麒麟がくる あらすじと感想 第1話 光秀、西へ

長谷川博己さん主演の大河ドラマ、【麒麟がくる】を覗いてみました。またずいぶんとオーソドックスに来ましたね


公式ホームページもどっしりした印象で、題字もゴシック体といかにも古めかしい印象を受けた一方で、実際のドラマはかなりきらびやかでしたね。男性陣は皆おじさん揃いでしたが、女性は若手が目立って、いかにもキラキラ時代劇の印象を受けました


個人的に、明智光秀の人となりとその生涯には大変興味がありますから、まぶしさには手をかざして、しばらくは静観していきたいと存じまする


以下ネタバレのあらすじです麒麟がくるのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


美濃の明智家の長男、光秀(長谷川博己~谷口巧@デート)は父を早くに亡くし、母の(石川さゆり)と二人暮らしでした。牧からは、明智家は守護・土岐氏、つまりは源氏の血を引いているのだから、その誇りを忘れるなと常々言い聞かされています


一方、明智城城主の叔父、光安(西村まさ彦~牧本求@俺の話は長い)からは、目立つことをするなと戒められていました。どうやら光秀は好奇心旺盛な若者のようですね。


野盗が「鉄砲」なる新しい武器を持っていたと知った光秀は、早速、守護代の斎藤道三(本木雅弘~秋山真之@坂の上の雲)の元を訪れます。この時はまだ道三ではなく利政ですが、便宜上道三で通させていただきますね。


光秀は、狭い領土の中に閉じこもっていては世間を知ることができないと主張し、旅に出る許可をもらおうとします。


道三は、さすがに商人だっただけのことはあり、光秀が旅に出ても自分には得することがないと却下しました。それで光秀は、必ずや鉄砲を手に入れてくると約束します。その上、今病で臥せっていた道三の妻のために、京から名医を連れてくると豪語しました


道三の許可を得て旅に出た光秀は、あちこちで追いはぎに遭いながら、なんとか堺に到着しました。そこで「将軍奉公衆」と呼ばれる三淵藤英(谷原章介~山本志丈@令和元年版怪談牡丹燈籠)に遭遇します。藤英も鉄砲を求めに来ていたようですね。


そんな奉公衆の目を憚るようにしてこっそり現れたのは、松永久秀(吉田鋼太郎~脇坂博道@グッドワイフ)です。こちらも弾正の方が呼び慣れているのでだ弾正で統一させていただきますね。


弾正は光秀を気に入り、飲みに行こうと誘います。飲んでいる間、ちらちらと光秀の懐の金を見ていたため、まさか盗みはしないだろうと思っていたところ、翌朝にその金はキレイさっぱり消えていました。が、その代わりに弾正は、鉄砲を手に入れてくれたようです


光秀はついに鉄砲が手に入ったっと大喜びでこれを背負い、急ぎ、京へと向かいました。名医を探すためです。


相次ぐ戦で荒れ果てた京で耳に挟んだのは、望月東庵(堺正章)という医者でした。東庵はでも、大名を診るのは止めたと言って耳を貸してくれません。東庵の弟子で戦災孤児の(門脇麦~岡島百合@ブラックプレジデント)は、金のために引き受けろと言いたげでしたが、東庵は頑なです


光秀は、それも東庵の誇りなのだろうと理解しました。武士には武士の誇りがあるように医者や町人にも誇りがあって然るべき


そんな折、そこら一帯が大火事に見舞われました。東庵の患者でもある幼い女の子が家に取り残されたと聞いた光秀は、水をかぶって助けに行きます


命がけで幼子を救ってくれた光秀の勇気に感動した東庵は、光秀について美濃に行くことにしました。もちろん駒も一緒です。


その駒は光秀に「麒麟」について語り聞かせています。麒麟とは争いのない国にやってくる動物なのだそうで、駒は、駒を救ってくれた「大きな手」の人物からこの話を聞かされたそうです。


その頃美濃には尾張の織田信秀(高橋克典~入間公平@モンテ・クリスト伯)が攻め込もうとしていました。嫁に行った帰蝶(川口春奈~菱沼羽津希@教場)も心配して戻ってきます。


果たして道三はこれをどう迎え撃つのでしょうか?まずは蝮の道三に注目です( *´艸`)


麒麟がくる」は来週の放送も楽しみですね


次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません