韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ハコヅメ ネタバレと感想 第4話 素直に感動しました

2021/07/29
ハコヅメ-たたかう!交番女子- 0
ハコヅメ 戸田恵梨香 永野芽郁 ムロツヨシ 山田裕貴

戸田恵梨香さん主演のドラマ、【ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜】の第4話を視聴しました。これは素直に感動しました💝。最近でこそあまり「刑事ドラマ」を見ていませんが(見すぎて飽きた💦)、昔は結構好きでよく見ていたのですよね😁。婦人警官の視点で語られているのがとても新鮮で、かつ彼女たちの真剣さに胸を打たれました😻。あ〜こういう刑事物ならまた見てもいいな🎶。以下早速ネタバレですハコヅメのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

特別捜査本部

通称「特捜」は、あくまでも川合曰く、まるで「強面選抜大会」のようでした。あの源や山田もすっかりへーこらしています🐒。特捜を仕切るのはいわゆる「エリート刑事」ばかりだからで、所轄の若手は雑用と捜査でボロ雑巾のようになるのだそうです。特に怖かったのは班長の米田益男(矢柴俊博〜神主@僕とシッポと神楽坂)でした。米田は刑事を「駒」扱いしているのです。言葉は、いつもは丁寧でもすぐにその本音が出るので、職場が職場なら即「パワハラ」認定されちまいますね👎。

そこでも川合の似顔絵が話題になりました。最初はボロクソに言われていたのですが、実際の安田大二郎の顔写真が出た途端に賞賛の声に変わります😏。おいおいクリソツじゃねえか。この絵、うま過ぎるぞ!😻

通常公務

でも川合と藤は実際の捜査からは外されてしまいました😔。それでも川合は、被害者=清水彩菜のために何かできないか、ずっと考えていたそうです。それが、清水家近辺のパトロールだったようですね👌。藤からも、自分の交番管内の地理はすべて把握しておくよう命じられていました。徒歩で管内を一周してくるよう命じられた川合は、暑い暑いと文句を言いながらも、興味の湧く「かき氷屋」「冷やし中華」を目印にちゃんと任務を果たします👍。「踊る大捜査線」好きのハコ長からは「食べログ」とか言われちゃってましたけどね😁。

汗臭さとおっさん臭

藤と川合は、別の用事に託けて再び特捜にやってきました🎶。廊下まで流れてくるひどい臭いには、鼻で息をしないようにして対処します。喋るとヘリウムガスを吸ったみたいな声になっているのが笑えましたね〜😅。源と山田はともかく、牧高もその中で1週間も泊まり込んでいたそうです😱。北条係長に至っては、藤から「ゴリラ」呼ばわりされていました。

そのゴリラ、否、係長に、源が直談判します。このままではシャワーすら浴びられないから、藤と川合を応援に入れて欲しいと頼んだのです。北条も快諾してくれました。それで藤は源と張り込みへ、川合は山田と防犯カメラをチェックすることにします。仕事が一段落ついて戻ってくると、女子は女子3人で1つのベッドに、男子は「おっさん臭い布団」の中でごろ寝させられました。こんな狭いところで絶対に寝られないと文句を言っていた川合はしっかり眠り💤、同じくぶーたれていた源と山田は、やっぱり、眠れなかったそうです😭。

八つ当たり

どんなに捜査を続けても、安田がクロだという証拠は上がりませんでした。米田は「川合の似顔絵」が悪いと言い出します😈。描いたのは素人の新任だろ!?その米田から無視され続けていた副署長も「アンパンマンから練習し直せ!💢」とブチ切れました😵。

その結果、捜査一係では特捜が収集した情報の整理を命じられました。これにはさすがの北条も意地を見せたくなりますコマにはコマの意地がある( `ー´)ノ。北条は、引き続き安田の捜査を続けるよう命じました。責任は俺が取る!川合はすっかり落ち込みますが、伊賀崎が慰めます。似顔絵はあくまで捜査の参考程度。捜査の邪魔をしたなんて思い上がりだよ😉。

内助の功

伊賀崎はこの後すぐに出かけました。なんと副署長への賄賂=1個300円の大福を箱買いしてきたそうです。伊賀崎は、証言を拒んでいる被害者の彩菜から話が聞けるとしたら、藤と川合しかいない、と力説したのだそうです💜。うまく行ったら本部の方、大絶賛ですよ😉。

