六本木クラス ネタバレと感想 第5話 戦闘開始

竹内涼真さん主演のドラマ、【六本木クラス】の第5話を視聴しました。ここで新たな仲間が加わって、ますます面白くなってまいりましたね😍。以下早速ネタバレです六本木クラスのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

新の野望

新は、優香も強引に押しかけてきた飲み会の席で、彼の野望を明かしました。彼は「二代目みやび」を一店で終わらせるつもりはなく、フランチャイズ化して全国展開しようと考えていたのだそうです😵。その目標が長屋です。長屋は、葵ですら手放しで褒め称えるほどの店でした。立地、サービス、インテリアのどれをとっても完璧で、中でも最高なのは「味」なのだそうです。それもすべては長屋会長のレシピなのだそう💦。

新は、一人じゃ無理かも知れないけれど、皆がいるからきっとできる、と豪語しました。

宣戦布告

一方では葵も優香に宣戦布告しています😁。葵は昔、あまりにも性格がひねくれているということで病院で診てもらったことがあるのだそうです。その時医師は「ソシオパス😈」の可能性が高いと診断したのだそう。ソシオパスには罪悪感がないので、ほしいと思ったもの=新は必ず手に入れると語る葵に優香は、新は優香のことが好きだというと、葵は、じゃあ優香を叩き潰す、と宣言します葵、がんばれ!( `ー´)ノ

優香は葵を「お嬢ちゃん😏」と口では馬鹿にしましたが、心の中で高く評価していたようです。葵はまだ若いけれど世間の流れも読めて判断力がある、今「二代目みやび」が繁盛しているのは葵の功績だと認めていました👍。

長屋の反応

長屋の机の上にあった家族写真に龍二が写っていたのを見た優香は、彼を「二代目みやび」に入れたのは新を監視するためかと長屋会長に尋ねました。会長は初耳だったらしく😨、がぜん、新を意識し始めます。優香から、最近は行列もできて繁盛していると聞くと、新から目を離すなと命じました。この話は会長の秘書の磯部佳奈子(太田奈緒〜ラペ@漂着者)から専務の相川に知らされています😍。

新たな仲間

その相川と新の関係に行く前に、まずはもう一人、新たな、しかも昔からの仲間が登場しました。それが桐野雄大(矢本悠馬〜巻田タケシ@セブンティウイザン。)です。

桐野雄大

桐野は高校時代に龍河に苛められていたクラスメイトでした。桐野は大学に入学した後、服役中の新に面会に来たのだそうです。そこでふたりは互いに「復讐」を誓っていたことを打ち明けました。新は長屋会長に、そして桐野はその息子の龍河にです。桐野は将来、資産運用の専門家になるのだと語り、新は、出所したら居酒屋を始めて、飲食業界のトップに立ち、長屋をぶっ潰す、と息巻きました。ここでふたりはタッグを組んだのだそうです

新は、まだ大学生の桐野に、信二が残してくれた保険金を預けました。それが3億です。当時は長屋の株が暴落した時期でしたが、逆に新は、長屋の本質は変わっていないから、逆に「買い」だと思ったそうです👍。そしてその読みは見事に的中しました。長屋の株価は上昇し、他にも投資した分と合わせると、今では8億になっていたそうです💕。

相川京子

また新は、桐野を相川に近づけていました。桐野は相川の資金をほぼ2倍にしたのだそうです。新は満を辞して相川に会いにいきました。僕は専務のお力になりたい。相川は、いくら新が頑張ったところで、長屋とはスケールが違うと相手にしなかったそうです。それで新は、新が長屋の株を1%以上持ったらどうかと尋ねました。長屋の株1%は10億円に相当するそうです。ちなみに相川は長屋会長に次ぐ大株主らしい。

相川は、到底無理だと相手にしてくれなかったので、新は龍河を引き合いに出しました。あんなできそこないに長屋が継げるはずがない、長屋を告げるのは相川だけだ、と力説し、株主総会で会長の解任議案が出た時、新が相川の力になる、と約束します。

それでも相川は、長屋にとって新は「小バエ」だと馬鹿にしましたが、亡き宮部部長の息子だから少しだけ期待してみる、と言い出しました。彼女は「長屋の勘」を信じると語り、もし長屋がこの先二代目みやびに食事に行くようなことがあったら、新を信じる、と約束してくれたのです🤗。

逆風が追い風に

そうした背景のもと、二代目みやびには葵のおかげでテレビ出演の話が舞い込みました。料理対決です。が、相手は長屋だったため、打ち合わせに龍河がやってきました。龍河は、いかにも嫌味ったらしく、新はムショ帰りだとぶちまけます。これでこの話は頓挫しました😨。その上龍河は、優香と結婚するなどと嘘をつきます😈。

その優香も新に、彼女のことは諦めろ、と告げました。さすがの新も心が折れかけました😱。そんな新を見た葵は「これじゃあハンデをもらってるみたいだ😤」と新に真相を伝えます👍。警察に通報したのはあの人じゃありません!

新はすぐに優香の元に駆けつけて謝りました。自分のことしか考えなくてごめん。俺と長屋の間で苦しんでたんだよな?もう少し待ってくれ。俺はなんでもする。優香が何をしたって、俺は揺るがないから!長屋は俺がぶっ潰す!俺があの会社から絶対、自由にしてやる!もう少し待っててくれ!

戦闘開始

新は桐野に電話をし、再び長屋の株を買うよう命じました😎。これで総計8億になります。さすがに長屋の目に止まりました🎉。長屋は龍河と優香を連れて「二代目みやび」に乗り込んできます。心の中ではこう呟いていました。

目障りなガキめ。徹底的に潰したつもりだったが、お前の目標は俺の首だったのか。この年でこんな感情を味わうとは。実に面白い😏。

長屋は「一番得意な料理」を頼み、それを食べた後は、いかにも小馬鹿にしたように、新を敵とはみなさない、と言い渡しました。これはむしろ幸運だ😈。

でも新は「それは無理だ」と答えました。信念と気合、それが俺の生き方なので。歩みは遅くても一歩ずつ進んでゴールにたどり着いてみせる

早速、相川に連絡が行きました。これで「ミッション」は成功です。相川は、いつも自信たっぷりな新を「いけすかない👎」と言いながらもそれが魅力かも知れないと、新と組むことにしました🤗。会長と龍河を追い出す。よろしく頼むわね、パートナー😉。

まとめ

桐野と相川という味方が前面に出てきてますます面白くなってきましたよね💕。店や味の改良だけではちと物足りないですものね💦。でも来週はまたあの刑事が出てくるようで😨?続きもとっても楽しみですね😍。

六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~ 1 (piccomics) Kindle版
関連記事
 0

COMMENTS

六本木クラス