韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

リバース 最終回 ネタバレと感想 優しくて温かい結末に大大満足!

2017/06/17
リバース 6
リバース 最終回 感想 ネタバレ あらすじ

リバースのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 湊かなえ氏原作ドラマ あらすじと感想一覧

湊かなえさん原作、藤原竜也さん主演のヒューマンミステリー、【リバース】もついに夕べが最終回でした。

いや~実に納得のいく素敵な最終回でしたね。1つ1つのシーンに大きく頷くことができて、最後には自分が笑顔になれたのが実に嬉しかったです。それに湊氏作品ファンには嬉しいサプライズのおまけつきです

その「おまけ」も含めまして、以下ネタバレのあらすじですリバース=Rebirthがピッタリかな♪

まずは、あの日現場にいた第3者が明らかになりました。当時近辺を騒がせていた窃盗犯だったそうです

あ~そうそう、最初の頃はあのラジオがやたらと耳について、きっとどこかで絡んでくるに違いないいつの間にか忘れてもた(;´・ω・)と思っていたはずなんですが、回を追うごとにクローズアップされてきた彼らの内面の葛藤の方に心惹かれてしまってすっかり失念しておりました

小笠原は例のキーホルダーの持ち主からこれを割り出したそうです。さすがは元刑事でござりまするね。犯人は3人組の若い男たちで、村井の別荘にやってきた深瀬たちを裕福だと見込んで狙っていたそうです

深瀬たちが別荘で焼き肉に舌鼓を打っていた頃、彼らのうち2人は近所のホテルで盗みを働いて迎えの車を待っていたのだそうですが、それがあの雪で来られなくなったらしく、逃走手段に困っていたところに村井の車が目に入ったのだそう

ちょうど浅見が車のキーを挿しっ放しにしていたのが決め手となったようですね。窃盗犯たちがこれ幸いと車に乗り込もうとしていた頃、深瀬の入れてくれたコーヒーを飲んだ広沢はちょうど発作を起こしていたのだそうです

窃盗犯たちは苦しむ広沢をしり目に車に乗り込んで逃亡を図りましたが、その途中、ガードレールにぶつかってケガをしたそうです。その際の出血が車内にも残っていたことから、彼らは証拠を隠滅するために車を崖から下に落としたそうです。車に火をつけたのも彼ららしい

その頃おそらく広沢は彼らの後を必死で追おうとして、やはり崖から転落し、下流に流されたため、その遺体が半年後に発見されるに至ったものと思われます。広沢が助けを呼ばなかったのは、せっかくの楽しい時間を台無しにしたくないと考えたに違いない、と皆は理解していたようです。それほど彼らはあの時楽しい時を過ごしたのです。だからこそ広沢は運転を買って出たのでしょうからね。

窃盗犯はその後捕まったそうですが、この件に関しては口をつぐんでいたために、真相が明らかにならなかったそうです。

でももしあの時谷原と浅見が現場に落ちていた血痕を隠蔽していなければ、その血液から彼らの自白を引き出すことができたかもしれませんよね。

そして彼らの告白によって広沢の捜索が広範囲に及んだら、あるいは、広沢はまだ生きたまま発見されたかもしれないし~考えれば考えるほど、ここは堂々巡りです

僕たち全員が加害者です

真相が明らかになったことを受けて、深瀬たちは4人で愛媛の広沢の実家を訪れました。思いもよらない彼らの告白に昌子は激怒しましたが、忠司は彼らの勇気を認めて許してくれました。ここで深瀬たちが言い訳がましい言葉を一言も口にせず、ただひたすら自分たちの過ちを詫びたのが実に潔かったですね。

深瀬が愛媛に来るまでの間ずっと、果たして真相を知らせることがご両親のためになるのだろうかと何度も何度も自問していた姿も印象的でした。案の定、昌子は彼らを激しく罵ります

本当のことを言って自分たちは楽になったかもしれないけれど、こっちの気持ちはどうなるの!?

確かにその通りなのだけれど、かといって何も知らずにいても昌子の気持ちが穏やかだった訳ではないのですよね。胸の中には常に行き場のない怒りがふつふつと煮えたぎっていたのが、これでやっとはけ口を見出せたという点では、たとえ荒療治ではあっても、昌子のためにもこれで良かったのだと思います。

それに昌子も小笠原に、自分ですら息子を忘れていくのが分かる、とこぼしていました。だからこそ昌子は毎年小笠原にみかんを送り、決して忘れるな、と、自分をも含めて釘を刺していたのだそうです広沢に生きててほしかったのは皆同じ

