麒麟がくる あらすじと感想 第4話 尾張潜入指令

長谷川博己さん主演の大河ドラマ、【麒麟がくる】の4話は「尾張潜入指令」です。これも楽しかったですね~。以下早速ネタバレです麒麟がくるのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


道三の正室、小見の方(片岡京子)の治療をほぼ終えた東庵はそろそろ京に戻ることにしました


一方の道三は小豆坂の戦で織田信秀が重傷を負ったらしいこと、その信秀と東庵が懇意にしていたらしいことを聞きつけています


道三は東庵に、本当は京ではなく安土に行くつもりなのだろうとカマをかけました。何でも東庵は信秀に双六で借金をしていたそうなのです


東庵は、道三からもらった礼金を信秀に払いに行くつもりだと白状しました。そこで道三は信秀の様子を探るよう命じます。


すると東庵は、その要求を聞く代わりに、信秀への借金を礼金に上乗せしてほしいと頼みました。道三は承諾しますが、光秀には駒を人質にするよう命じます


東庵は安土へ行き、信秀が瀕死の重傷を負っていた事実を突き止めました。見た目は治っているように見えた流れ矢の傷が、内部では膿が骨まで達していたようです。信秀自身は、自分の容態が分かっていないようでしたね


東庵は何食わぬ顔をして、信秀と双六を始めました。信秀もまた道三が東庵を間者に仕立てたことに気づいています


何を探るよう言われたのかと聞かれた東庵は、素直にそのまま、信秀の様子を探るよう言われたと白状しました。


そこへ、東庵から情報を入手するために後を追ってきた光秀と菊丸が到着します。ふたりは薬草採りの格好をしていました


東庵は、珍しい薬草を持っていたので呼び寄せたのだとすぐに会いに行こうとしますが、信秀がなかなか放してくれません。


そこに、織田家に人質に出されていた竹千代(岩田琉聖)が現れました。幼い竹千代は母に会いたくて逃げ出そうとしていましたが、光秀が「我慢」を教えます。ほぉ~家康が忍耐強くなったのは光秀のおかげだったのでしょうか


三河出身の菊丸は、竹千代をたいそう不憫に思っていたようですね


ようやく東庵が出てきました。東庵は光秀にゴボウのような根を曲げて見せ、もう使い物にならない、と伝えます


それですべてを悟った光秀は早速帰路につきました。が、信秀もふたりが怪しいと踏んだらしく、すぐに追手を差し向けてきます


途中山の中で光秀は、何者か(複数)が投げてくれた石つぶてに助けられました。彼らは何者だったのでしょうか?


光秀の報告を受けた道三は大いに意気が挙がります


駒はこれでお役御免となりますが、まだ光秀の側にいたいようで、美濃に残ることにしたようです


また道三は、常在寺の住職・日運から、将軍家が「鉄砲」を大量に仕入れようとしていると聞かされました。その仲介をしていたのが「本能寺」なのだそう


後日の「本能寺の変」で有名なこの本能寺は、古くから種子島でも布教活動をしていたそうで、その縁から本能寺を通すと鉄砲を入手しやすかったようですね


でも当時の光秀はそれを知らず、鉄砲を種子島で作っているのか、と不思議がっていました。ということは、鉄砲が南蛮由来だということもまだ知らなかったのでしょうか


ちなみにこの常在寺は、後に道三が「道三」として剃髪入道するお寺で、斎藤家とは以前からゆかりの深いお寺だそうです


光秀は将軍家が鉄砲を大量に必要としている理由を探るよう命じられました


その光秀が鉄砲の練習をしているのを側で見守っていた家臣は、藤田伝呉(徳重聡~軽部真樹男@下町ロケット)というそうです。豪放磊落な性格のようですから、今後の(悩み多き)光秀にとっては頼もしい味方になってくれることでしょう


麒麟がくる」は続きもとっても楽しみですね



NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 麒麟がくる 明智光秀とその時代 (NHKシリーズ) [ NHK出版 ]
これを読んでみるのも面白そう


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 2件

コメントはまだありません
おにぎり  

道三と信秀の探り合いもありましたが、マチャアキ東庵も食えない感じでさすがですね。双六の場面で信秀がかじってた瓜のようなものが美味しそうで気になってしまいました。

  • 2020/02/22 (Sat) 22:45
  • 返信
こん
おにぎりさんへ  
いい味出してますね♪

おにぎりさん、こんにちは♪

「マチャアキ東庵」(笑)、いいですよね~いい味出してます。
あの羽織も何気に派手で笑っちゃいますね。

結局信秀の疑いもサラリと交わしたんですかね~そこも見たかったな。

次の登場も楽しみですね(^^)/。こん