一方の川合は、藤が置いていった事件の参考資料を改めて読み返し、被害者たちがどれほど怖かったのかについて改めて思いを馳せていました。夜になると事件を思い出して眠れないでいる彼女たちのために、なんとかしなければ!川合は藤に付き添いを頼み、もう一度彩菜の聞き取りをさせてほしいと副署長に懇願しに行きます。藤は、彩菜は他の捜査員には一言も話さなかったが、川合にだけは反応した、と援護射撃してくれました👍。

それならもう許可した。本部には話を通してある。責任は伊賀崎に取らせる😠。

逮捕へ

川合と藤は彩菜の家を訪れました。川合は彩菜の気持ちに寄り添って声をかけます。こんなに苦しんで部屋から出られないでいるのに、あいつは堂々と出歩いているのは絶対におかしい。私たちが必ず犯人を捕まえるから、もう一度だけ話を聞かせてほしい!

彩菜はついに部屋から出てきてくれました🎉。その結果、やはり安田が犯人の可能性が強まったとの報告を受けた米田は、既に張り込んでいた源=ヒラを差し置いて「エリート」を差し向けようとします😈。それで「プロのヒラ刑事=山田」は北条や牧高とともに米田の視界を邪魔して車の鍵を取り、藤と川合を連れて出動しました😁。安田には「黒いワゴン」を運転する共犯者がいたようです。

そこで藤があることに気づきます。これまでの事件はほとんど学校の下校時間だったのが、今は午後の9時半を過ぎているのです❓。藤がハッと気づきました。かき氷屋の向かいには高校生の進学塾があるのだそうです。安田の狙いはズバリそこでした。一人だけ、迎えがいなかった女子学生がいたので、3人がひそかに彼女を尾行します🎶。

案の定、安田の黒いワゴンが彼女に近づいてきました💀。川合は今行くべきかどうか大いに迷います😨。そこで今度は安田の手に光るナイフを目にしました。それで慌てて駆けつけようとしたところ、藤が一歩早く女子高生を保護します👌。そこへ源も駆けつけてきました。安田は?😐

その安田を川合が必死で追いかけます💨。途中、自分が丸腰だと気づいて恐怖に苛まれるも😱、勇気を出してくれた彩菜のためにも絶対に捕まえなければ!と自分に喝を入れました。それにここで取り逃したら藤さんに絶対叱られる!そう思った矢先、思いっきり転んでしまう川合なのです。やっぱダメじゃん、私!

立て!!川合!!立て、走れ!!諦めるなっ!!

藤が檄を飛ばしました💢。その藤も懸命に後を追ってきていたのです💖。そこへようやく源も合流しました。すると藤が慌てて「源を止めて!😨」と叫びます。源は、安田をトイレに連れ込んで「壁ドン」刑事怒らせんじゃねえぞ!)したのです😁。

思わぬ慰労💚

安田の逮捕を受けて、彩菜が警察に呼ばれました。彩菜は笑顔を浮かべ、久しぶりに外に出られた、と川合のパトロールについても感謝を伝えます🌹。犯人が逮捕されたと聞いてようやく「ちゃんと寝れた」そうです🌸。

「強面博覧会」の刑事たちも彩菜に遠慮をして隠れていてくれました😁。米田は藤と川合が「指示を無視した」と叱りながらも「コマとしてはまあまあの働きだ」と慰労してくれます。副署長は川合に正式に「似顔絵捜査官の研修」を受けるよう命じました。お前の似顔絵が犯人逮捕につながった()。この川合の技術がいずれ大きな事件に関係することになるそうです👻。

エピローグ

久しぶりに帰宅した藤と川合は、藤の発案で互いにマッサージすることにしました。やり方がわからないと言って先にマッサージしてもらった川合は藤に「似顔絵を信じてくれてありがとう💖」と礼を言います。当たり前じゃん、ペアなんだから😉。そう藤が答えているうちに川合は寝落ちしてしまったようです🐒。

そんなすっかり藤を信頼し切っている川合ですが、伊賀崎は藤に「川合にそろそろ話したほうがいい」と促していました。藤と写真に写っていた婦人警官(徳永えり)に一体何があったというのでしょうか?🤔

【新品/あす楽】ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜 (1-17巻 最新刊) 全巻セット
関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.