韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

オクトー~感情捜査官心野朱梨~ネタバレと感想 第9話 15年前の真実その1

韓ドラおばさん
2022/09/02
オクトー-感情捜査官心野朱梨 0
オクトー 飯豊まりえ 浅香航大

飯豊まりえさんと浅香航大さん主演のサスペンスドラマ、【オクトー~感情捜査官心野朱梨~】の9話では、15年前の真実がほぼほぼ明らかになりました。それでもまだすっかりOKというわけには行かんのですよ🤔。以下早速ネタバレですオクトーのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

連続婦女暴行事件

15年前、やはり刑事だった朱梨の父の陽介(豊本明長〜船越拓也@コウノドリ)は、連続婦女暴行事件の容疑者として綿貫猛司を逮捕しましたが、証拠不十分で不起訴となってしまいました。綿貫は、被害者の掌に刃物で❌印を残すそうで、殺された陽介の手にも同じ印が残されていました。この情報は捜査関係者しか知らなかったそうです。

その後、陽介と妻の(柳下季里)が殺害されました。その掌に❌印があったことから、犯人は綿貫だと断定されましたが、実際の犯人は小野寺で、彼の薬物横流しに気づいた陽介が口封じのために殺されたに違いないとの推論が成り立ちます。でもその小野寺も刑事を辞めてしまい、横流しの事実ももみ消されてしまいました。雲川は、当時のことをよく知る棚田雅彦(モロ師岡〜長谷川忠司ナンバMG5)という元刑事を呼び出します。

最初はしらばくれていた棚田も、雲川にカマをかけられて真実を白状しました。棚田は「向こうの幹部」と小野寺を繋ぐ役割をしてマージンをもらっていたのだそうです。そして陽介はその事実に気づいていた。風早はついに父親と直接対決する覚悟をします

15年前の真相

風早からその推理を聞かされた平安は、横流しの犯人は小野寺だったと認めました。その小野寺が陽介を殺したことは後になって知ったそうです。でも平安は「警察組織を守るため」に小野寺の犯行を握り潰しました👎。彼に辞職を迫り、すべてを隠蔽したそうです。その上で「陽介が執念を燃やしていた綿貫」を犯人にすることで彼の無念を晴らそうとしたらしい。いや、とんでもない詭弁ですが😤。

朱梨と紫織に近づいたのは、紫織がいつ記憶を取り戻すか不安だったからだそうです。それで「面倒を見る」という名目で二人を監視することにしたのだそう。でも後に朱梨が明かしたところによると、平安の目からはいつも「罪悪感」が見て取れたそうです。

風早は不倫の末の子供だと思っていたのですが、そうじゃなくて、母親が平安と離婚したために別離を余儀なくされたようでしたね。陽介は平安に、もうじき息子と酒が飲めるようになる、たまには会いに行ったらどうかと勧めていたそうです。

平安もまた、妻と別れる前に風早を呼び出して「常に自分が正しいと思うことをしろ」と息子に教えたそうです。誰がなんといおうと自分の正義を曲げるな〜そう言った父に憧れて追いつきたくて警察官になったのに、あの言葉は嘘だったのか😡!?風早は泣きながらそう訴えました。本当にそれでいいのか!父さん!!

平安はこの言葉に背中を押されました。すべては自分の独断だったことにして、この不祥事をすべて公表しまです。平安は辞職し、小野寺は全国に指名手配されました。

家長殺人事件

朱梨の両親と同じ日に殺された不動産会社の鴨居社長夫妻、そして家長を殺した犯人も明らかになりました。前回、庭木由香子と家長が不倫関係にあると仄めかした東海林隆三(住田隆〜浜山社長@これは経費で落ちません!)です。東海林は家長や鴨居に借金があったのだそうです😠。

風早と朱梨からこの報告を受けた戸田は、今さら父を良い人間だとは思えないと反抗しましたが、風早から差し出されたコーヒーを飲んで、幼い頃に「大人の味」だと言ってコーヒーを飲ませてくれた父の笑顔を思い出しました。ふたりはその時いつか一緒に飲もうと約束したそうです

隠された真実?

朱梨はその後、小野寺の感情の色=黒を見ながら、陽介の殺害動機が単なる口封じではないような気がしたそうです😨。そこには平安も知らない「隠された事情」があるのかもしれない。そこへその小野寺が自首してきました😈。はたして彼は何を話そうというのでしょうか?🤔

朱梨と紫織は15年前に小野寺と会っていたのですよね。まだ幼かった朱梨はともかく、若くて美しい紫織に小野寺が好意を抱いたように見えたのはおばさんの思い過ごしでしょうか🙄。来週はいよいよ最終回です

関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.