Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご利用いただけますと幸いに存じます💐

一橋桐子の犯罪日記 ネタバレと感想 第3話 結婚か刑務所か

松坂慶子さん主演の土曜ドラマ、【一橋桐子の犯罪日記】の3話は「結婚か刑務所か」です。このドラマを見ていると、その時本人は深刻に悩んだことでも、ちょっと時間や距離を置いてみると、実は笑い飛ばして終われることも多いのではないかなどと思わされます。そして、そうやって生きた方が楽しい人生を送れる気がいたしました🤗。以下あっさりネタバレです一橋桐子の犯罪日記ネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

まずは"くねくね"

桐子は、婚活パーティーにやってきたまではいいけれど、男性との交際経験がほとんどないため、どうしてよいかまったく分からずに頭を抱えていました💦。しかも「騙さなければならない」と気合だけは入っているのでますます緊張してしまいます😂。

そこへ斉藤あらため小池がやってきて「手本」を見せてくれました。何も話さなくていい、ただあちこちチラチラ見ながら体をクネクネさせていれば良いと言うのです。このチラチラは後に雪菜も同じことを教えてくれました。

実際小池がほんの数秒そうしただけで、男性がすぐに寄ってきます。桐子も見習っていると、これまた即座に男性が声をかけてきました。桐子は喜んだものの、すぐに行き詰まります。会話がまったく弾まない〜桐子は正直すぎるのです。趣味はなく、料理もできず、ずっと独り者でして・・・🐒。

小池が見かねてはっぱをかけにやってきました。そんなんじゃ、大金なんて夢のまた夢よ😤!小池は「楽しく話す必要などない」と言い切ります。相手を上手に持ち上げて、頼れるのはあなたしかいないと何度も言えばいい。そしてうまく進んだら金が必要だと伝える。理由はなんでもいいが、「詐欺で捕まるようなやりすぎた真似」はダメだ。でも桐子は「やりすぎないといけない」のです😁。

桐子はもっと具体的に聞きたかったのだけれど、小池は「財産を持っていそうな男性」を逃せないと言って立ち去りました。代わりに三笠に聞けと言い残して😵。

事情聴取

三笠は小池に騙されたと気づいて以来、すっかりしょぼくれていました。桐子は「少しでも気晴らしになれれば」という口実で、小池がどんな手を使ったかを聞き出します👍。三笠は、いかにも残念そうに、すっかり話してくれました。決め台詞は小池が言っていた通り「頼れるのはあなたしかいない🌹」だったそうです。桐子は三笠を慰めながら、自分はうまく捕まっても必ず金は返すと心に誓いました

そして久遠にもまたアドバイスを求めます。結婚詐欺で刑務所に行けますよね?久遠は、呆れながらも、結婚詐欺なら複数の男を手玉に取らないと無理だと助言しました。

また久遠に勧められて、姫野にも「金を騙し取るコツ」を聞きに行きます。姫野はそこで桐子に他人を巻き込むなと言い含めました。姫野は、当時弁護士の勉強をしていた久遠を地面師詐欺に利用しようとしたらしく、そのために久遠が捕まったのだそうです😭。桐子は、巻き込まれて刑務所に入れられた久遠に「刑務所に行くコツ」を聞いた自分を大いに反省しました😨。でも久遠は、弁護士になりたかったのも人の役に立ちたかったからだから、今は桐子の役に立てて嬉しいと言ってくれます💜。

婚活バスツアー

その一方で桐子は婚活バスツアーにも参加しました。(あのバスガイドってエド・はるみさんでしたよね😲)桐子は早速、小池からならった「ぶりっ子さしすせそ」を連発しながら「金持ち」を探しますが、なかなかうまく行きません。そこへ、鴨がネギを背負ってやってきました😈。福森(長谷川初範〜檀野@俺の話は長い)という男性の趣味が、小池が教えてくれた「盆栽」と一致したのです。盆栽とは言っても何千万もするものらしい😵。ふたりはめでたく「カップル」になりました。福森は早速桐子をデートに誘います。デートでもすっかり盛り上がりました。桐子は「詐欺の成功」を確信します

桐子はすっかり嬉しくなって寺田にも協力を求めました。もしこの詐欺がうまくいったら、福森に「一橋桐子は結婚詐欺師だから警察に届けろ」と伝えてほしいと頼んだのです。寺田は、牢屋に入るぐらいならその相手とそのまま結婚すればいいのに、と呆れました。これで桐子は「別の可能性💘」を夢想し始めます。え?結婚?この私が??

桐子は雪菜にも、プロポーズされたらどう返事をすればいいのか、などと尋ねました💦。雪菜は思いもよらぬ展開に言葉が出てきません。桐ちゃん、もしかして・・・え〜?!😱

夢のまた夢

でも福森はプロポーズをしませんでした。なんと福森は小池のフィアンセだったのだそうです😂!?小池も福森が忘れられなかったそうで、今「詐欺まがいのこと」をしているのも、福森と別れてできた心の空白を埋めるためだったとのたまいました。福森も小池のことが忘れられず、今まで独りでいたのだそうです。しかも財産なんてないらしい。小池はそれでも福森とやり直したいと語り、桐子はすっかり蚊帳の外に置かれました😓。

何これ?私は何を見せられてるの?😭

遅刻してやってきた桐子に久遠は、本当に刑務所に行きたいのなら、パチンコ台を全部ぶっ壊すぐらいできんだろ?と批判しました。あんたは甘いんだよ

雪菜の提案

あれほどしょぼくれていた三笠は、また「若い子」に入れ上げてすっかり元気になりました🐵。なのに桐子は、今度のアパートも「取り壊しが決まった」と宣告されて途方に暮れています😱。そこへ父の和也(神尾佑〜秋葉聡一郎@白い濁流)と喧嘩して家を出てきた雪菜がやってきました。雪菜には「サーフィン」がすべてなのに、和也は大学へ行けの一点張りなのです😔。

雪菜は桐子に「私を誘拐して!」と依頼しました😵。でも和也は刑事なのだそうです!?😵 んも〜「刑事ってあの太陽に吠えたりする(刑事)🙄?」の桐子の台詞には大笑いでした🤣。

一橋桐子(76)の犯罪日記 (徳間文庫) [ 原田ひ香 ]
関連記事