韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

プロミス・シンデレラ ネタバレと感想 第8話 花火大会で急接近

2021/09/01
プロミス・シンデレラ 0
プロミスシンデレラ 二階堂ふみ 三田佳子

二階堂ふみさん主演の【プロミス・シンデレラ】の8話を視聴しました。クラシックな柄の浴衣を着た早梅は実に素敵でしたね〜💖。壱成もすっかり素直になってきて=可愛くなってきました👌。でもその分成吾がなんとも気の毒でなりませんでしたが😔。以下早速ネタバレですプロミスシンデレラが楽しくなって来た♪| width=|20| height=|20| class=|emoji

可愛いくて楽しいパートその1

脳内シミュレーション

早梅はその日遅番だったらしいのですが、松野が自分から言い出して代わってくれたそうです。坂村と黒瀬は、それぞれ、早梅と壱成の「デート」を祝福してくれました🎉。特に黒瀬は、壱成の悪友たちが壱成を誘いに来たのを「デートだから」と断ってくれます。野田は、壱成はともかく、下山にも「デート」を理由に断られたとショックを隠せませんでした😲。壱成も「負けられないと密かに闘志を燃やします。

黒瀬は、ちゃんと「プラン」を立てているのか、とからかいました。壱成は「出店はいっぱい回って、花火をいっぱい見る🐒」と答えますが、それじゃあダメだと忠告されます。早梅は鈍いから、壱成を男として意識していない、ここはグッと距離を縮める必要がある。花火の最中にキスしちゃうとか😁。

壱成は早速「脳内シミュレーション」を試みますが「キスしようとして拒否されたらと思うと、超おっかねえ😭」と漏らします。(当たって)砕けたくはないのだそうです。黒瀬は「いいねえ、青春だねえ😏」とニヤつきました😂。

花火大会はやっぱり浴衣で

一方で、二人の「デート」を聞いた悦子と吉寅も、二人を応援するために「演出」に協力してくれました🎶。二人分の浴衣を用意してくれたのです。その頃壱成も、ちょうど道ゆく「浴衣カップル」を見ながら、手ぐらい繋いでもいいよな、と妄想していました😍。やっぱり「恋人つなぎ」だよな、と自分の両手でシミュレーションしていると、悦子と吉寅が「ありよ😉」とけしかけます。私もありかと存じます。いいわね、そう言う感じ😏。

そこへ、クラシックな浴衣を着た早梅が降りてきました😻。壱成は思わず見惚れますが、褒めることができません😔。悦子は、あんたの浴衣も用意してあるから、さっさと着替えてこいと急かしました。「絶対こっち(恋人繋ぎ)ね😉」と念押しするのも忘れません🤣。

お祭りデート

早梅は、花火大会は子どもの時以来だとはしゃぎました。壱成は頑張って「キレイだ」と言うのですが👍、面と向かって「何が?」と聞かれるとごまかしてしまいます😓。花火がキレイに見える穴場があるからそこへ連れて行く、それと・・・。どうしても浴衣を褒めることができません😔。仕方なく「腹が減った」と言い出して、早梅に焼きそばを奢ることにしました。今日は俺が全部出すから、財布はしまっとけよ😎。壱成はバイト代をこのデートに使うつもりなのです👌。

それから二人は存分に普通のデートを楽しみました。焼きそばを食べた後はたこ焼きも頬張ります💏。

美味しそうにパクついてた(笑)

約束通り「屋台の勝負」をして、勝てば借金から10万ずつ引いてもらうことになりました。壱成は勝つ気満々でしたが、早梅は射的がめちゃ強くて、1等から5等まですべて獲得してしまったそうです壱成は全滅( *´艸`)。その少し前に黒瀬と坂村に遭遇した早梅は、一緒に花火を見に行こうと誘いますが、そこは黒瀬が心得ていて断ってくれます👍。

ふと気づくと早梅は下駄の鼻緒ずれをしていました。壱成は、痛みに気付いて顔を顰める早梅の手を取って「つかまれ」とベンチに連れて行き、傷の手当てをしてくれます。早梅は、キレイな浴衣を着せてもらって舞い上がっていた、慣れないことをするもんじゃないと自嘲しました。壱成はようやく「似合ってる💜」と褒めます。似合ってるしキレイなんじゃね?お世辞じゃねえよ、本気でキレイだって言ってんだ嘘じゃねえぞ!。壱成は恥ずかしくなってトイレに行きました💦。

ここで一応「可愛くて楽しいパート」が終了です💝。

怖いパートー菊乃の罠

一方の成吾は、大会運営委員のおじさんたちからどんどん酒を飲まされていました😔。一応は早梅を誘ったのですが、先約があると断られてしまったのです。そこへ菊乃が現れました👿。菊乃は「成吾のため」に早梅を壱成から引き離そうと画策します。菊乃は「成吾を愛しているから、成吾の幸せを願って身を引く」つもりでいるのだそうです😨。

