韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

DCU〜手錠を持ったダイバー ネタバレと感想 第3話 ちょっとやりすぎちゃうか

韓ドラおばさん
2022/01/31
DCU-手錠を持ったダイバー 0
DCU 阿部寛 横浜流星 高橋光臣 中村アン

日曜劇場【DCU〜手錠を持ったダイバー】の3話を視聴しました。前回のラストでのどんでん返しに続き、今回もまた驚かされましたね〜💦。個人的には、中村アンさん演じる隆子があそこまで常軌を逸脱したのは「隊長が悪い見本👎」だったりしたんでない?とついつい思っちまいましたよ😓。以下簡単なネタバレですDCUのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

サンチェスの正体

前回、隆子を騙して逃亡したサンチェスは「ロドリゴ・サンチェス」ではなかったことが判明しました。既に公安では、ブラジル警察からその情報が届いていたそうです。不法入国時の映像を見た新名は、サンチェスの耳の後ろに赤い模様があるのを見つけました。それは「ブラックバタフライ」という中東に本拠を置く国際テロ組織の証拠だそうで、彼らはそこに「黒い蝶の形をした小型のチップ」を埋め込み、そのGPSで仲間と連絡を取り合っているのだそうです💀。サンチェスの本名は「ジョアン・ロペス」だということも明らかになりました。ロペスは、ブラジルを出る前に駅を爆破した凶悪犯として手配されていたそうです😨。

公安は、このブラックバタフライと「あの国」(北◯鮮?)との関連を仄めかします😎。今後は捜査に参加するとのたまう清水に新名は、自分のケ○は自分で拭かせてもらう😤、と豪語しました。清水は、捕まえなくてもいいから、今度は逃さないでね😏、と嫌味を言います。

罪悪感が生んだ悲劇

ロペスを逃したことで焦った隆子は、早速聞き込みに行きました。とそこで、ロペスの病室に来ていた女性を発見したため、思わず質問攻めにしてしまいます💢。相手はマリア・シルバ(エレナ・アレジ・後藤〜母は後藤久美子😲)という外国人でしたが、その後もみ合いのような形で騒ぎになったことから、新名は隆子を任務から外すことにしました。今のお前は自分を見失っている。現に部長の佐久間は、それでなくても風当たりの強いDCUなのに、これ以上問題を起こしたら早川が黙っていない、と憂えます。早川はもう既に隆子を除隊すると息巻いていたそうなのです。

新名は隆子を庇うために、隆子は最初からこの件には関わっていない、と説明しました。が、それを隆子が立ち聞きしてしまいます😔。このままでは新名が隊長から外されかねないと悟った隆子は、なんとしても自分の手でロペスを捕まえようと必死になりました😨。でもその必死さが思わぬ悲劇を生んでしまいます😥。

隆子はどんなに新名から注意されても耳を貸さず、単独行動を続けました。その結果、ロペスの本当の目的は「国外逃亡」だと突き止めます。彼は、警察やDCUの目を「海保爆破」に向けさせた隙に船を奪って領海を越えていくつもりだったのです。しつこくマリアに食い下がり、マリアがロペスの協力者だと突き止めた隆子は、これまた一人で船に乗り、ロペスの後を追いました。ロペスの船はもう少しで排他的経済水域を越えて他国の領海に至ろうとしています😱。

隆子の行動を知った新名は必死で彼女を止めようとしました😡。さすがの隆子も、そのギリギリで一度は思いとどまろうとするのですが、やはり諦めきれず、ついにはタブーを侵してしまいます。その直前には瀬能に「声の退職届」を送り、自分の行動がDCUとは無関係だと主張しました。そして隆子はついにロペスの船に追いつきます。

ところが、隆子がその船に乗り込んだ時、ロペスは既に何者かに殺害されてしまっていました😱。隆子はそこでロペスの持っていた携帯を調べ「驚くべき映像」を目にするとその写真を撮るのですが、その直後に己れも、おそらくは同じ犯人に刺殺されてしまったようです😭。ロペスと隆子のそれぞれのスマホはきっとその犯人が持ち去ったに違いありません😠。

エピローグ

DCUの仲間が隆子の死を悼んでいた時、隆子が最後に自信がないと打ち明けていたリブリーザー試験結果が入ってきました。隆子は女性初の合格者だったそうです。新名は皆でこの合格を祝おうと声をかけました。隆子、よく頑張ったな!

まとめ

いや、今さらそんなことを言うぐらいなら、もっと早く「言葉」で隆子を納得させるべきでしたよ。もっと言うなら、こんな時にキツいことを言うようで心苦しいですけれど、隆子のように責任感が強すぎて暴走気味な人間をDCUで働かせること自体が無理だったようにも思えます💦。何せ兄を同じ仕事で失ったというトラウマがあるわけですし。さらに言わせてもらうなら「女性は冷静になれずに暴走する」という偏見も見え隠れして、実はかなり不快でした😔。隆子は男社会のなかにあるそんな「壁(偏見)」もぶち破りたくて&こちらも暴走気味に見える新名への憧れが強すぎて、このような暴走に拍車がかかってしまったのではないでしょうかねえ😭。

関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.