麒麟がくる あらすじと感想 第9話 菊丸は服部半蔵か?

長谷川博己さん主演の大河ドラマ、【麒麟がくる】の9話は「信長の失敗」です。やはり信長イイですね~。すっかり気に入っちゃいました。以下早速ネタバレです麒麟がくるのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


でもまずは菊丸です。なんと菊丸はただの農民ではなく松平(徳川)家の間者でした。今回広忠が山中で殺されたことを知り、急いで竹千代の伯父、水野信元(横田栄司~尾藤道休@真田丸)に知らせに来ます


我らは竹千代様の影となり、命に代えてもお守りいたします


いや~それであの時も竹千代の顔を知っていたのですね~。いや、一介の農民が「若様」のことを心配するのはちと不自然な気がしたんですよね。まさか服部半蔵ってことはないんでしょうね


一方で、その広忠を襲ったのは信長でした。信長は父への手土産に、広忠の首を取ってきたのです


が、待ちぼうけを食らっていた帰蝶には、ただ領民の世話をしていて遅れたとだけ語りました。実際にはその領民たちとともに広忠を襲ったものと思われまするが、そんな気配は微塵も見せません。加えて帰蝶を待たせた詫びも忘れません


帰蝶はそんな信長が気に入ります。お腹が減ったというと、タコの干物を分けてくれました。これが尾張の海の味じゃ


ふたりは早速信秀に挨拶に出かけます。信秀は妻の土田御前(檀れい~待賢門院@平清盛)とともにふたりを笑顔で迎えますが、信長の「土産」を見て顔色を変えます。そこには広忠の首が入っていたからです。


信秀は帰蝶と土田御前を追い出し、信長を厳しく叱りました。なんてことをしてくれた!今川義元が黙っていないではないか!!


が、信長は、そのために美濃と手を結んだのではないかと反論しました。むしろ今がチャンスだという信長を信秀は「うつけ」と呼んで張り倒します


気落ちした信長は城に戻り、憂さ晴らしに鉄砲を撃ちました。それを見ていた帰蝶にも声を掛け、鉄砲の撃ち方を教えます


生まれて初めて鉄砲を撃った帰蝶は大喜びで、光秀について語りだしました。もっと早く習えばよかった


新しいことが大好きで、夢中になると他のことが目に入らないという光秀には、信長も(少しばかりの嫉妬と)興味を抱いたようです


一方で、信秀の城に人質として留まっていた竹千代は信長を慕っていたようですね。母親には覚えめでたい弟の信勝(木村了~木島光一@同期のサクラ)は凡庸な人物らしく、竹千代は気を遣って、将棋でわざと負けていたそうです


また光秀は、将来の妻=煕子(木村文乃~今宮夏蓮@サギデカ)に再会しました。ふたりは幼い頃に会ったことがあるようで、煕子はそれ以来ずっと光秀を慕っていたようですね


それが今回また会うようになったのは、光安と牧の陰謀らしい~光秀と煕子を娶せようとしていたようです


さて来週は光秀が信長に遭遇(再会)するようです。「麒麟がくる」は来週の放送も楽しみですね



NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 麒麟がくる 明智光秀とその時代 (NHKシリーズ) [ NHK出版 ]
これを読んでみるのも面白そう


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こんにちは~♪

信長と帰蝶イイですね~( *´艸`)。
それに菊丸も(^_-)-☆。

唯一主人公が物足りないんですがvv
そのうちもちっとキャラ立ちしてくれるものと信じて見守りたいですm(__)m。こん