韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

閻魔堂沙羅の推理奇譚 ネタバレと感想 第5話 今度こそ問答無用!

2020/11/29
閻魔堂沙羅の推理奇譚 0
閻魔堂沙羅の推理奇譚

木元哉多氏原作、古家和尚氏脚本の【閻魔堂沙羅の推理奇譚】の5話を視聴しました。さすがにこれは「問答無用!閻魔堂沙羅の推理奇譚のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノでござりましたね。以下簡単なネタバレです

池谷修

今回の依頼人は池谷修(R-指定~手島一清@危険なビーナス)というゆすり屋です。沙羅は「銭ゲバ」とこき下ろしていました。

池谷は相棒の阿賀里勉(一ノ瀬ワタル~早稲田大学応援部団員@エール)と組んで、人の弱みを嗅ぎつけては脅して金をゆすり取るという最低最悪の男でした。ふたりは1億円貯めるのを目標にしており、既に9900万貯めたそうです。池谷は裏切りを防ぐために、二重ロックの貸金庫に金を隠していました。出入り口の暗証番号は阿賀里しか知らないし、金庫を開けるパスワードは池谷しか知らないそうです。

そんな池谷におだてられた沙羅は、一応、チャンスを与えることにしました

死因

沙羅は池谷の死因は「病死でもあり事故死でもあり他殺でもある」とヒントを与えます。池谷は、死ぬ前に睡眠薬を酒で飲んだことを思い出しました。

池谷は、他殺なら間違いなく阿賀里だと確信します。阿賀里は一見大人しく優しそうに見えましたが、本性はサイコパスだったそうです。そもそも池谷も阿賀里を殺そうとしていたのだそうです

池谷はその阿賀里に睡眠薬を分けてやったことを思い出しました。阿賀里はそれを酒に混ぜて池谷に飲ませたのです。

そしてその池谷には、悪魔のような女=中岡芽以(川上千尋)が付いていました。中岡は心理学を専攻する大学生で、ボランティアで老人ホームに出入りしていましたが、それもすべては入居者たちから金を巻き上げるためだったのだそう。しかもこの若さで既に5人の命を奪った殺人犯だったのだとか

阿賀里はこの中岡にすっかり籠絡されて、一緒に池谷を殺そうと画策しました。それを知った池谷は心の中では復讐を誓いますが、沙羅には、警察に突き出す、と答えます。

が、そんな嘘は沙羅には通用しません。「自業自得」「因果応報」~人間界では「嘘っぱち」なこの言葉も地獄では真実となる。生き返ったら望みどおりあの2人を殺せるといいですね

エピローグ

池谷は、またしても、ふたりに殺されてしまいました。どうやら沙羅は池谷を生き返らせたのではなく、「生きていたら遭遇したであろう出来事の追体験」をさせたようですね。つまり、池谷は死んだままだったということです

しかもそれはこれからも1万回死に続けなければならないそうです。お気の毒さま。では来世に期待しなさい

感想

え~こんな奴にもチャンスが与えられるのか、と最初はゲンナリしちゃいましたが、最後は天罰が下されて何よりでした。沙羅ちゃん万歳


閻魔堂沙羅の推理奇譚 7冊合本版 (講談社タイガ)

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》