韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ハケンの品格2 ネタバレと感想 第2話 責任の取り方

2020/06/25
ハケンの品格 0
ハケンの品格 篠原涼子

篠原涼子さん主演の痛快お仕事ドラマ、【ハケンの品格2】の第2話は「蕎麦屋とのコラボ」がテーマです。いったい何が飛び出してくるかと思いきや、若林豪さんとは驚きました

また「責任」の取り方も、派遣に責任は取れないと言う一方で、その派遣に責任転嫁する姿には苦笑仕切りでした派遣には派遣の、正社員には正社員の、部下には部下の、上司には上司の責任の取り方があるはずですよね

以下ネタバレのあらすじですハケンの品格2のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

この度S&F社では老舗の蕎麦屋=「京橋庵」とコラボ商品を開発することになりました。宇野は営業の社員たちに、急いで企画を考えるよう檄を飛ばします

それを聞いた小夏は、自分も蕎麦が大好きだから、是非良い企画を考えたい!とはしゃぎました。思わず、シーズン1の森みゆきを思い出してしまいますね。あの時は「ハケン弁当」でしたね

春子の被り物を思い出しちゃう( *´艸`)

春子はそんな小夏が「天真爛漫」だとけなします。あれは決して褒めてはいません。企画を考えるのは社員の仕事であって派遣の業務ではないからです。

シーズン1でもさんざん言われてましたが、たとえ派遣社員が企画を考え、それが通ったところで、期間限定の派遣社員には最後まで責任が取れないからというのが建前ですが、それは社員が引き継ぎすればいいだけじゃないね。そうじゃなくて、せっかく考えた企画を途中で横取りされちゃうからでしょ

小夏はそれでもこっそりコラボの企画を考えていましたが、彼女のやる気に水を差すようで申し訳ないけど、そもそも小夏の仕事ってなんなんですかね?新人だから、コピー取りやお茶くみ、シュレッダー、などの「お手伝い」程度なのでしょうか。それなら空いてる時間に企画を考えてもいいってことか。加えて新人の彼女にとっては企画をまとめること自体、自分のステップアップにつながると割り切ればよいかもしれませんね

小夏は、どうやら気があるらしい(?)浅野に頼み込んで企画を手伝わせてもらいます。夜も10時過ぎまで残って頑張りました。細かいようで、しかも何度も突っ込んで恐縮ですが、あの残業代は付くんですかね?

小夏はついに「あなたのおソバ」というキャッチとそれに伴う企画を考え出しました。何でも京橋庵では、これまでにも何度か、客のニーズに合わせてタレを変えたことがあるそうで、それならいっそ、毎日でも客の好みのたれを選べるようにしてはどうかと思ったのだとか。

いかにもおっさんに受けそうなこのキャッチは早速宇野の目に留まり、他の「ソババーガー」などとともに京橋庵に持ち込まれることになりました。も~こっちもダジャレですよ。裏に東海林いませんか?ダジャレ大好きだったものね~(;´Д`)

また京橋庵の話題にめずらしく割り込んでモノ申した春子に、浅野がピピンとひらめきます。もしや京橋庵で働いたことがあるのでは?

春子がそうだと答えると、浅野と里中は、春子も商談に連れて行こうと言い出しました。春子は行く先々で「伝説を残しているから、今度もきっと良い影響をもたらすだろうというのです

宇野はすっかりその気になって春子を連れて行きましたが、どうやら春子、京橋庵でも徹底的にできない社員に喝を入れたらしく、その中の一人で今や専務となった磯川(小堺一機~鮫島幸蔵@世界一難しい恋)からずっと睨まれっぱなしだったそうです。すっかり当てが外れましたね

その京橋庵ではソババーガーと小夏の案が採用されました。そこで磯川は、鋭く誤字を指摘します。なんと小夏はS&FではなくS&Tとタイプしてしまったのだそうです。しかも浅野や里中のチェックもすり抜けてしまったようで。これは内容を考えながら打てば&社員ならあり得ない間違いですよね。これは企画書を作る時点では間違いなく小夏の責任ですが、外に出す時点で上司の責任問題です。

宇野は平身低頭謝罪し、社に戻ってからはかんかんでした。春子には、京橋庵の案件には二度とタッチするな!と豪語します。春子は、望むところだとニヤリとしました

また自分のミスが原因だと知った小夏は慌てて名乗り出ます。すみません!私のせいです!!

