韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

竜の道-二つの顔の復讐者 ネタバレと感想 第1話 衝撃の冒頭シーンは何を意味する?

2020/07/29
竜の道-二つの顔の復讐者 0
竜の道 玉木宏 高橋一生 遠藤憲一

玉木宏さん&高橋一生さん主演の復讐劇、【竜の道~二つの顔の復讐者】を見始めました。初回は2時間で、当初予定の1話と2話を合体させたようでしたね。いかにも復讐劇らしい雰囲気がよく出ていて楽しかったです。主役のイケメン2人ももちろんですが、悪役に遠藤憲一さんと西郷輝彦さんを持って来たのがまた良い相乗効果を生んでいましたね~。遠憲さんはも~いかにも悪そうですし、西郷さんはいかにもヤクザの大親分らしく義侠心が見え隠れして

以下ネタバレのあらすじです竜の道のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

主人公は矢端竜一(玉木宏~佐藤秀明@あなたには帰る家がある)とその双子の弟の竜二(高橋一生~我聞慎二@凪のお暇)です。ドラマはこの竜一が竜二を撃つという衝撃的なシーンで始まりました。いったい二人に何があったというのでしょうか?

その竜一と竜二は赤ん坊の頃捨てられていたのを、福岡で小さな運送会社を営んでいた吉江夫妻に引き取られました。その後夫妻には美佐という女の子が産まれましたが、3人はとても仲が良く、一家は幸せに暮らしていたそうです。吉江は竜一と竜二に会社を継がせようとしていたのだとか

その幸せをぶち壊したのはキリシマ急便社長の霧島源平(遠藤憲一~武藤泰山@民王)です。元々は広島で始めたキリシマ急便を全国展開するために、ありとあらゆる手段を用いて競合他社を潰しました

追い詰められた吉江夫妻はついにガス自殺をしますキリシマめっ!( `ー´)ノ。吉江夫妻は竜一と竜二に礼を言い、美佐のことをよろしく頼むとの遺書を残していきました

竜一と竜二は警察に源平を訴えましたが、警察では手が出せないと断られてしまいます。それでも竜一は霧島源平を許すことができず、ナイフで源平を刺そうとしたものの、取り巻きにあっさり突き飛ばされてしまいました。その時顔にひどい怪我をしたそうで、その怪我は大分後まで残っていたらしい

それから7年後、竜一は復讐のために自らをこの世から抹消しました。自殺をしたがっていた斉藤一成という男性の自殺を助けて戸籍を手に入れ、彼に成り代わったのです。その事は最初は竜二にも内緒でした。斉藤になるために整形手術をして顔も変えたそうです。そして数か月後、竜一は竜二の前に姿を現しました。

竜一はゴシップ雑誌の編集者として裏社会を探り、竜二は国交省運輸局のエリート官僚として源平の悪事を暴こうとします。その頃美佐(松本穂香~浦野すず@この世界の片隅に)は、働きながら大学で学んでいたそうです。

ある時キリシマ急便の社員が過労死しました。かねてより源平の息子で東大出の(細田善彦~宮城遼一@3年A組)は再三再四父に労働条件の改善を進言していたのですが、源平は耳を貸さなかったのです。キリシマ急便はこれまでにも3度、法令違反の認定がされて事業停止の行政処分を受けていたらしく、竜二はこの機に「特別監査」を入れるべきだと意気込みました。竜二はこんな時のために上司に「女」をあてがって恩に着せていたのです

竜二は早速遺族に会いに行きました。が、妻は過労死を否定します。既にキリシマから圧力をかけられていたのです。でも竜二は、役所は案外味方だと言って、妻の警戒心を解こうとしました。それで妻はようやく亡き夫の労働時間を明かしてくれます。

ところがこの妻が裏切りました。キリシマ急便から多額の見舞金を提示されたからです。後を追ってきた竜一は、ズバリ密告を指摘しました。竜二が部屋を訪ねた際に盗聴器を仕掛けてきたようですね。

いけませんか?何をしてももう主人は帰ってこないんです!!

