韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

リコカツ ネタバレと感想 最終回 それぞれの夫婦の形

2021/06/19
リコカツ 0
リコカツ 北川景子 永山瑛太 酒向芳 高橋光臣

北川景子さん&永山瑛太さん主演の金曜ドラマ、【リコカツ】も昨夜が最終回でした。これまでの中で一番安心して=落ち着いて見られたんじゃないですかね💖。この離婚はそれぞれのカップルを大きく成長させましたね👍。以下早速ネタバレですリコカツ最終回のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

交際リスタート

やはりですね、マンションを買ったのは水無月でした😎。二人にとっては大切な思い出の詰まったマンションでも「水回りが悪そうな中古」をそんなに急いで買う酔狂な人間は前髪野郎しかいませんよね😏。しかも彼の本名は、なんとなんと「山田幸男」だったのだそうです😵。あまりにもシンプル過ぎて一発で変換できないほどですよ💦。水無月改め、山田もそれだけは知られたくなかったことでしょうね🤣。紘一なんて大喜びで「山田幸男さん🎶」とフルネームで呼んでいました😄。

で、その山田は、いくらやり直すとか言っても、このふたりはまだ信用できない、家賃を払ってくれれば住まわせてやっても良いとのたまいます😎。家賃は月30万円です😨。

二人はこれを了承し、ついに「交際1日目💕」からスタートしました。紘一は職場で張り切り過ぎて、後輩たちからすぐに見破られてしまいます😄。何すか、その顔?新しい恋ですか😏?紘一は「元の恋」だと打ち明けます。え?じゃあ前の奥さんと😍??紘一が「交際2日目だ😼」というと、皆、喜んで祝福してくれました。お祝いしましょう!焼肉行きましょう!!

つきものが落ちた一ノ瀬はこれを笑顔で見守っています😉。

咲の逡巡

一方の咲は紘一との元さやを喜びながらも、パリでの研修を迷っていました。咲はこれまでに2度候補落ちしてようやく当選したのだそうです。咲はいつか子どももほしいと考えているそうで、正直な所、この30代の3年間を仕事に集中して良いものかどうか迷っていたのだそう😔。

楓は、自分は仕事のことなど考えず、普通に幸せになりたくて結婚し、子どもも生まれたけれど、結局は離婚朝廷中だと自嘲します💦。それでもこれからは娘のことを一番に考えて旦那とちゃんと向き合う、だから咲も紘一君に相談してみれば?と助言してくれますが、相変わらず頑固な咲は、これは自分自身が決めることだからと譲りません😔。

紘一の決断

その1

また紘一はもう一度山田にマンションを買い戻したいと交渉に行きました。そこで咲のパリの研修の話を聞かされます。あれ?聞いてないの?😏

それが3年だと聞いた紘一は、早速咲を尋ねて話を聞こうとします。でも紘一が言いにくそうにしているうちに咲は寝てしまいました。咲を抱き上げて寝室に運んだ紘一は、そこにファッション関係の本が散乱している様子から、咲の仕事に対する情熱を見て取ります😨。なにせ離婚を決めたのも咲が「仕事をやめられない」と言い張ったからなのです🤔。

紘一は悩んだ末、箱根の父の元へ行きました。正は「別人のような笑顔😄」で紘一を出迎えます。なんだ、紘一か😕。正はそこで、40年間誇りに思ってきた「自衛官メディック」という肩書きは、仕事を終えれば役に立たない、今は本当に無価値な人間だと思い知った、としみじみ語りました。ここに来て、自分が何もできないことに気づいた。それが現実だ。自分は変わらなければならない。今さら遅いかもしれないが、あがいてみたい

紘一。お前はもう大丈夫だ。緒原紘一という一人の人間として一番大切な人を守れ🍀。

帰宅した紘一は、家訓を復唱してある決意をします。「他を生かすため」に自分が犠牲になることにしたのです。早速辞表を書いて提出すると、日夜フランス語の勉強に勤しみました🐒。

その2

そんな紘一の家に咲が訪ねてきました。パリ行きのことを相談するつもりだったのかもしれません。でも料理を手作りして食べて、一緒に寝て〜あっという間に翌朝が来てしまい、紘一は咲が寝ているうちに出かけてしまいました💦。そこで咲は紘一の退職届の下書きを見つけます👿。

何やってんのよ!😡

咲は職場まで追いかけて紘一を罵倒しました💢。紘一は、仕事を辞めて君と一緒にパリに行く、と白状します。咲は、パリには行かないと断言しました。だって、メディックの仕事以外考えられないって言ったよね?絶対に辞めちゃダメだよ!あなたの誇りなんでしょう?私は辞めてほしくない!!メディックを続けてほしい!

