Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご利用いただけますと幸いに存じます💐

霊媒探偵・城塚翡翠 ネタバレと感想 第3話 スカーフ

清原果耶さん主演のミステリードラマ、【霊媒探偵・城塚翡翠】も毎週楽しく見ています。先週はちとバタバタしていたので内容が頭に残らなかったのだけれど🙏、今週はシッカリ把握しました。でも「犯人」が出てきた途端に(顔見て)分かっちゃったのだけは残念でしたけどね💦。あの子は今売り出し中なのね〜きっと🤗。以下あっさりネタバレです霊媒探偵のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

女子高生連続絞殺事件

翡翠はアシスタントの千和崎真(小芝風花)を連れて香月のサイン会に出かけました。そこで話をしていると、女子高生がやってきます。なんと彼女たちの学校で「連続殺人事件」が起きているので香月に解決してほしいというのです!?😨

彼女の名前は藤間菜月(當真あみ〜三咲麻有@オールドルーキー)、豊実高校の2年生です。菜月の言う通り、豊実高校ではこれまでに2人の女子高生が殺害されていました。香月の問い合わせに早速警察が動いてくれます。今回鐘場は女性刺創連続殺人事件で手一杯で動けないらしく(🤔)、天野の先輩に当たる蛯名海斗(須賀健太〜加藤清正@新・信長公記)を送ってきました。海老名曰く、この事件はどちらも絞殺なので「透明な悪魔」の犯行ではなさそうです。

最初の事件が起きたのは2月。被害者の武中遥香(門馬史織)は公園で、何か布状のもので絞殺された遺体で発見されました。香月と共に現場に向かった翡翠はその場に横たわって気配を感じ取ろうとしますが、時間が経ち過ぎているせいか、何も感じ取れません。そこで翡翠は香月にその殺人を「再現」してみようと言い出しました😁。翡翠は香月とベンチに座り、犯人は凶器にマフラーを使ったのではないか、だとすると、相手は被害者の好きな男性だったのではないか、と推理します。いや、別にベンチに座っていたとは限らないけど、ここはふたりのツーショット💕のためにそうなるわけよね😏。

でも次の犯行は6月だったそうで、マフラーの季節ではなかったそうです。いやいやそれもマフラーじゃなくてもええんじゃない😂?殺されたのは北野由里(木村桃花)という2年生で、現場は廃工場でした。

この二つの殺人に共通しているのは被害者は「やわらかい布状のもので絞殺」されたこと、被害者の爪が切ってあったこと、着衣の乱れはあったが性的暴行の形跡はなかったこと。

香月はこれがシリアルキラーの仕業なら、記念品を持ち帰っているに違いないと推理します。そうこうしているうちに、翡翠に被害者の霊が降りてきました。先輩、どうしてこんなことを?!😨

しかも翡翠は犯人の顔は見えなかったけれど、同じ高校の制服を着ていることは確認したそうです。「先輩」と言う言葉から、犯人は3年生の女子に違いありません。それで、第1の被害者、武中が写真部だったことから、まずは写真部の3年生に的が絞られました。真っ先に浮上したのは部長の蓮見綾子(井頭愛海)です。

一方で翡翠は、最初に会った菜月とすっかり親しくなりました💜。が、そこで今度はその菜月が殺されてしまいます😵。翡翠は大いに嘆きましたが、それだけに菜月を殺した犯人を必ず見つけると心に固く誓いました。最初に浮かんだ容疑者の蓮見はでも、この菜月が殺されたことで除外されます。菜月が持っていたトイカメラからはフィルムが抜き取られていたのに、蓮見はフィルムを見たことすらなかったのだそうです。カメラからフィルムを抜き取るのにはなかなかコツがいるらしい。

また北野はいわゆる帰宅部でしたが、図書委員長の藁科琴音(長澤樹〜榎本雪菜@一橋桐子の犯罪日記)とはかなり親しかったそうです。そして蓮見もまた同じ図書委員でした😎。

被害者3人の共通点を探していた翡翠は、菜月と武中が同じ写真屋で現像していたことを思い出します。早速その写真屋を調べに行くと、そこは藁科琴音の家でした。そう、犯人はこの藁科だったのです😈。

守護霊のお姉さん

蛯名は早速彼女に尾行をつけましたが、藁科はこれをまいて逃走しました。しかも、やはり写真部の吉原さくら(並木彩華)と連れ立って歩いていたとの目撃情報が入ります。翡翠は思わず菜月を呼びました😲。菜月ちゃん、教えて!香月は翡翠の体を心配しますが、翡翠はまた友達を見殺しにするしかないのか😢!と嘆きました。

とそこへ菜月が本当に降りてきます👻。菜月は、犯人は最初に武中の遺体が発見された公園にいると教えてくれました。今は吉原の姉👻がなんとかしてあげてるみたいだ、と伝えます。その吉原とは、最初に翡翠が「誰か本人と似た顔の女性の霊を連れている」と霊視した生徒でした。それが吉原の姉であり、姉は妹を救うため、藁科と吉原のすぐそばで電話をしていた女性の通話を長引かせることで、藁科の犯行を阻止していたのだそうです😍。

そのおかげで、香月が駆けつけた時、藁科は吉原をスカーフで絞め殺そうとしていましたが、なんとか間に合いました🎉。この藁科はまさに「サイコパス」で、人間を殺したらどんな顔になるのか、可愛い子でもすごい顔になるのか、が見たくて、殺害を繰り返したのだそうです😱。そしてその写真を「戦利品」として持ち帰っていたのだそう。

藁科は、本当は翡翠も殺してみたかった💀、と語りました。香月はその物言いに腹を立て、さっさと翡翠を連れ帰ります😤。

もしかして?

また女性刺創連続殺人事件にも進展がありました。被害者から次亜塩素酸ナトリウム(漂白剤)が検出されたのだそうです。雨野から、犯人は遺体を漂白した可能性があるとの報告を受けた鐘場は、このことはまだ誰にも言うなと口止めしていました🤔。

それってもしかしてこの鐘場が犯人ってことがあったりするん??いや〜ミスリードな気もするけど、もしホントにそうだとしたら、それは久々に「似合いすぎ😈」やろ😁。

medium 霊媒探偵城塚翡翠 (講談社文庫)
関連記事