Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

コタツがない家 最終回 ネタバレと感想 アタイも漫画は買わないワ( ̄▽ ̄)

金子茂樹さん脚本の【コタツがない家】も昨夜が最終回でした。感想は最後に書きますね🤗。以下あっさりネタバレですコタツがない家最終回のネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

クリスマスプレゼント

悠作と万里江の離婚危機も回避された深堀家に「平和なクリスマスが訪れようとしていました。そこで皆はそれぞれに、自分が欲しいプレゼントを公表します。以下、彼らの願いが叶えられたかどうか、でまとめてあります。まずは簡単なところで順基から😁。

順基=ダウンコート

順基は「7万円のダウンコート」を願いました。彼女もできたんだから(=今さらエサは必要ない😅)そんな高い物は要らない、と皆から却下された順基は、本人は否定していましたが「あの人」ならきっと願いを叶えてくれるはず、と見込んで、れいらを連れて清美の家を訪れました😈。

この勘はズバリ的中し、清美は「ほしいものはないか」と尋ねてくれて、早速デパートに買いに行ったそうです。清美本人は倉谷から「ダイヤ入りの指輪」を買ってもらったらしい。

これに加えて、結局は息子に甘い万里江も同じダウンコートを買ってきました。これは悠作が奪おうと画策しています🐒。

達男=その1自分の部屋

達男は自分の部屋があったらいいな、と申し出ました。それは分不相応だと殊勝な顔をしていましたが、父親思いの万里江は心を痛めます😨。すると、なんとなんと、悠作が「解決策」を提示しました😍。いつも悠作が「夜中にゲームをするために占領していた和室」を達男に譲ると申し出たのです👍。その代わり・・・。

悠作=家族からの尊敬

自分は安いテレビを買ってもらうことにしました🤭。それがあれば「仕事部屋」でゲームをすることが可能だからです。やっぱり結構いいやつじゃん!と見直していたら、最後の最後に来て「もっといいとこ」見せてくれました。何せ悠作が本当に欲しかったものは「家族からの尊敬だったのですからね。

万里江=アレ

万里江はほしいものが言い出せずにいたのですが、順基は「悠作の漫画」だと見抜きました。これを聞いた悠作は、ついに!漫画を最後まで描き上げます😍。そのきっかけとなったのが・・・😁。

達男=その2サウナ

職場でのたった一人の親友=熊さんが最近入ってきた新人とばかり付き合っているのが面白くなかった達男は、清美の「指輪」の話を聞いて、ますます落ち込んでしまいました😱。

今年1年、何もいいことがなかった!😭

そこで達男は一念発起し、熊さんと新人が毎日のように通っている「サウナ」を自宅に設置することにします😂。これには悠作と順基が大喜びでした。特に悠作は、これが「漫画の結末」としてイケると確信したようなのです。彼はこの漫画に「コタツのない家」というタイトルをつけていたらしいのですが、コタツはないけど「サウナがある家」なんて、こんなに可笑しい家が他にあるだろうかと、すっかり気に入ったようなのです🤣。

こうして悠作は、クリスマスには間に合わなかったけれど、年末までには漫画を仕上げ、万里江にプレゼントしました🎁。でも悠作のことですから素直に渡したのではなく、部屋に置いといて寝たふりをし、土門から話を聞いた万里江の目に入るようにしていたようです。万里江はすっかり感激し、何度も読み返しては「温かいケンカの絶えない深掘家の素晴らしさ」を味わっていました😭。

万里江は悠作を抱きしめ「尊敬しますと伝えます。でも、世間一般にはまったく受けなかったらしく、この漫画はほとんど売れなかったそうです😂。

まとめ

ドラマはまずまず楽しく拝見いたしましたけれど、もしアノ漫画が出ても、アタイも決して買わないだろうな、というのが正直な感想です🐒。でもサウナは良かった😁。

どうせ見るならドラマがいいよね🤗
「コタツがない家」Blu-ray BOX 〔メーカー特典(内容未定)付き〕
【メーカー特典あり】「コタツがない家」Blu-ray BOX 〔メーカー特典(内容未定)付き〕
関連記事