紘一は退職を取り消しました。と同時に咲の気持ちを確かめます。本当に行かなくていいのか?夢を諦めていいのか?咲は、パリで研修もしたいけど紘一の側にもいたいと正直な気持ちを打ち明けました。

自分は待つ。37年間待って出会った運命の人だ。3年ぐらい何の問題もない。水戸と東京、水戸とパリ。まあ距離は多少違うが、自分は君がどこにいても思いを届ける自信がある。自分達の絆はそんなやわではない。自分には咲さんとすごす幸せな未来しか見えない俺は君を待っている!( `ー´)ノ

咲も覚悟を決めました。紘一とやり直すためにもベストを尽くすと宣言します。私、もう一度あなたの妻になりたい

3年後を目指して

それからふたりは、水戸とパリという遠距離恋愛をスタートさせました🎶。毎日ビデオ通話で「おはようとおやすみ」の挨拶を交わします。「結婚式で1回しかしていないというキス」は、残念ながらリモートではお預けですね😁。

紘一は、家訓の下にカレンダーを設置し、文字通り、一日千秋の思いで咲の帰国を待ち侘びていました。今日こそその日だという0日に、咲から電話がかかってきます。寄りたいところがあるから今日は帰れない😈。

でもこれは咲のサプライズでした。紘一は怒って「離婚だ!💢」と喚きますが、咲は、まだ籍を入れていない、とかわします👍。変わらないね😉。

ふたりはひしと抱き合い、結婚指輪を交わしました💕。紘一は満を辞して「2度目」に挑戦しますが😚、鼻がぶつかって失敗してしまいます😅。咲は笑って紘一の首に抱きつき、めでたく完遂したようです。フランスへ行って柔軟性が増した咲の今後の操縦ぶりが目に浮かぶようです😼。

それぞれの夫婦の形

美土里と武史

入院して治療を受けた美土里の予後は良かったらしくて何よりでしたね👍。武史は「人生100年時代だからもう一度結婚してほしい」と赤い薔薇の花束を差し出してプロポーズしますが🌹、再婚はしない、と断られてしまいました😨。美土里は、まずは友達から始めようと花束を受け取ります。おかげさまで長生きできそうだから😉。

薫と正

薫は、黙々と懸命に働いている正を黙ってみていられなくなります😏。いい加減に、ちゃんと口に出して伝えてくださいよ😠。正は、いつも仕事の時、制服のポケットに薫と紘一の写真を入れていたと語りました。いついかなる時でも家族を思わない日はなかった。だがそれをちゃんと伝える努力をしてこなかった。許されるなら、ここで君といて、君の思い出の中に自分の存在を残せれば、と考えている💖。

薫は、もう元の夫婦には戻れないと明言します👊。でも、違う関係なら、人生100年の時代だから時間はまだある。これからたくさん二人の思い出が作れるかもしれない😉。正は感激のあまり薫の手を取りました。よろしく頼むな!😭

ふたりはそれから、休みの日には仲良くゴルフに明け暮れたそうです💏。

ほか

青山は咲に、去年のクリスマスイブに時を巻き戻したいと何百回も後悔したけれど、もう過去は変えられないから、今は1番の友人として咲の幸せを心から願っている、と言ってくれました😻。も〜青山じゃダメなの?と思わず言いたくなりました😅。

また山田も、咲がパリに行く前にマンションを返してくれました👍。恋愛小説家が「本当の愛」を知って、これからの作品が自分でも楽しみだ、と語ります。俺をふったこと、絶対に後悔させてやる😎。咲は今後は一読者として「山田幸男先生」の作品を楽しみにしている、と笑いました😁。

感想

永山さん、高橋さんとイケメン揃いの中、個人的には久しぶりに悪い癖(おっさん好き😈)が出て、酒匂さんに大注目でした😻。いや、最初の頃のモラハラ亭主は論外だけど、最後の笑顔はよかったよね〜👌。これから薫はうんとこさ大事にしてもらえそうで何よりです😁。

続編はないかもしれないけれど💦、スペシャルはあってもいいな🎶。その日を楽しみにしておりまするね

米津玄師さんが歌うこの主題歌がまた素敵ですよね
【オリコン加盟店】先着特典[内容未定]★リボン盤[初回限定]★7inch紙ジャケ■米津玄師 CD+DVD【Pale Blue】21/6/16発売【楽ギフ_包装選択】
関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.