深瀬たちにしても、ああして面と向かって罵倒されること自体が「償い」になるのでしょうからね。彼らが自分たちの犯した「罪」を忘れず、その罪悪感に苦しんだことももちろん贖罪の1つではありましょうが、やはり、罪を犯した相手にまずは告白して初めて本当の「償い」が始まるのだと改めて痛感させられました。

死んだ時のことよりも、生きていた息子のことを知りたいと言った忠司に、生前の広沢の良い面を懸命に語って聞かせた彼らの姿がまだ目に焼き付いています忠司には息子が4人できたと思ってほしい

広沢は(幼い頃とは違って)人見知りではなかった。教え方が上手いと評判だった。野球が上手でカレーと落語が大好きだった

息子が就職せずに海外へ行きたいと言った時、どうして認めてやらなかったのだろう~忠司とてきっと何度も何度も自分を責めて後悔したに違いないのです。だからこそ、深瀬たちの気持ちにも深く共感できたに違いありません

広沢の蕎麦アレルギーを知らずに、彼を命の危険にさらしてしまったと知った深瀬が、誰とも連絡を取らずに部屋に閉じこもり、飲めない酒を浴びるように飲んで倒れていたところに、小笠原が、それも無理矢理部屋に入りこんできたくだりも良かった。隣のお兄さんも目立たなかったけど結構いい人だった

小笠原はああ見えて、深瀬が広沢のために懸命に真相を究明しようと奔走した姿に大きく影響されたようです。そこで初めて広沢の両親の苦しみにも、実は見て見ぬふりをしてしまっていたのだと明かしました。

君はやるべきことをしっかりやった。俺もここからやるべきことをやる。

言い訳を並べ立てて自分を正当化しようとする人間には厳しい罰が下されるけれど、己の犯した罪を心の底から反省して償おうとする者には「優しさ(救い)」が与えられるのだと、ここは感動しきりでございました

その救いは美穂子を通してももたらされました。美穂子は深瀬が広沢について書いていたノートの最後のページにこう書いて深瀬に渡したのです。

深瀬和久は広沢由樹の特別な友だちだった

広沢は生前、自分を空っぽの人間だと語っていたそうです。何でも適当にはこなせるけれど心から夢中になれるものがない。そんな自分を歯がゆく思っていたその時、深瀬があのコーヒー豆の話をしてくれたのだそう

コーヒーは昔薬だった。でも世界中で取引されているうちにいつしかコーヒーとして飲まれるようになった

これを聞いた広沢は、今は何もやりたいことが無くても、いつかどこかで見つかるに違いないと思えて心が軽くなったのだそうです。

深瀬自身にそのつもりはなくても、深瀬の言葉は広沢を大いに励ましていたのです。美穂子は、自分も広沢と同じで、深瀬にはたくさん励ましてもらったと打ち明けました。あなたは自分で思っているよりずっと素敵な人だよ

私が変わりたいと思ったと言ったのは嘘じゃない。だからもし変われたら、一緒にコーヒーを飲んでください

でもその後この言葉を先に口にしたのは深瀬だったようです。深瀬はついに大好きなコーヒー豆を扱う会社に就職したそうなのです

ここで最初のサプライズがありました。深瀬が納品に立ち寄ったカフェでは「夜行観覧車」彩花(杉咲花)が働いていたのです!もうwikiにはその情報が加筆してありますね: 夜行観覧車・遠藤 彩花の項

深瀬はついに大坂の美穂子が働いているパン屋に行って、最初からやり直そう、ふたりで一緒に変わっていこうと告白しました。もちろん美穂子は笑顔でこれを受け入れます

そしてここで2番目のサプライズ~その美穂子の店には、どうやら「Auberge NOTRE」が順調らしい成瀬Nのために(窪田正孝)がやってきたのです !も~ここは大喜びでございましたね希美はどうしたかな(/_;)

お、おまけに浮かれすぎて肝心の3人が後回しになってしまいました

村井はずっと父親頼みだった人生を反省しますが、その父を一方的に非難することはせず、あくまでも自分を変えたいと第二の人生を模索することにし、浅見は相良に広沢のことを打ち明けて、時間はかかったけれど、ようやく理解してもらえました。また谷原は、期待通り、上司のパワハラが明るみに出ましたが、それを一方的に責めるのではなく、自分の態度にも落ち度があったと著しい成長を見せてくれました

深瀬からの連絡が途絶えた時、彼を心配しながらも、その辛さが誰よりもよく分かるだけに、深瀬が立ち直るのをじっと辛抱強く待っていてくれたのがまた嬉しかったですよね。最初は、そんなに心配ならメールで済ませずアパートに行けばよいのに、とも思いましたが、そうではなくて、深瀬を信じて敢えてその返信を待つに留めたのでしょう

ミステリーもさることながら、人間の内面に鋭く切り込んでくる湊氏の作品が大好きでしたが、今回は特に彼らの友情と成長が好ましくて一層ファンになりました

また最後になりましたが、毎週足をお運びくださり、暑苦しくもはた迷惑な妄想感想文()をお読みくださいました皆々様にも厚く御礼申し上げます。いつかまた湊氏の作品をご一緒したいものですねリバースがめっちゃ面白かった(^^)/

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

コメントをどうぞ♪ 6

There are no comments yet.