これでこの企画が小夏のものだと知られてしまい、宇野はさらに激怒した挙句、小夏の企画をボツにしてしまいました

当然だ!派遣の企画など使えるかっ!!

一部始終を聞きながら、カチ~ンカチ~ンと来ている春子です

大体な、派遣は「わが社」とか「うちの会社」とか言ってはならん。どのみち責任を取ることができないんだからな!ここはお前たちの会社じゃないっ!

まったくね~言えば言う程墓穴を掘っているのが分からんかな、このおっさんは宇野が邪魔やわ~(-_-;)

京橋庵での最終プレゼンでは、意外にも(期待通り「あなたのおソバ」のプレゼンはしないのか、と催促されてしまいました。まったく用意をしていなかった浅野と宇野は慌ててコネ入社の新人に目配せし、会社に電話するよう伝えます

電話を受けた里中が声に出して驚いている間、春子は素早く小夏の企画書を校正し、完成版をプリントしましたスーパー派遣の腕の見せ所( `ー´)ノ。このスピーディーな仕事ぶりがまたたまりませんね

ダンディ里中はそれを小夏に持っていくよう命じます。これは君の企画だからね里中がカッコええわ~( *´艸`)

が、これまた渋滞に巻き込まれてタクシーが動かなくなってしまいます

そこで春子の出番です。春子は社内に止めてあった自転車を拝借し、メットまで借りると、ガンガン飛ばして小夏を追いかけました。春子は「ネット出前業者のための自転車安全運転指導員」をしていて、自転車の持ち主はその教え子だったのだそうです。その節は大変お世話になりました!

右折と左折の手信号、久しぶりに見ましたね~。今、あれやってる人います?

企画書を携えた春子が到着すると、京橋会長(若林豪~武石文左衛門@酔いどれ小籐次)が出迎えてくれます

春坊!

春子は京橋庵で働いていた時、大雪の大みそかに見事な出前裁きを披露したことがあるのだそうです

実際のプレゼンも、結局は春子がすることになりました。でも春子はここで大きなしっぺ返しに打って出ます。派遣社員は派遣先の会社を自分の会社と断言してはいけないと言われたからです。それに責任を持てないので言い切ることも控えましたしま・・・やりま・・できま・・(爆

淀みなくスピーチをする春子が言いよどむ理由を素早く察したのは浅野です。浅野は、社員として、そして春子の上司として堂々とその点を補いました浅野が頼もしくなったな~。それでプレゼンは大成功に終わります。

その帰り、磯川が春子を追いかけてきて、春子に厳しくされたおかげで今の自分があると礼を言いました。春子もニッコリ笑ってあなたは素晴らしい、良い会社になったと称えます

宇野は、自分の矛盾などすっかり忘れて上機嫌になり、部下たちを飲みに誘いました。春子はもちろんですが、里中も仕事が残っていると断ります。

そのふたりは偶然、小さな蕎麦屋で出くわしました。その店は、蕎麦が出てきた後で天ぷらを揚げてくれるのだそうです。里中と春子は、それぞれキスと春菊の天ぷらをいただきながら、その美味しさに舌鼓を打ちました。春子は安くて早くできて美味しい店は働く者にとっての大きな味方だ、と微笑みます

ところがその店は翌日、閉店になっていました。驚く里中に、春子は、もはや日本の会社、ひいては社会が沈むのだと前回のラストに語った言葉を繰り返します。その確信は、社員ファーストのやり方にまったく危機感を持っていない宮部社長を見てますます深まったようです

そもそも、今時、会社に対して何の思い入れもなく、スキルも皆無な新人の「コネ入社」を認めている時点で危ないですよね

何事にも徹底している春子を見ているだけでも痛快ですし、今さら、東海林と春子のロマンスは見なくていいけど、もう少し何か、もしくはパンチがあってもいいような気はしますよね~。里中とのそれはないのかしらん

これからどんどこ面白くなると信じて、来週の放送も楽しみにしていますよ~

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.