知らなくていいコト あらすじと感想 第8話 正義の最後っ屁

大石静香さん脚本、吉高由里子さん主演のドラマ、【知らなくていいコト】は8話も面白かったですね~。んも~編集長がカッコよすぎてくらくらしそうでした


冗談はさておき、以下早速ネタバレです知らなくていいコトのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ついにケイトの記事が出ました。編集長の岩谷は部屋にケイトを呼んで、この記事は本当かと尋ねます。こんな(卑劣な)記事を相手にすることはないが、無視するためにも本当のことを知っておきたいと語りました


ケイトの父親は乃十阿徹なのか?


ケイトが本当だと答えると、岩谷は分かったと答えて、この記事の電話対応に追われていた皆を呼びました


ここに書いてあることは本当だが、我々の仕事は何も変わらない。今まで通り普通に仕事をしてくれ。大事なのは何も変わらないという姿勢


岩谷の言葉通り、野中を除く仲間たちはいつも通りケイトに接しました。黒川などは気の利かない男どもに、もっとケイトを気遣え、と檄を飛ばしていたほどです


その様子に野中が顔を真っ青にし、戦々恐々として地べたにはいつくばって隠れていた姿がまた実にみじめったらしかったですね~。野中と付き合うことにした小泉も不審に思っていたようです


それでなくてもケイトは、前回刺されたことで「顔出し」されてしまい、マスコミやネット民、そして週刊イーストの「上」=副社長の石森(大高洋夫~芦田刑事@名もなき毒)からも厳しく追及されていました。石森からは岩谷が守ってくれましたが、他のやじ馬はケイトのマンションまで突き止めて押しかけてきます


それでケイトは仕方なく、会社に寝泊まりすることにしました。ケイトを心配した尾高はアトリエを使うよう電話で勧めてくれますが、ケイトはキッパリ断ります。


また岩谷は、ケイトが刺され、それを尾高が命がけで助けたことから、野中とケイトが別れた理由を察しました。尾高がケイトを愛していることは誰の目にも明らかですからね


その上で、今回のリークもまた野中だろうと当たりを付けてきたそうです。さすがは編集長ですね~


そういう闇に落ちる気持ち、俺には分かるよ。もしそうだったらこの先、辛いな。


あんな卑劣なことをした野中ですら、岩谷にとっては「愛すべき人間」なのですね~。こうした懐の深~い岩谷が指揮を執っているから、週刊イーストの信念は決してぶれないのですね


でも尾高は違いました。いくらなんでもそんなことはしないだろうと思いつつ、自分に乃十阿徹のことを暴露した野中ならやりかねないと確信し、退院してすぐに野中をぶん殴りに行きます野中、許さんっ!( `ー´)ノ。背中が痛いので、一発しか殴れなかったことが無念でなりませんが


野中は悔し紛れにケイトと尾高の不倫を糾弾します。ふたりの不倫がバレたら、もっともっと大変なことになりますから!口が利けないようにしたれ!( `ー´)ノ


もうこうなると「哀れ」としか言いようがありませんね。負け犬の遠吠えとはああいう状態を指すのですね


岩谷はケイトにも本心を聞きに行きます。尾高とのこと、どうするつもりだ?


ケイトは、尾高は好きだが妻子のことを考えるとためらわざるを得ないと正直に答えました。岩谷は、一度しかない人生だから、自分の気持ちを大事にしたほうがいいと語り、尾高はどうなのかと尋ねます。


尾高が両立などできないと語ったのを聞いた岩谷は、尾高の気持ちは決まっていると確信しました。尾高はケイトを選ぶつもりだよ。やるしかない時はやるよ、あいつは


そうですね~元々別れたのが間違いだったとしか思えないふたりですから、元さやするならまずは尾高がきっちり離婚しなさいとしか言えません。ま、それでも今後ケイトがまたフラフラしないとは言えないと思いますけど、それはそういう性格なのですから丸ごと愛するしかありませんね


