高校入試~第3話 前回は確かに「25年度」でした

高校入試のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 湊かなえ氏原作ドラマ あらすじと感想一覧


高校入試~登場人物リストを作ってみました(^^♪


長澤まさみ主演の土曜ドラマ高校入試は実に面白いです~。今季の日本のドラマでは、おばさん的には一押しでやんす高校入試が面白いよ~(^O^)/


早速今日もこの3話で分かったことを並べておきます。登場人物に関する事は「登場人物リストのほうに追記しておきます


まず今回もっともおばさんが注目したのはこれ~記事の副題にもした「年度」です。前回、荻野入試部長が、ご丁寧に手書きしていた黒板に貼る注意書きには、確かに

「平成二十五年度」

と書いてあったと記憶しています。


それが今回、試験会場2であるB組の注意書きには「二十四年度」と書いてありました。いったいな~ぜ~


おそらくは、来週の予告で小西が言及したのもこの事じゃないかと思うんですよね~これ、おかしくないか?って。他の会場はちゃんと「25年度」になっていたのに、なぜB組だけが「24年度」なのか?って。ここは水野がわざわざ赤ペンで直していましたから目に付いたはず


まあこれはあくまでもおばさんの妄想なんですが~違ってたら申し訳ござらぬ


また今回の掲示板も大分にぎわっていましたね~しかも、試験問題の実況中継ですヨ要するに甘いんだな~まだまだ。あれ?これって確か某大学でも以前ありましたね~試験問題をyahoo知恵袋で質問するっていう話が。


最初の国語では、漢字の問題がそのまま~溢れる、暫く、など~が掲示板に流され、数学では「のっけから証明問題が来た!」と、そして社会にはあの「応仁の乱」が出題されていました。これはもう、事前に問題が流出していたということに他なりません。となるとやはり怪しいのは教師か?


試験中はすべての携帯電話が回収され、それらは「ケータイ袋」に入れられて本部にあるハズなのに、いったい誰がこんな情報を流しているというのか?


B組では、どうしてもケータイを手放せないらしい風情(お守り?)の芝田麻美が、携帯は所持していないと嘘をつき、ポケットにこれを忍ばせていました。来週はこれが試験中に鳴り出してしまい、麻美は哀れ、不合格となってしまうようです。しかもこのケータイを鳴らしたのは、坂本のケータイをB組の黒板の上に隠したのと同じ犯人なのでは?と、小西は推理していたようです。


ちなみに、この「ケータイ回収」は昨年度にこれと同じような事があったことから、導入されたシステムだそうです。あの何かと噂のB組石川衣里奈が受験する際、廊下に出してあったケータイが鳴り出したことを、不合格だった生徒の親に責任追及されたのだそうです。ケータイが鳴って集中できなかったのは他の生徒も同じ事、ということで学校側は突っぱねたそうですけれど、この不合格になった生徒は、今年も受験しに来ているのでしょうか?


ここでは、常に怪しげで自信たっぷりな生徒=田辺淳一の兄で数学が得意だという光一が、その不合格になった生徒かとも思いましたけど、このふたりは年が大分離れているようでしたものね


また、この携帯の話に戻りますと、掲示板にはこのようなメッセージが流されていたのも気になりまする。


「うちらは休み時間ならケータイ使える


何が真実で何が「ガセ」なのか分からないけれど、とりあえず、掲示板でのやりとりは、今のところほぼ真実のようなので気になるところです。若者に媚びたい相田あたりなら確かに許可を出しそうでやんすけどね


そして、最初は「保護者担当」だった滝本みどりが、同窓会会長の父兄=沢村に因縁をつけられて、同じ受験生の父兄となる松島と担当を変わったことから、掲示板にたどり着くというところもなかなか上手に作ってありましたよね


インディゴリゾートのゴールドカードを紛失したみどりは、試験の事よりどうしたらこの問題を解決できるかの方が気になって、ネットでその解決方法を探そうとしているのですが、社会科の問題で「応仁の乱」の年号を覚えていた事がよほど嬉しかったらしく(笑)、検索のキーワードに

「インディゴリゾート、応仁の乱」


と入力してしまうのです。で~双方に該当する「掲示板」がヒットしたここは感心しちゃいました~おお、うまい!


これで教師達は蜂の巣を突いたような大騒ぎになってしまいます昼食どころじゃない!。せっかくのお楽しみだったニコニコ食道のトンカツ弁当もどこへやら~これは昼食抜きで、問題究明に当らなければならなくなりそうでござりまするね


また、松島が担当している父兄の待合室ですが、これはも~文句なく可笑しかった。どうやら話題のドラマ~「夜花」を待機時間中にみんなで見ちゃおうって言うんですからね~。以前来た時、部屋にDVDプレイヤーがあったので、今年はDVDをかけてもらおうとする、その神経が分からん。私が側についていてやりたい~とか言っていたくせに、いざドラマが始まったら、子どもの受験などそっちのけ~で見入って泣いちゃうんですもの。あれでは議員の妻(芝田昌子)も同窓会長も形無しでやんす


さてと、あと気になったのは、杏子の携帯が所定の場所?に見当たらなかった事と、淳一がしつこく「桜の花がいつ咲くか」を聞いてきたこと、優秀だとばかり思った松島の息子の良隆が、確かに数学は出来ていたらしいのに、淳一や沢村翔太にさんざん馬鹿にされていた事ぐらいでしょうか。ああそれと「美女3人」の監督ってどの試験会場かしら「自演」?と言うからには、この情報を流したのは教師(坂本!?)だということなのでしょうか?


も~比較的短い時間でタップリ情報が流されるので、よそ見もできやしません高校入試は来週の続きを見るのが今からとっても待ち遠しいです高校入試~来週もゼッタイ見逃せない!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません