韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

オールドルーキー ネタバレと感想 第8話 尽くす男たち

韓ドラおばさん
2022/08/22
オールドルーキー 0
オールドルーキー 綾野剛 反町隆史

綾野剛さん主演のヒューマンドラマ、【オールドルーキー】の8話も、現実でもあるあるなエピソードでございましたね。また劇中「監督」を演じていたのは元バレーボール全日本男子代表監督の植田辰哉さんでしたね🤗。コーチ役の大谷亮平さんはバレーボールで国体に出場した経験があるそうですよ。どーりでうまいはずだ😍。以下あっさりネタバレですオールドルーキーのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

移籍に踏み切れない理由

バレーボール選手の古川舞(田辺桃子〜一ノ瀬純@リコカツ)はVリーグでは珍しいプロの選手でした。ビクトリーでは塔子がマネージメントを担当しています。そこへイタリアの強豪トリエステから移籍の話が持ち込まれました。オリンピックでの活躍を見てトリエステのスカウトが動いたのだそうです👍。

この話を聞いた古川の顔には一瞬喜びが浮かびましたが、なぜか即座に断ってきました🙄。彼女は今所属している東京ウィンディアとプロ契約したのにリーグ優勝もできていないと罪悪感を抱いていたそうなのです。高柳は「まったくあり得ない😤」と憤慨し、塔子に必ず彼女を説得するよう命じます。これはビクトリーにとってビッグチャンスなんだ!😡

でも塔子は以前の秀島の例を思い出して躊躇します😨。アスリートの気持ちを最優先することが私たちの基本ですよね🤔?高柳は塔子が反論してきたことに驚きを隠せません😵。日本のバレーボール界を牽引するためにも彼女はイタリアに行かなきゃいけない😤!!塔子が渋々引き下がると、高柳は真崎に監視を命じました😈。

真崎から、高柳が相当怒っていたと聞いた亮太郎は、塔子を応援することにします。早速古川の練習を見にいくと、古川のコーチの宮野紘也(大谷亮平〜柴門琢磨@ノーサイド・ゲーム)は、古川がいれば今年こそ絶対に優勝できる!と豪語しました。古川はかつてトルコリーグに移籍したことがあるらしいのですが、帰国後は調子を崩していたのを宮野が救ってくれたのだそうです💜。塔子は、イタリアにも良いコーチはいるはずだ、と説き伏せようとしますが、亮太郎は「自分に合ったコーチにはなかなか出会えない」とフォローします。アスリートにとってはホントにラッキーなことなんだよ。

高柳は業を煮やし、塔子や古川に黙ってトリエステに連絡し、スカウトを日本に呼びました。旅費や滞在費もすべて負担したそうです。古川はすっかり怒ってしまいました。塔子は古川の気持ちを尊重すると伝え、亮太郎は高柳に、社員とアスリートとの信頼関係を崩すべきではないと意見します👍。が、現在亮太郎は、水泳選手の麻生健次郎(渡辺翔太)を担当しており、サッカーエージェントの面接を受けるところだったため、自分の仕事だけをしっかりやっていればいい、と言い渡されてしまいました💦。

その後、古川は塔子に「失恋した」と打ち明けます😲。古川の移籍の話を聞いた宮野からイタリアに行くべきだと言われたのだそうです。塔子は「失恋」という言葉が古川の口から出たことに愕然としました😵。古川がプロになる時、宮野も現役を退き、古川のチームにコーチとして入団してくれたのだそうです🌹。

塔子が悩んでいると、亮太郎は「もっとプライベートに踏み込め」とアドバイスしました。アスリートも一人の人間だ。それで塔子は宮野に直談判しに行きました。ダメならダメでいい。彼女の気持ちに応えてやってほしい。宮野は驚いていましたが、彼もまた同じ気持ちだったらしく、今のチームをリーグ優勝させたら、自分もイタリアへ行ってやる、と約束してくれました。トリエステの臨時コーチになれればいいが、もしなれなくても、古川の話し相手にはなれる、と言ってくれます。俺はずっとお前を支えていきたい💕。

こうして古川はトリエステに移籍することに決めました🎉。

高柳の不安

高柳は真崎に、今度は亮太郎を見張るよう命じます😈。亮太郎がビクトリーに所属するアスリートを引き抜いて独立するかもしれないと疑っていたそうなのです😤。

あんなに果奈子に対してデレデレしておきながら、その果奈子が愛している亮太郎をそんなふうに疑うなんて、この高柳の精神構造はちと、否、かなりおかしいですよね👎。猜疑心が強すぎるし、人を見る目がなさすぎる。それに「アスリートファースト」を掲げておきながら、言行不一致が目立ちます😤。

言行一致の亮太郎

一方の亮太郎は、ついに、サッカーエージェントの資格を取りました💐。また人気が出てどんどん外に出ていく果奈子のことも心から応援しています。その気持ちはあたかも古川を支える宮野のそれと同じですよね🤗。が、そんな亮太郎に麻生から「ドーピング疑惑」を掛けられたとの連絡が入りました😨。

関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.