韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

知ってるワイフ 日本版第1話を見た感想 真面目過ぎて苦しかった

2021/01/08
知ってるワイフ 0
知ってるワイフ 大倉忠義

大倉忠義さんと広瀬アリスさん主演のドラマ、【知ってるワイフ】を覗いてみました。これは韓ドラのリメイクで、おばさんもオリジナルはめちゃ気に入って見ていたものです。日本版も、ほぼほぼオリジナルを尊重したストーリーには仕上がっていました。興味があるかたはこちらをどうぞ

知ってるワイフ ネタバレと感想 1&2話 なかなか辛辣で面白い

~《知ってるワイフ》のあらすじと感想、登場人物はこちらからご覧いただけます: 知ってるワイフ あらすじと感想、登場人物一覧 全16話~チソンさんさん主演の【知ってるワイフ】も見ています。タイムスリップ物はあまり見たくないのですけど、これはなかなか辛辣で面白いですね~。あ、ドラマが辛辣なんじゃなくておばさんの見方が辛辣なだけかもしれませんけど。以下あっさりネタバレと感想です。...

以下、日本版の第1話を見た時点でのあらすじ交じりの感想です。1話のネタバレはしていますが、先のネタバレはしておりませんネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ。参考までに、おばさんは大倉さんはわりと好きだけど、広瀬さんはちと苦手な方です

オリジナルとの決定的な違い

本来、オリジナルと比べる気は毛頭なかったのですが、見ちゃうとやっぱり言いたくなります。確かにストーリー自体はかなり似ていたのですが、全体を包む雰囲気がね、期待したのとはだいぶ違っておりました。日本版は、オリジナルに比べると「ふんわりした可笑しみ」がほとんどありませんでした。オリジナルでは、深刻なストーリーを展開していても、どこかでくすくす笑えるような雰囲気(ブラックユーモア)があってそれがまた面白かったのですが、日本版は、ただひたすら気の毒になって、見ているだけで息苦しくなっちまいました

剣崎元春

たとえば、大倉さん演じる主人公の剣崎元春(大倉忠義~南条幸男@モンテクリスト伯)は、あまりできの良くない銀行員という設定なのですが、それは本人の問題ではなく、あくまでも、小さな子供がふたりもいて家庭がごたごたしていたからなのですよ。オリジナルのジュヒョク(チソン)は、そこをかなりコミカルに表現していました

ですから彼を囲む同僚も、その辺は大目に見てやっていて、和気あいあいとした職場だったのを覚えています。でも日本版は、上司の厳しさがとんがって殺伐としており、剣崎がパワハラに遭っているようにしか見えませんでしたよね。この辺は演出の違いでしょうかね

唯一の心の拠り所だったゲーム機も壊れたため、剣崎は毎日少しずつ貯めたへそくりで中古のゲーム機を買うのですが、それも妻の澪に見つかって水浸しにされてしまいます。剣崎の怒りが炸裂しました

お前みたいなのが妻だから、家に帰ってもちっともくつろげない!上司より、部下より、客より、お前の相手していた方が100倍大変だ!こんな家にいたら出世なんかできるはずがない!!全部お前が悪いと言わんばかり

いや~気持ちは分からんでもないけど、そこまで言わんでもねええええひどい亭主だ( `ー´)ノあなた、奥さんの顔、どんだけやつれてるか見てます?澪が可哀想過ぎと言いたくなります

一方の妻・(広瀬アリス~照井七菜@七人の秘書)は、だいたいオリジナルと一緒でしたね。若くして結婚した澪は家事や育児に追われて日に日に不幸になっていく。夫はちっとも協力的じゃないばかりか、仕事でもうだつが上がらないため、澪も働かざるを得ません。しかも澪の母は認知症らしいのです

澪のストレスはすべて剣崎に向けて発散されました当然だ( `ー´)ノ。カニの足を剣崎に投げつけるのも同じでしたね

これは韓ドラも同じでしたが、澪は怒って当然ですわ。あんなダメ亭主(しかも逆切れするなんてサイテー)なら、さっさと別れた方がイイ亭主に魅力が無さすぎる(;´Д`)

まとめ

オリジナルを見た時も、亭主に腹を立てたものですが、ただその亭主が実に情けなくてコミカルだったので、仕方ないなあと思わせる何かがあったのだけれど、今回のこれは、どっちも気の毒で、一緒にいない方がええよ、さっさと別れなさい、と言いたいだけでした

来週は、剣崎が過去にタイムスリップして人生をやり直す、という展開ですが、このままだと「元さや」してほしい感がまったくなかったのが残念です。次回に期待?ですね

~2話目も視聴しましたが印象は変わらず。チソンさんは上手かったんだなあと改めて実感してます。これ以上ガッカリしたくないので、日本版はここで断念しますね

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》