Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!ネタバレと感想 第2話 仕事と趣味

【おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!】(略して「おっパン」)もとっても楽しく見ております😁。久しぶりに自分にとって楽しいコメディですし、その上なかなか勉強にもなります👍。以下、第2話「おっさん、腐女子の世界を知る」のあっさりネタバレと感想をまとめましたおっパンのネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

価値観の違い

前回トラブルがあった会社の担当で有給を取っていたのは、例の「メンズブラ」の社員=原西匠(井上拓哉)でした。休みを取ったのは楽しみにしていた「観劇」に出かけたためらしく、休み明けには皆に「お土産」を配ります。同僚たちは皆、トラブルのことには触れもせず、休みはどうだった?楽しかった??と喜んでくれました。

そこへ沖田が現れると、皆、水を打ったように静かになります👿。翔に「アップデート」を誓った沖田は、会社でも頑張ってみようと、原西にも優しく声をかけました💜。それで皆、元通り賑やかになります。が、その様子を見ていた沖田はムカムカしてきます💢。

自分が休んで迷惑をかけたのに、なぜもっとすまなそうにしないんだ?罪悪感はないのか??なんであんなに楽しそうにしていられるんだ?

沖田はついに我慢できず、これを言葉にしてしまいました💦。すると原西は「トラブルは自分のせいじゃない」と弁明します。沖田はますます激昂しました。担当のお前がいなかったために、皆に迷惑かけただろう😤?!それでも原西はあっけらかんとしていますが、他の皆は「やっぱりね、また始まった」という目で沖田を非難がましく見つめます😓。

沖田はようやく気づきました。またやっちまったっ!!😨

何とか皆の機嫌を取ろうと、夜一緒に飲みに行こうと誘いますが、あっさり&すばやく皆に断られてしまいます。今日は月曜日ですよ?家に帰ってゆっくりしたいです、などなど。

これに懲りた沖田は、今度は「ランチ」に誘おうとしました。ランチならきっと喜んでくれるに違いない!!

が、付いてきたのは、例の原西だけでした😂。しかも原西は(沖田の倍💰)がっつり食べて「ごちそうさま!」と帰っていきます。また原西はそこで「メンズブラ」をつけるようになった理由も話してくれました。いろいろあったのだけれど、個人的には「透け防止」というのが、一番腑に落ちましたかね。そうか〜今時の子は「アンダーシャツ」を着ないんだものね😲。

腐女子の世界

一方で沖田は、熱を出した萌のために、彼女の本が発売されるコミカ(コミック・カーニバル)を手伝うことになりました。萌は、沖田が行ったら「暴言」を吐いて仲間を傷つけてしまう😭、と心配しますが、大地も一緒だと聞いて渋々納得します。

沖田は、その「見知らぬ世界に圧倒されながらも😱、「仮面」の下の彼らの働きぶり(=有能さ)には大いに感心していました👍。しかも彼らは寝る間も惜しんでこの日のために準備をしてきたのだそうです。結果は大成功でした💐。

まとめ

いや〜個人的には沖田の気持ち、分かるわあ。でも若者たちの言い分も分からなくはない。

で、思ったのですけどね。なぜ、仕事では一生懸命になれないけど、趣味では徹夜してまで打ち込むことができるのか?って話ですよ。つまり彼らは「仕事が好きじゃない」んでしょう?給料をもらう分だけは働くけど、それ以上のことはしたくない。でも趣味は違う。見返りを求めることもなく、精一杯の努力をする。これに「生きがい」を感じている。

うーん、きれい事かもしれんけど、だったら、もう少し「夢中になれる仕事」を探してみてはどうなんだろうか🤨。少なくとも、沖田にとっての「仕事」は、彼にとっての「生きがい」だったのではありませんか。会社に使われている、会社の歯車、という見方も確かにできるかもしれないけれど、そこに「楽しさ」や「やりがい」を感じていたら、それはそれでええんでない?とアタイは思いまするよ

もし若い社員、原西にとっても会社の仕事が「生きがい」だったら、自分が休んだ時にトラブルが起きたら、やっぱり気になるんでない??なんかね、ちょっと論点がズレてる気がしましたよ😓。

おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!1
おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!1
関連記事