ロン

いい結末でしたね〜〜

こんさん こんにちは😃
お元気ですか?私は元気ですよ。

毎回、ドラマ終盤に「衝撃の展開‼️犯人は・・」が出ていたので犯人は誰なんだろうと思ってました。
小笠原さんが刺された時は、犯人が小柄だったので、てっきり明日香?って思ってしまいました。

強盗だったなんて😱怖いですね。
だから血痕もあったんですね。ずっと変だと思ってました。小笠原さんの執念とさすが元刑事と感心しました。

片平さんの演技も凄かったですね😊迫力あるのに、自然体で本当に演技が上手なんだと思いました。このドラマは演技が上手な俳優が多くてそれも素晴らしかったですね。

最後に夜行観覧車🎡の彩香に会えたのも嬉しかったです。パン屋の俳優さんもきっと同じに繋がりあるのかと思ってましたが、そうだったんですね。夜行観覧車は大好きでした。丁度入院中に再放送でお昼にやっていて、ランチの時間にぶつかっていつも途中で見れなくて、退院したら見ようと思ってました。DVD借りてちゃんと見ましたよ🤗

いいドラマが終わってしまい残念です🤣
長々とすみませんでした。

2017/06/17 (Sat) 17:27

ヒデ

んー後だしじゃんけん!苦笑
まぁ、たしかに上手くまとまってるけどね😅 今までのミステリーが全部くつがえされた感じですねー。

2017/06/17 (Sat) 18:11

ロンさんへ

良いドラマでしたね♪

ロンさ~ん、こんにちは~♪
お元気とのこと何よりです~私もおかげさまで元気にしております。

本当に見ごたえがあって面白かったですよね~。
おっしゃる通り俳優陣が充実していて楽しめました(^^)/。
藤原竜也さんも片平なぎささんもさすがでしたね。

ロンさんも夜行観覧車をご覧になっていたのですね~。
あれも面白かったですよね。

あの後しばらく焼き肉?のCMを見るたびに、
彩花~と喜んでいたことを思い出しました(笑。

ロンさんは「Nのために」はご覧にならなかったのですね~。
自分はここでロンさんとご一緒した気になってました(;'∀')。
こちらもなかなか面白かったので、機会があったら是非ご覧くださいね~。

また来期も面白いドラマをご一緒できるとよいですね(^^)/。
とりあえずはシカゴ・メッドを楽しみますか(^_-)。こん

2017/06/18 (Sun) 12:20

ヒデさんへ

お腹立ちもごもっとも(苦笑

ヒデさん、こんにちは~♪

う~んやっぱり最後は「知らない人」でしたね~。

小笠原の話の際、あの3人組が回想として出てたようですが、
あれは1、2話あたりのシーンなんですかね。
そこら辺をもう一度見られたらよいですのにね~。
いかにも怪しげな顏をしてたかもしれませんし(^_-)。

また「カギを挿しっ放し」にはやられた感満載でした(;´・ω・)。
それと強盗を結びつけたかったですね~v-406

自分の性格として(至極大ざっぱ)細かいあらすじを書くのは無理なので、
やはり1話からの録画を残しておいてもう一度見直さないとだめですね。

今は時間が無くてそれまたかなり難しいですけれど。
これが2話完結ぐらいだと覚えていられるんですけどね(;´∀`)。

でも毎回あれこれ想像できたのは楽しかったですよね~。

また来期もどうぞよろしくお付き合いくださいね(^^)/。こん

2017/06/18 (Sun) 12:35

ももんが

湊かなえさんってすごい!

すごいですね…
圧巻です…
私は原作の方を読んだんですが、
最後の一文…
すごすぎる…(●´ω`●)カンドウ

広沢かっこいいですね

2021/09/17 (Fri) 18:32
こん

ももんがさんへ

ブログをご利用いただきましてありがとうございます♪

ももんがさん、こんにちは♪
ブログをご利用いただきましてありがとうございます^^。

湊かなえさんの作品は良いですよね〜。最近映像化されないのが寂しいぐらい私も大好きです。こん

2021/09/17 (Fri) 18:55