韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

麒麟がくる あらすじと感想 第3話 美濃の国

2020/02/03
麒麟がくる 0
麒麟がくる 長谷川博己 本木雅弘

長谷川博己さん主演の大河ドラマ、【麒麟がくる】の3話は「美濃の国」です。ここの帰蝶は可愛いですね~。何度も繰り返して恐縮ですが、おばさんの持っている濃姫のイメージとは180度違うのですが、もうすっかり気に入っちゃいました


以下ネタバレのあらすじです麒麟がくるのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


まずはその帰蝶ですが、夫が裏切り者だとは頭では分かっていても、父が夫を殺したことには、精神的にかなり参っていたようです

帰蝶は幼い頃、明智の家で過ごしたことがあるようで、光秀や牧に憩いを求めて馬を飛ばしてやってきました

いかにもお転婆らしく、途中で木に登ってリスを捕まえたそうですが、その時に小枝で足を汚してしまったそうです

途中で帰蝶に出くわした光秀は、慌てて帰蝶を家に連れ帰り、駒に手当てをしてもらいました。そこで帰蝶は、光秀はかつて50回以上も「すごろく」で帰蝶に負けたと暴露して、駒と大笑いします。つまり、彼は昔からそうした「博打≒神頼み」には弱いということですね

帰蝶は、また、幼い頃、牧にがしてくれた昔話を語りだします。すると駒も、その話は聞いたことがあると歌い出しました。その話と歌を教えてくれたのが、例の「手の大きなお侍」だったそうです。つまりその武士は美濃の出身だったということですが、もしかすると光秀の父なのかもしれませんね

また駒は、薬草が足りないところを、三河出身の農民、菊丸(岡村隆史)に救われたようです。以前光秀に救われたことを恩義に感じた菊丸が、味噌や薬草を持って礼をしに来たことがきっかけです

一方で道三は、頼純は責任を感じて自殺したのだろうとうそぶき、再び頼芸を守護に据えることにしました。頼芸は、毒殺されてはかなわんと辞退しようとしますが、道三は、操り人形を殺したりはしないとのたまいます

が、頼芸は、むしろ息子の頼純よりずっと手ごわそうな相手でした。見た目は確かに頼りなさそうですが、裏では信秀に、道三を倒すよう文を送っています

この頼芸は、妾だった深芳野(みよしの、南果歩~倉田珪子@ようこそ、わが家へ)を道三に与えたことから、その深芳野が産んだ高政あらため義龍が自分の息子であるかのように思い込んでいたようですね。真相は定かではありませんが、頼芸がいかにも親し気に近づいてきたことで、義龍はあらぬ疑いを抱いたようです。

~利政(道三)という名がピンとこないように、高政もシックリこないので今後は「義龍」で統一させていただきますね

これから深まっていくこの斎藤親子の確執は、こうした出生が関わっているのかもしれませんね

義龍は幼馴染の光秀を呼び出し、己の決意を打ち明けます。そう遠くない時期に、父上に代わってこの国を支えたい

その折には光秀に力になってほしいという義龍に、光秀は麒麟がくる国を作るにはどうしたらよいか、と考えていたようですね

そこへ、今度は今川義元(片岡愛之助~加地谷圭介@まんぷく)が三河に侵攻したとの知らせが入ります。信秀は早速兵を出して応戦しました。

これが「小豆坂の戦い」でござるね。となると、そろそろ松平家(徳川家)も絡んできますね~

麒麟がくる」は少しずつカードが出そろってきて面白くなってきそうです。来週の放送も楽しみですね


これを読んでみるのも面白そう

←前回のレビュー  次回のレビュー→

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》