竜一は、この会話は録音したと言って妻に大金と弁護士の情報を渡しました。その金で闘ってください

一方の竜二は特別監査に着手しました。源平は反対して大騒ぎしましたが、晃は過重労働を認め、証言を申し出ます

ところが、蓋を開けてみたら、処分はたったの30日の事業停止に終わってしまいました。そこで竜一は竜二の上司を脅します。源平は国交省の大臣=増本に手を回し、賄賂を渡して過重労働をもみ消してしまったそうなのです

この事実が明るみに出れば、逮捕されるのは大臣じゃなくてあんただ。さあどっちにする?逮捕か、正義の内部告発者か?

上司は後者を選びました

そこへ今度は巨大ヤクザ組織の会長=曽根村始(西郷輝彦~島本博@ノーサイド・ゲーム)が近づいてきます。曽根村は竜一が働いていた日日タイムズの大野木という男のボス的存在でしたが、その縁で竜一を知って以来、ずっと竜一に興味を抱いていたのだそうです

竜一が曽根村にすべてを明かすと曽根村は鼻で笑い飛ばしました。復讐なんてお前には無理だ。まだまだ力が足りねえよ

竜一が助けてほしいと申し出ますが、竜一の全財産5千万では桁が足りないと拒否されます。

圧倒的な力と圧倒的な金のどっちもねえなら、恨みなんざ忘れるしかねえな。

そんな竜一の前にその「圧倒的な金」が転がり込んできました。心臓に持病を持つ大野木が、竜一の前で発作を起こしたのです。竜一はニトロを目の前にしながら大野木を見殺しにしました

さすがの竜一もこれには良心が痛んだらしく、10億という金を持ってブラジルへ行き、8年間戻ってこなかったそうです。帰国した時は、曽根村が用意した和田猛という偽名でUDコーポレーションというIT企業の社長になっていました。その正体を知るのは、ブラジルで知り合ったハッカーの遠山凛子(奈緒~尾野幹葉@あなたの番です)だけです。

一方の竜二は本省の室長に出世ししていました。かたやキリシマは業界上位の大企業に成長したそうです。晃は過重労働の件以来、父親のやり方に不満を持っているそうで、竜二を信頼していたそうです。また晃の姉はフードコーディネーターをしていたそう。

絵に描いたようなセレブ一家となった霧島家を潰すため、竜一は手始めに「トッキー・ビーンズ」というネット通販会社を狙いました。ここはキリシマ急便の得意先なのだそうです。

手始めにUDコーポレーションのクレームサイトに、「トッキープレミア豆腐に虫が混入していた」と投稿し、これをSNSで拡散させました。いや~これはドラマだからいいけど、怖い世の中になりましたよね。しかも凛子はトッキー・ビーンズの顧客情報もハッキングして盗み出します。その結果、トッキー・ビーンズの株価が暴落しましたが、社長の時任は謝罪会見を開こうとしません。

気の毒なのは、いかにも人の好さそうな担当者の砂川林太郎(今野浩喜~徳本卓也@テセウスの船)ですよね~。砂川は、社長で大学時代の友人でもある時任に恩義を感じていたようですが、竜一は、本当に会社のためを思うなら社長を説得するべきだと促しました。果たして竜一は次にどんな手を打つつもりでしょうか?

幼い頃に仲の良い兄妹として育った竜一&竜二と美佐の恋バナもありそうですが、そこはできればサラリとお願いしたいですよね。竜一のことは「お兄ちゃん」、竜二のことは「竜二君」と呼んでいたことからして、美佐は竜一が好きだったのでしょうが、今ではすっかり悪に染まった竜一としては、陰ながら見守るしかできんでしょうし、竜二は美佐を女性として見ていたようですし~それが高じて最初のシーン、ではいかんですよね

竜の道」は来週の放送も楽しみですね

 
竜の道(上)(下) (幻冬舎文庫) [ 白川道 ]

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.