Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

【グレイトギフト】ネタバレと感想 第7話 やっと動き出した

反町隆史さん主演の医療サスペンス【グレイトギフト】も、こっそり?文句を言いながらもまだ止められずに見ていました😅。ようやく7話にきて、ストーリーが動き出した感じですよね。いや、遅すぎやん。もっと早くに「国立生命理工学研究所」の名前出しておけばよかったのにね。以下あっさりネタバレですグレイトギフトのネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

オクトセブン

藤巻に「ギフト」の前身「オクトセブン」の創造者(便宜上「犯人」と呼びますね)から電話がかかってきました。犯人は、これ以上ギフトを販売しないよう命じ、やめなければ明鏡医科大に入院中の患者を殺していくと、まず手始めに、自らの「オクトセブン」で一人を殺害します👿。

犯人からの電話を聞いていたのは藤巻と白鳥だけでした。白鳥が「販売を止める理由」を尋ねると、犯人は「ギフトには大きな欠点がある」と答えます。調べればすぐに分かること

ふたりはすぐに殺された患者から液状検体を抽出して調べましたが、詳しいことは分かりません。

白鳥は、オクトセブンのことは他の誰にも話さず、極秘裏に調べるようよう厳命しますが、すでに久留米が立ち聞きしていました。白鳥は、仕方なく久留米も協力させることにし、藤巻とともに「オクトセブン」の培養を命じます。そして今や「共犯」となった神林の力も借りることにしました。神林は、最初に殺された愛宕元総理がカギだと明言します。

愛宕は「国立生命理工学研究所」の設立に尽力していたため、早速そこの元職員を洗い出すことにしました。この時、久留米の少し困ったような顔が、しかも何度もクローズアップされます😁。その時神林は「職歴を偽った人間が他にもいるかもしれない」と語っていました。

まずは(経歴を偽らずにいた)北本秀介(柏原収史〜大久保一蔵@あさが来た)という職員に接触を図りました。北本は「オクトセブン」について明かしてくれます。

国立生命理工学研究所では、研究中に時々突然変異の株が現れるそうで、そのほとんどは危険性のないものばかりだけれど「オクトセブン」だけは非常に危険性の高いレベルBの殺人球菌だったのだそうです。北本がいうには、そのような危険な球菌はすぐに抹消することになっているはずなのだそう。また、国立生命理工学研究所で発生した株は全て「生まれた日付」に命名されていました。だから「オクトセブン」とは「Oct.7」(October 7th)10月7日に誕生した球菌だということです。

ギフトの欠点

一方ではギフトの欠点も明らかになります。ギフトは簡単に培養が可能だけれど、オクトセブンは培養が難しく、ギフトと同じ培養方法ではすぐに死滅してしまうのだそう。

報告を受けた白鳥は、それならギフトの方が優れているのではないかと意見しますが、久留米は、簡単に培養できるということは、誰にでもコピーが可能ということだ、と反論しました。逆にオクトセブンはコピーが容易にできない=唯一の存在という優位性を持つということ。

白鳥は、ギフトにもコピーできないような改良を命じました。そのために、病院職員の独身寮にラボまで用意します。

犯人は久留米?

神林は、国立生命理工学研究所の元所長の稲場堅三郎(川野太郎〜助三郎@ぬけまいる)と会う約束を取り付けてきました。稲場はシラを切ろうとしますが、もう既に10名以上の命が奪われている、と聞いてはさすがに動揺を隠せません😨。犯人に心当たりはないかと尋ねると、少し考えさせてほしいと答えました。その時稲場は既に犯人に気付いていたようなのですが、散歩に出かけたところで、その犯人に注射を打たれて亡くなってしまいます😱。

やはり、君だったか。報いだな。計画を止めなかった私の責任だ😭。

その後、北本から国立生命理工学研究所の名簿が届いたことで、事態は急展開します。そこに久留米の名前が明記してあったからです。また藤巻も、久留米が検体に「Oct7」と書いていたことから、薄々察していたようでした。

白鳥は郡司に命じて久留米にギフトを打つと脅して白状させようとします。藤巻は必死に庇いますが、ついに久留米は「オクトセブンを作ったのは自分だ」と打ち明けました。

女の戦い

藤巻の妻の麻帆は、あれだけあしざまに藤巻を罵って「離婚届」を手に入れたくせに、まだ提出せずに手元に持っていたそうです。しかも浮気相手の郡司の妻の佳澄(西原亜希〜高梨文香@石子と羽男〜そんなコトで訴えます?)から「愛人」呼ばわりされた挙句「郡司を一緒に理事長にしよう」と誘われます。佳澄はとっくに、夫と麻帆、および(白鳥に殺された)鶴下との関係を知っていたそうです👿。わざわざ麻帆のスマホから郡司に電話をかけ、これからは互いに協力することにした、鶴下のことは話していない、と郡司に知らせて(脅して)いました。

また麻帆には「病院内の情報源」から聞いたと言って、藤巻と久留米の交際を伝えます。これに麻帆が嫉妬していたようなのがまた解せませんねえ🤨。自分が先に不倫して夫に離婚を迫っておいて、あの言い草はないわよね👎。もう次の人が見つかったのかしら😤って。

可哀想な藤巻は、自分がギフトのことで捕まるのを覚悟していて、その前に妻や娘とは縁を切っておいた方が迷惑をかけなくて済む、と離婚を急がせようとしたらしいのに😭。

感想まとめ

藤巻が、「犯人」がオクトセブンを使ったのは「終末期の患者」だけだという点に気付いた際、久留米は「だからと言って許されることではない」と怒りを露わにしていました。また、その後「犯人」から電話がかかってきた時も、久留米は藤巻の横にいましたよね?共犯がいるということもあり得るだろうけど、おばさんにはそうは思えません🧐。

久留米の言葉通り「オクトセブン」を作ったのは多分久留米なんだろうけど、それを悪用している「犯人」は別人なのではないでしょうか。久留米はその犯人を突き止めたくて、藤巻に協力していたのではありませんか?

彼女はやむを得ず嘘をついたかもしれないけれど、あのキャラ(無愛想な研究者肌)は変わっていない気がします。どうしても人を殺すような人間には思えません🤔。「人間としての藤巻が好き」という言葉もあながち嘘ではないのでしょう😁。

となると〜怪しいのは、やっぱり本坊もしくは「詮索好きな奈良」だけど、このふたりは、例の「情報源」でもありそうですし、まだちょっと決め手に欠けますよね🤨。やっぱり最後まで見るしかなかとね😅。

関連記事