうちの子に注射するのか!と因縁を付けられてしまいます

これワクチンの誤接種ですよね?

千晶は何度も違うと説明しますが、岩見は頑なに信じようとせず、保健所に訴えると騒ぎ出しました

でも千晶はそんな誤解とクレームよりも石見が育児ノイローゼなのではないかと心配したそうです。千晶は浜口と一緒に院長に相談に行きました。院長は、子育て中の母親が過敏になるのは無理もないから、自宅を訪ねて誤解を解いた方がよいと促します

そこへ事務長が乗り込んできて、早速石見からのクレームが入ったと息巻きました。院長がとりなそうとすると、事務長は千晶に、沼田とともに行くよう命じます。事務長はで折り合いをつけるつもりだったのです

案の定、岩見の夫の優斗(山口翔悟~清吉@立花登青春手控え)は、金を受け取ると即、それで手を打とうとしました。が、岩見はますます頑なになります

こんなものいりません!私絶対に許しませんから!

後で分かったことですが、実はこの優斗が若い子と浮気をしていたのが、岩見の精神状態をますますひどくしていたようです

だからと言って岩見が子どもの体調を理由に、来ないと死ぬ、と千晶を脅して家に呼びつけたのには驚きました。それでまた千晶も呼ばれると駆け付けちゃうんですよ。その上岩見は病院まで送ると言って千晶を車に乗せると、夫の浮気相手が働くファミレスに千晶を連れていき、岩見の代わりにその相手を殴れと言い出します

も~これって正気の沙汰じゃありませんよね。千晶が断ると、岩見は千晶に子どもを預けて自分で殴りに行きました。が、あとちょっとのところで娘が泣き出し、思いとどまります

その後岩見は吹っ切れたらしく、千晶の内科を受診して謝罪しました。そこで千晶は、施設から一時帰宅した母に聞いた話を伝えます

悩んだ時は焦らずただ立ち止まる。立ち止まってると本当の自分の気持ちが見えてくる。そうしたら、いつの間にか新しい風が吹く。

いや~千晶はエライ、と感心しきりでした。岩見は久しぶりにゆっくり眠り、夫の優斗に離婚を切り出したそうです。優斗は泣いて謝り、1年間で変わってみせると約束したのだそう。

座間

座間は、やはり、祐子の施設を訪ねたそうです。そこでも、自分の親を施設に預けるなど鬼畜のすることだとのたまいましたが、祐子は「子どもには子どもの人生があると答えたのだそう。

本当は座間も母親からそう言ってほしいのではないでしょうか。座間の母親は決して座間の介護を喜んでいるわけではなさそうで、何かあるとベッドをガンガンと叩いて座間を呼びつけていたようです。その座間はお腹に注射を打っていたので糖尿病なのかもしれません

座間もまた岩見同様、自分の鬱憤を優しい医者の千晶にぶつけて(=甘えて)いるだけのような気がしますよね

でもだからと言って千晶だけが我慢することはない。座間のあまりの言動に腹を立てた浜口は、千晶に代わって座間を言い負かしてくれましたboxer8

座間さんが行った数々の攻撃=暴言暴力ストーカー的行為は、真野先生が座間さんの診察を拒否する正当な理由に当てはまります。今後行動を改めて頂けなければ診療を拒否します。患者様ファーストだからこそ、病院を荒らす存在には厳しくご注意申し上げる義務がある、ということです

座間は浜口のこともブログに書いてやると脅しますが、浜口は負けませんでした。どうぞご自由に。そちらこそ名誉毀損で訴えられないように

新人の警備員から座間の行動を聞いた蓮見も、座間のことを調べてくれると約束してくれました。元刑事ですからこれまた頼もしいですね~。

今は憎たらしいだけの座間だけれど、お母さんとの確執?が解消されて、母も自分も大切にできる時が来れば良いのですが

ディアペイシェント」は来週の放送も楽しみですね


ディア・ペイシェント 絆のカルテ (幻冬舎文庫) [ 南杏子 ]

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.