菊乃は早梅のところへ行って、その携帯を盗み、成吾が酒に付き合わされて困っていたと伝えました。その後早梅の前に成吾が現れます。成吾の顔色が悪いのを見て取った早梅は、ベンチに座って休むように勧めました。成吾は、こんな姿を見られるのは情けないと語ります。でも早梅は、成吾は10年前も家の役に立ちたいと語っていた、それを実現して副社長になったのはすごい、と称えます。何より、私には「正義のヒーロー」だから。だから全然情けなくなんてない、むしろ頑張りすぎている、もっと周りを頼って支えて貰えばいい、と励ましました👍。

成吾の顔色が戻ってきたので、早梅は、そろそろ行くね、と言って壱成を捜しに出かけました。そこへ菊乃がまたやってきます。壱成が呼んでいると言って、彼女を山の上に誘い出しました。でも、どこまで行っても壱成がいないのを不審に思った早梅が時間を尋ねると、ついに菊乃が本性を表します💀。

あなたはいいわね。誰からも好かれて。私とは大違い〜菊乃はそう言って早梅を突き飛ばしました😱。早梅は斜面を転がり落ちて怪我をしますが、そんなことで挫ける早梅ではありません。手近にあった木を杖代わりにして歩き出しました

一方で菊乃は成吾に「早梅が足を滑られて落ちた」と知らせに行きます😈。成吾はすぐに菊乃が何かしたに違いないと察して早梅を捜しに行きました。その頃壱成と黒瀬たちも早梅を捜しています。黒瀬はアナウンスをしてもらおうと詰所に来たところで菊乃に遭遇しました。菊乃は何も知らないふりをしていましたが、早梅のスマホが繋がらないと聞くと、落とし物で届いていた、とスマホを差し出します。黒瀬はこれで菊乃を疑いました👍。

また壱成はバイトの山ノ井さくら(畑芽育)から、早梅と菊乃が山の方へ歩いて行ったと聞いてその後を追います。その頃成吾は早梅を見つけていました。菊乃から足を滑らせたと聞いたと言われた早梅は「滑らせたのではなく突き落とされた」と伝えます。でもそんなことより「花火の開始時間」が気になってなりません。壱成と「一緒に見る」と約束したからです。でも残念なことに花火は始まってしまいました😔。

成吾は、早梅が危険な目に遭ったのも菊乃の仕業=自分のせいだと謝罪します。10年前のことも、再会してからのことも。今度こそ必ず俺が守るから。早梅が他の男を見ているのは分かってる。でも俺は早梅のことが好きだ。成吾は早梅にキスしようとしますが、早梅に拒まれてしまいます💦。

その後、黒瀬から電話があり、菊乃もともに駆けつけて来ました。そこで黒瀬は、菊乃が成吾に早梅の居場所を教えたのなら、なぜ自分たちには黙っていて、しかも詰所で酒など飲んでいたのか、と詰め寄ります💢。どういうことすか😡?でも菊乃は、何か誤解があったようだととぼけて帰ろうとします。そこへようやく壱成が駆けつけて来ました。成吾は菊乃の後を追います。

二度と早梅には近づくな。今後は旅館への出入りもやめてもらう。もうお前の思いどおりにはさせない。これ以上早梅を傷つけるなもう我慢できない1

壱成は、菊乃に騙された早梅を叱ります。少し考えれば不自然だってわかるだろう?そこへ再度成吾がやってきて吉寅が迎えに来たと伝えました。肩を貸すという成吾に、壱成は「俺が連れて行く」と言い渡します。壱成は早梅を担いで歩き出しました😁。成吾は「早梅、さっきはすまなかった」と声を掛けます。壱成は敏感に反応しましたが👂、そのまま歩き出しました。行くぞ、早梅

可愛いくて楽しいパートその2

自宅に戻った壱成は、悦子を迎えに行った吉寅がに代わって早梅の怪我(捻挫)の手当てをしてくれました。そこでようやく「成吾のことをどう思っているのか」と尋ねます。あいつに何されたか知んねーけど、お前はどうなんだよ?😠

早梅は、昔は昔で、今の気持ちは別だと答えました。壱成は「俺の気持ちははっきりしている」と切り出して、早梅にキスをします😘。だからテメーは俺のことだけ見とけよ、バカ女💝。

感想

壱成は早梅への恋を通してグーンと大人になりましたよね😻。幼い頃「精神年齢の低い父親」で苦労させられた早梅だからこそ、実年齢はともかくとして中身は大人じゃないとなかなか賛成もできませんでしたが😓、これならようやくふたりを応援できそうです😁。

それでも成吾はやっぱり可哀想ですよね。結局菊乃もまた、早梅と同じように成吾に助けてもらったのですね〜きっと。それで成吾のために尽くしたいと思っているんだけど、そのやり方が実に陰湿だから、どんどん成吾に嫌われちゃうんだわ、というより、あれじゃあちっとも成吾のためになってないものね。おそらく口でそうは言っても、本心は違うから、あんなふうにこじれちまっているのですよね。壱成みたいに「相手の過去ごと丸ごと自分のものにしたい」と言われたいんだろうなあ、本当は🙄。

ちなみに、旅館で早梅に嫌がらせをしていたのは松野で、それも菊乃の指示だったようです👿。ダメだよね〜それじゃあ🧐。

【新品】◆特典あり◆プロミス・シンデレラ (1-12巻 最新刊) [POP風限定描き下ろしペーパー付き] 全巻セット
関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》