韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

この恋あたためますか ネタバレと感想 第4話 マコっちゃん、頑張れ!

2020/11/11
恋愛モノその他 0
この恋あたためますか 中村倫也 仲野太賀

【この恋あたためますか】は引き続き、北川の浅羽への恋を応援しているおばさんです樹木はマコっちゃんがお似合いですよね、絶対に

以下早速ネタバレですこの恋あたためますかのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

嫉妬

恋心で

北川が浅羽と抱き合っているのを見た樹木はすっかり落ち込んでしまいました。浅羽はそんな樹木と北川、そして新谷に、新しいプロジェクトを与えます。台風で傷物になった山梨のリンゴを使ったスイーツです。あ~これはすごく良い取り組みですよね

でも樹木は、リーダーとして北川が選ばれたため、それどころではなくなります。しかもいつも親身になってくれる新谷にまで、全部こっちに丸投げで気楽でいいよね、とか嫌味を言いました

いっそ辞めようと逃げ出そうとしたのをその新谷が止めてくれます

やっとやりたいこと見つけたんじゃないの?スイーツが作りたくてここに来たんじゃないの?樹木ちゃんのその気持ちってその程度だったの?そんないい加減だったの?

新谷は樹木に、北川と浅羽は恋人同士で結婚の話も出ていたのに、ちょっとしたすれ違いで別れてしまったのだと教えました。偶然この会社で再会したのは運命だよ。そう思わない?

そう言いながら、新谷は、浅羽に嫉妬している自分が嫌になって落ち込みます仕方ないよね(;^ω^)。そんな新谷を上目黒店の店長=上杉和也(飯塚悟志)が慰めてくれました

人を好きになるってそういうことでしょ?恋愛はきれいなだけじゃない。恨んだり妬んだり、自分が自分でなくなっちゃうもんなんだよ

また樹木はスーに何もかもぶちまけて気持ちを整理したようです

才能に

一方の北川は元々新谷と友達だったそうで、浅羽と付き合ったのも、新谷がふたりを引き合わせたのがきっかけだったそうです。それで北川は、元カノを抱きしめるってどういうつもりかしら、と新谷に尋ねました。

新谷はふたりの復縁を喜びます。浅羽がスイーツに力を入れているのも、北川のためではないかなどと言い出しました

が、実際にリーダーとしてプロジェクトに取り掛かると、樹木の才能がまぶしく感じられてしまいます。北川は「美味しい物」を作ろうとする前に、経費や工場の設備だとかをまず考えてしまって、自分で「天井」(=限界)を作ってしまうのに、樹木にはそれがないのです。

そう言いながらも、決して苛めたりした訳ではありません。ただ樹木の意見を素直に聞けなかったというだけです。私ってダメなやつだよね

北川がそう浅羽にこぼすと、浅羽はダメでよかったな、と答えました。ダメにはまだ先がある=まだまだ伸びるってことだ

再起動

3人が3人とも気持ちを切り替えて仕切り直しです。樹木は朝早く来て調理器具を全部きれいに洗い、新谷に謝りました。

マコっちゃんがそばにいてくれたからシュークリームだってできたし、ここまで頑張って来れた。あんなこと言った自分、昨日に戻って殴ってやりたい

北川にも、無責任なことを言って悪かったと謝罪します

精いっぱい頑張ります。もう絶対絶対絶対、りんごプリン、成功させましょう!樹木、よく言った!

その言葉通り、3人は見事なプリンを成功させて、山梨に届けに行きました。そこで新谷は北川から「浅羽とやり直すことにした」と聞かされます。これって浅羽との合意?それとも北川がそう思っただけなの?そして樹木は浅羽に「北川とはお似合いだ」と伝えました。

東京に戻った4人はご飯を食べに行こうとしますが、樹木だけは口実を作って逃げ出します。それを新谷も追いかけました。家まで送るよ。会社戻るなんて嘘だろ?

バイクでアパートまで送ってくれた新谷は、樹木の唇にキスをします。おやすみ

浅羽の狙い?

神子が今回エクサゾンの澤木から仕入れた情報によると、浅羽はココエブリィ創業者一族の清水香織に取り入って持ち株を売却させ、ココエブリィを売り飛ばすつもりなのだそうです。これまたなんともトートツな話でござりまするが、神子や澤木の妄想とちゃうか?

感想

この手のドラマだと、浅羽みたいな俺様キャラがモテモテで、新谷みたいなイイ子はいつも報われないんだけど、これはそうなってほしくないな~マコっちゃん、頑張れ!。是非マコっちゃんには思いを遂げさせてあげたいです

~どうもそうはならなさそうですし、お仕事系ドラマとしても楽しめなくなってきたので、ここらへんでリタイアさせていただきまする~

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》