韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

日本沈没ー希望のひとーネタバレと感想 第4話 避難開始

2021/11/08
日本沈没ー希望のひとー 1
日本沈没 小栗旬 香川照之 仲村トオル

小松左京氏原作の【日本沈没ー希望のひとー】の4話を視聴しました。あ〜ついにその日がやってきてしまいましたね😨。以下ネタバレです日本沈没のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

新聞報道

毎朝新聞は、以前椎名が左遷される前に政治記者として働いていた新聞社でした。正義感が強すぎると言う理由で週刊誌に飛ばされたそうですが、その椎名が持ち込んだスクープですから信憑性があったのですね👍。常盤や里城が情報源を特定しようと躍起になっている時、椎名はさらにネットに「東山総理がその日中に国民に向けた会見を開くことを検討している」との記事を流しました。密かに天海に向けられていた疑いの目は、これで「官邸」に向けられます😎。

長沼はすぐに里城に釈明に行きました😨。総理が書かせたのではありません!!

その総理、官邸は既に椎名を突き止めていました💦。椎名は上司の鍋島から呼び出されて散々文句を言われますが、頑として天海の名前は出しません。それは総理の前でも同様でした。天海は逆に、全ての責任は自分が追うから、依頼したのは俺だと言ってくれていいと、謹慎処分となった天海に謝罪したのですけどね。君は堂々と振る舞えばい。俺は俺なりのやり方で戦ってみる

椎名は東山に、これはリークではなく取材で得た情報で、情報源を守るのは記者としての務めだと断言しました。東山は、これは国家機密だ、と脅しますが、椎名はその「国家機密」は既に里城総理から財閥系の不動産企業に知らされていたと反論します👍。でも東山も、危機対応に協力を約束してもらったからだと負けません。ふん、あれだけ「インサイダー取引だ」って怒っていたのはどこのどなたでございましょうかね👎。

東山はさらに「会見」についてはまったくの虚偽報道だと続けますが、椎名は、東山の立場を慮ったものだとやり返しましたやれやれ〜!( `ー´)ノ。国民の生命に関わる重大情報を隠蔽したとなれば相当な批判が予想されるが、会見で知らせる意向があったとなれば話は別だ。東山は怒って椎名を「一介の記者」呼ばわりします。それが一国の総理に会見を強要するとは何事か🐵!

椎名は冷静に「東山総理なら国民に寄り添った判断をすると、一人の国民として信じている」と締めくくりました🌹。

椎名が退出すると、長沼は懸命に東山を止めようとします💦。里城派を敵に回しては政権が維持できないと主張しました。とそこへ天海がやってきます🎶。会見に備えて原稿を持参したのです😁。天海もまた椎名同様、東山が総理に就任した時に語った「国民に寄り添ったガラス張りの政治」という言葉に感銘を受けたと伝えました。今こそそれを実現する時ではないでしょうか🍀。

記者会見

東山はついに国民に真実を伝えました🎉。ただし、関東地区が沈没する可能性があるということだけで、それが「半年以内に70%の確率で起きる」という田所の見解についてはあくまでも新聞の報道だと肯定しません😈。またCOMSとの関連性もキッパリ否定しました😥。原因は海水圧の上昇だと断言します。

避難準備

でもこれで仮にも「一国の総理」が沈没の可能性を認めたことから、ようやく未来推進会議が表立って動くことになりました。また一般国民も、首都圏を脱出しようと早速移動を始めます。行く当てのない人々は未来推進会議が調整することになりました。天海は既に、2ヶ月以内にすべての避難を終わらせるとの避難スケジュールを作成済みです👍。

でも田所はこれで満足しませんでした。自らテレビに出演し、半年以内に確率70パーセントで関東が沈没すると明言します💢。総理にもそう伝えた😤。そして半年以内というのは半年後ではなく明日にでも起こりうるということだ!😡

東山はこの発言を受け、自分は国民に過剰な不安を与えぬよう、そして田所は対策が遅れぬよう危惧しているだけだ、と誤魔化しました🐵。でもその結果、株価は大暴落します😈。里城はもはや東山の役目は終わった、と言い渡しました。具体的な準備が進む中、天海はこんな里城にも「役割」を与えます。経団連会長と一緒に加盟企業への支援協力を呼びかけてもらったのです。与党の顔である里城先生に率先してお声がけいただくのは、次の選挙を見据える意味でも大切なことではないでしょうか😎。

長沼は、総理の次は里城か、と嫌味たっぷりに天海を批判します。ほとほと感心するよ。

四面楚歌

ところがその後、天海と椎名が繋がっていたことが東山の知るところとなりました😨。東山は激怒し、もう天海を信用することはできない、と断言します。出て行きなさい😡!ここでも東山は天海を「この国の指導者にでもなったつもりか」と皮肉を言っています。常盤も、これまでに何度も天海の関与を確認するたびに否定されてきたので、ついに天海を突き放しました😔。天海が常盤の将来を思って話さなかったことを理解したのは椎名だけです💜。

それでも天海は、たとえ全てを失っても、国民の避難が始まったことで満足しようとしました😭。香織にも離婚届を渡し、娘と彼女が新しい恋人と共に福岡行きのバスに乗るのを見送りに来ます。椎名もまた、母を送りに来ていました。

彼らが出発してしばらくすると、ついに「沈没」が始まります😱。ふたりは必死で逃げ出しますが?

ほか

里城は常盤に、田所のスポンサーのDプランズ社が中核都市の一等地を買い占めていたと伝えました。田所は詐欺師で、天海もその仲間だったに違いないとのたまいますが、これでもう何も言えなくなりましたね😏。

感想

いや、こうやって権威を振りかざすことこそ、自分に自信のない証ですから。恥ずかしいねえ「一国の総理」が😓。コンプレックスの塊ですよね。

またドラマでも、たとえ事実でもそうなんですが、こうした災害は起きないに越したことはないのですよね。でも、起きる可能性を語る人を誹謗する輩を見ると、思わず、今に見ていろ!と思ってしまう卑小な自分がおりまする🐒。

日本沈没 [ 小林桂樹 ]
関連記事

コメントをどうぞ♪ 1

There are no comments yet.
こん

Fさんへ

拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こんにちは〜(^^)/。

そうですね〜。アタイごときが言うことではありませぬが、テレビドラマでは、しかもこの時間帯では、これぐらいが限界なのではないかと勘繰っています。リアル過ぎては誰も見なくなるでしょうからね。自分も、自分がその目に遭わなければ、どんなに想像力を駆使しても所詮は「対岸の火事」でしかありませんでしたからね(苦笑。こん

2021/11/09 (Tue) 07:12
《他にこんな記事も書いています♪》