韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ケイジとケンジ 最終回 ネタバレと感想 是非シリーズ化してほしい

2020/03/13
ケイジとケンジ 0
ケイジとケンジ 桐谷健太 東出昌大 比嘉愛未

桐谷健太さんと東出昌大さん主演のドラマ、【ケイジとケンジ~所轄と地検の24時】の最終回を視聴しました。最後の最後まで人情タップリの実に面白いコメディでしたね。登場人物も皆シッカリキャラ立ちして個性的でしたし、是非シリーズ化していただきたいものです


以下早速ネタバレですケイジとケンジのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


豪太たちが追っていた半グレ集団=ベイシャークス(湾岸のサメ)が、今度は仲間の一人を撲殺しました。それを隠すためにベイシャークスの幹部である証拠=胸のタトゥーが焼き消されています


知らせを受けた豪太たち警察は早速現場に駆け付けました。殺人事件とあって、今回は見城を始めとする捜一も出張ってきます。検察からは当直の真島がやってきました


豪太の冴えはいつも通りでしたが、真島がいつになく頼もしかったのがまた目立ちましたね~。何かにつけて所轄を馬鹿にする捜一を一喝し、事件の解決を第一に物事を進めようとしたのは見事でした


その結果、豪太たちは早速、前回決闘罪で逮捕したベイシャークスの面々をうま~くおだてて被害者の名前を聞きだします。殺されたのはベイシャークスの幹部だったのです。そして殺したのは、前回児童虐待の疑いをかけられた久我山勝也!


そこで真島は、彼らを風紀罪と虐待で取り調べ、奴らが油断した隙に殺人罪を適用しようと考えました。これには樫村も賛成し、真島に担当を任せてくれます


その後はでも力が入り過ぎたのか~みなみが応援するなんて言いましたからね~、何かにつけて豪太とぶつかっていましたが、これまたみなみに叱られてふたりで協力することになります


決め手は豪太の、またしても、教師としての説得でした。ベイシャークスのメンバーに、同じ高校の先輩後輩がいたのを知った豪太は、先輩が後輩を悪の道に引きずり込んだと大いに腹を立てたのです


その「先輩」も本音ではまともになりたかったそうですが、メンバーの中には面倒見が良い男もいて、その男=八尾を慕っていたらしいのですが、その八尾が今回殺されたのだそうです


こうした会話から豪太は決定的な証拠を見つけ出します。殺害現場に立ち会っていた男が、2台目の携帯で、殺害の様子を撮影していたことが判明したのです。2台持ちか!


加えて田口も、逃亡中のメンバーを発見しました。豪太は待ってましたとばかりに「リバーシブルを着て追いかけます


横浜を騒がせていた半グレ集団を捕まえたとことから、桜木警察署は警察庁長官賞を受賞しました。大貫は、我々だけではこの快挙は成しえなかったと、検察や捜一に感謝します


捜査の進展に大きく貢献した桜川橋交番の田口健介巡査部長にも拍手を!田口さんは大活躍でした(^^)/


いや~これがまた良かったですね~


こんな喜ばしいことは滅多にあるものではないと、樫村も25年来の誓いを破ってビールを飲み干しました。何でも25年前にもこうして事件解決を喜びすぎて酔っ払い、ポン引きにあってぼったくられたことをきっかけに禁酒したのだそうですよ


一方で豪太は、目黒を捜一に異動させてやってほしいと言い出しました。そうじゃないとひかると結婚できないからというのです


当のひかるの意見はお構いなしで、見城は目黒の異動を請け負いました。いや~ひかるにその気は「ゼロ」だと思うんですが


横浜の治安を守ったことに感動した豪太は、夜の横浜を見ながら叫びます。


横浜、マイソウルタウン!!横浜は心のふるさとや!(^^)/


いやいや、こてこての大阪人ですって


関係ない!!


またいつか是非豪太と真島のコンビで見せていただきたいです



テレビ朝日系木曜ドラマ ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 オリジナル・サウンドトラック [ ワンミュージック ]


←前回のレビュー  次回のレビュー→(


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》