Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

オクトー~感情捜査官心野朱梨~ネタバレと感想 第3話 やっぱり平安が気になる

飯豊まりえさんと浅香航大さん主演のサスペンスドラマ、【オクトー~感情捜査官心野朱梨~】は、こう言ってはなんですが、事件そのものは特に目立って面白いわけじゃないんですよね🙏。ただ、飯豊さんと浅香さんの迫力ある演技が、それを補ってあまりあるんですわ🤗。それに加えて平安の思惑が気になってなりません😎。以下あっさりネタバレですオクトーのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

あおり運転

今回の犯人は「あおり運転」の容疑者=鳥飼(若林時英〜ヒデ@ファイトソング)です。鳥飼からは「嫌悪」となぜか「信頼が見て取れました。しかもその「信頼」の色は、聴取が進むに連れて濃くなっていったそうです。鳥飼は、容疑を全面的に否定していましたが、朱梨は、本心では事件を調べてほしいと思っているのではないかと推理しました👍。そうでなければ「信頼」の色が出るはずが、しかも濃くなるはずがないからです。

それで朱梨と風早は、入院中の被害者に会いに行きました。彼は重傷を負っていて、とても話せるような状態ではありませんでしたが、朱梨はその目の色から、意外な事実に気づきます。被害者の目にもまた「信頼」の色が浮かんでいたのだそうです。その後の捜査の結果、「あおり運転」は鳥飼が仕組んだ芝居だったことが判明しました。鳥飼は、この事件を起こすことで別の事件に捜査の目を向けようとしていたのです😵。

ストーカー

それは、警察官の南条(ニシダ・コウキ)が、鳥飼の幼馴染の雛見すみれ(本田仁美)にしつこくつきまとっていたことでした。南條は相談に現れた雛見に一目惚れしたそうなのです。卑劣な南条は雛見に言いよるのみならず、鳥飼を逮捕すると脅しました😈。その上彼女に暴力を振るって怪我まで負わせ、そのまま置き去りにして逃げたそうです😡。

怒った雛見は南条の上司にこの事情を伝えに行きました。が、その上司は南条を庇って雛見を脅したそうです😨。あろうことか(たぶん)事件を無かったものにする念書にサインまでさせられました😤。雛見は憤慨して鳥飼に相談しましたが、普段から素行の悪い鳥飼の話など誰も聞いてはくれません。それで鳥飼は今回の犯行を思いついたというわけです。

風早が南条を非難すると、南条は風早を馬鹿にしました。告発に失敗してこんなところに飛ばされて悔しいんだろ?どうやら風早は、上司の不正を告発しようとしたのを隠蔽されて、平安に救ってもらったらしい。

終わったことを蒸し返すな、と怒鳴る南条に、朱梨は毅然と立ち向かいました。終わってなどいない💢!被害者はいまだに警察が怖くてならないのだそうです。彼女から「恐怖」の感情が見えるうちは事件は終わってなどいないっ!!😡

腹立たしいことに南条は「自主退職」で済まされました。当時南条の罪を隠蔽した上司は、その頃ちょうど昇進が決まっていて、問題を起こしたくなくて隠蔽に走ったのだそうですが、今回はもっと上😈から圧力がかかったらしい。

ほか

その話の後、平安が紫織を見舞いにやって来ました🤔。朱梨は無邪気に喜んでいましたが、いや、絶対に怪しいですよね、この男は😠。今度は風早に雲川を調べるよう命じたそうです。

また風早は(庇ってくれたお礼に?💜)朱梨を食事に誘いました😁。でも鈍感な朱梨は、食事はすべて自炊だし、人目が気になるので外食はしない外食はしません、と断ります。風早は、それなら個室ならいいのか?と真面目に聞いたのに、朱梨は逆に変なふうに誤解しました(😂)。それって😨??風早は慌てて取り消します💦。

関連記事