さてそんなケイトが今回追いかけた事件は、政治家の汚職でした。右トップを狙う大ネタを上げることができれば、「上」や世間を黙らせることができると岩谷が担当させてくれたのです。ラーメンの出汁不正疑惑もいいけど、やっぱりインパクトが足りませんものね


岩谷が持ってきたのは与党議員=梅沢の賄賂疑惑です。岩谷は、梅沢の資金管理団体の帳簿が3ヶ月分消えたという情報をつかんでおり、ケイトにその帳簿を見つけるよう命じました。その帳簿は、梅沢を庇って自殺した秘書の相田が隠し持っているはず!


ケイトは早速、相田の妻=依子(遠藤久美子)に会いに行きました。依子は取材を拒否しますが、ケイトがケイトのことで他の記者に囲まれていたのを見て同情し、中に入れてくれます。


追われる方の気持ちが分かりましたか?


ケイトは負けずに詰め寄ります。相田はトカゲのしっぽ切りにあったのは明らか。悔しいと思わないのか?夫の名誉を取り戻したくはないのか?真実を話してください!


依子はケイトを書斎に入れてくれましたが、そこでは何も見つかりませんでした。


その後ケイトは、同僚の言葉にヒントを得、ペットの首輪を調べに行きます。そこにはmicroSDカードが隠されていました。ワンコが守っていてくれたのね~


中には帳簿のファイルとともに相田の本当の遺書が収められています。そこには「相田の正義の心」が綴られていました


梅沢は相田に、罪をかぶってくれれば遺された家族の面倒を見ると約束し、相田に遺書を書かせて自殺させたのだそうです


梅沢は約束通り、依子の実家の工場を密かに援助し、相田の息子を有名大学に(不正)入学させてくれましたが、依子はそれがすべてダメになっても構わないと言い切りました。主人の最期の正義心を尊く思わなければ、妻であった意味はありません「最後っ屁」とはうまいこと言うな~( *´艸`)


ケイトの記事は、岩谷の願い通り右トップを飾りましたが、石森は納得しませんでした。ケイトに手記を書かせて掲載するよう命じます


東源出版は逃げないという姿勢を示す。それが岩谷のやり方だろ?


一方の尾高は乃十阿を東京に連れてきたようですね。予告では、乃十阿が誰かを庇って罪をかぶったらしいとも聞こえてきました。つまりケイトは「殺人犯の子ども」ではないということなのか


野中がケイトの部屋に押しかけて絡んでいたのがまた「サイテー」でしたね~


知らなくていいコト」もいよいよ終盤ですね。来週の放送も楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 2件

コメントはまだありません
ヒデ  

どうもこんばんわ~ いやー編集長かっこ良すぎでしょ! 皆の前でのセリフもかっこ良いけど、ケイトにこれはほんとの事なのかって確認した時にそうだとケイトがいった後に、軽くあーそうか解ったって言ったけど、かっこ良すぎですね。普通ならああわ言えないですよね。
野中…苦笑やっちまったなって感じですね。殴られてからのあの発言でも寒いのに、その後後に笑うってのもちょっとやばいですね。予告から察するに来週は彼女にフラれてその後ケイトに逢いに行くっぽいですけど、女々しいですねー笑 来週も楽しみです。
PS この前テレビで「尾高沼」ってのが最近流行ってるみたいですね~ 尾高の男らしさやイケボぶりに沼にはまる女子が多数みたいです(^_^;)

  • 2020/02/27 (Thu) 20:39
  • 返信
こん
ヒデさんへ  
編集長沼は?(笑

ヒデさん、こんにちは~♪

んね~編集長、カッコよかったですよね~。
アタイなら尾高より岩谷ですわ~( *´艸`)。

おっしゃる通り、さりげない優しさがグッときますよね~。
ま、黒川も優しいですが(爆。

野中はもう論外ですね~。
来週彼女に振られるシーンが早く見たいですね~(^_-)-☆。こん