韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

最愛 ネタバレと感想 第1話 真犯人は誰だ?

2021/10/16
最愛 0
最愛 吉高由里子 井浦新 松下洸平

吉高由里子さん主演の金曜ドラマ、【最愛】を視聴しました💜。なんとな〜く雰囲気が湊かなえさんっぽいのかな、と思ったら、原作じゃなくて脚本が湊かなえ作品(夜行観覧車Nのためにリバース)をドラマ化した方=奥寺佐渡子氏なのだそうですよ。どーりでいい雰囲気が漂っていました👌。以下早速ネタバレです最愛のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

15年前の岐阜

陸上部男子寮

最初の舞台は15年前の岐阜県です。主人公の朝宮梨央(吉高由里子〜矢神楓@危険なビーナス)は当時高3で継父の達雄(光石研〜相原茂@私の家政夫ナギサさん)とその息子、つまりは異母弟の(柊木陽太)とともに、白山大学陸上部男子寮で暮らしていました。達雄がここの寮夫をしていたのです。梨央は高校生ながらにして、寮生たちのマネージャー的存在でした🌸。中でもエースの宮崎大輝(松下洸平〜加々見崇@MIU404)とは相思相愛だったようで💕、大輝が出場する全国大学対校駅伝競走大会の東海地区予選で、ライバルの皇學館大学を破って勝ち抜くために「お守り」を渡していたそうです。

このお守りの効果は絶大で、白山大学は見事に優勝しました🎉。梨央は優勝が決まったら大輝に告白しようと決めていたらしく、皆の前で&大声で叫ぼうとしますが、肝心の大輝に遮られてしまいます😅。大輝の方も、梨央が希望する大学への推薦入試が終わったら告白しようとと決めていたらしいのです。それで梨央にもらったお守りを、今度は梨央に渡しました。めっちゃご利益あるな、それ😏。

びまん性軸索損傷

梨央は東京の薬学部への進学を希望していました。弟の優は、梨央が目を離した隙に怪我をして記憶障害が残ったため、何としてもそれを治してやりたかったのです。一方の大輝も既に東京への就職が決まっていたそうです。達雄はそんな二人の仲を察していて、東京へ行ったら梨央をよろしく頼むと大輝に伝えました。

その記憶障害の正式な診断名は「頭部外傷によるびまん性軸索損傷」だそうで、主な症状は「カッとなりやすく、すぐに暴力を振るうが、そのこと自体を忘れてしまう😈」ことです。

悲劇の始まり

そんな順風満帆だったふたりを悲劇が襲います💀。達雄の留守中に梨央が襲われたらしいのです😨。相手は渡辺康介(朝井大智)と言って、陸上部員の長嶋透(金井成大)の友人で白山大学の院生です😡。寮生たちが16年ぶりの優勝を祝い、寮で酒を飲んで大騒ぎしていたところにやってきたのです👎。

それから翌朝、まだ夜が開ける前に梨央が目を覚ますまでは何も明らかになってはいません。確実なのは梨央が腕に怪我をしていたにもかかわらず、この間の記憶を失ってしまっていたこと、達雄が懐中電灯を持って息を切らしながら外から帰ってきたこと、泥だらけの長靴を脱ぎ、まだ暗いのに血のついた何かをたくさん洗濯していたこと、そして梨央に「大丈夫なのか?もう少し早く帰っていれば・・・ごめんな」と語ったこと、だけです。そして例のお守りは、梨央がどんなに捜しても見つかりませんでした。前日までは持っていたそうなのに。また優の携帯もこの時から紛失しています😎。

翌日は梨央の推薦入試の試験でした。達雄は梨央を駅まで送って行きます。梨央は出かける前に、廊下で「血の痕」を見つけましたが、急いでいたのでそのままになってしまいました。達雄は梨央に、大学へ行ったら楽しく暮らせと伝えます。何があってもお父さんは梨央と優を守るから💐。どーんと行ってこい!合格間違いなしや!!😁

そう言って梨央を送り出した達雄が、その日、梨央の帰りを待つことなく、くも膜下出血で倒れました😨。すぐに入院したものの1週間も経たないうちに亡くなったそうです。梨央が、優の祖母の長岡恵(茅島成美〜木村珠代@ハコヅメ〜たたかう!交番女子~)とともに葬儀の準備をしていると、渡辺康介の父親=(あきら、酒向芳〜緒原正@リコカツ)が訪ねてきました。康介がまだ家に戻ってきていないのだそうです。梨央は、康介が寮に来たことは覚えていたため、その表情に変化があったらしく、昭はしつこく梨央に食い下がりました😔。あんた、名前何ちゅうね?😠

その夜、梨央は葬儀に使う写真を探すためにアルバムを見ていて、袋に入った血まみれのシャツを発見しました。あの日、着ていたシャツです。それでかすかな記憶が蘇りました😲。寮にやってきた亮介が梨央を引きずって運び「怖くない、朝になったら全部忘れている💀」と嘲笑した様子です。コイツも一度は薬学部を目指したらしいので、何か薬でも盛ったのでしょうか😡。梨央は達雄の遺体に問いかけます。私、取り返しがつかんことしたの?何があったか、知っとるんやろ?教えてよ😭。

その後梨央は、東京にいる実母の真田梓(薬師丸ひろ子〜マリー@いだてん~東京オリムピック噺~)に引き取られることになりました。弟の優も一人で大丈夫だと送り出してくれたのです💜。梨央は、必ず立派な研究者になって優を治すと誓いました。

また大輝は梨央に告白します。お前が好きだ❣️。梨央は寂しげに微笑んだまま立ち去ろうとしますが、大輝はその腕を取って抱き寄せました。梨央はたまらず泣き出します。元気出せ、梨央!

別れ

梨央が上京する日は、ちょうど全国大学対校駅伝競走大会の日でした。それで梨央は皆に、大輝には黙っていてくれと頼んだそうです。転居の手続きは全て、梓の会社、真田ホールディングスの弁護士=加瀬賢一郎(井浦新〜安西誠@路~ルウ~台湾エクスプレス)がしてくれました。その日も梨央に付き添ってくれます。

タクシーの中で梨央はラジオに聞き入りました🎶。白山大学の目標はシード権の獲得です。ちょうど大輝が走り始めた頃、梨央の乗ったタクシーはそのコースの近くを走っていました。ぐんぐん追い上げていく大輝の様子に実況にも熱が入ります。白山大エースの宮崎が順位を押し上げてきました!まだまだ上を狙っていきます!!梨央はもう我慢できませんでした💢。加瀬に断ってタクシーを降り、大輝の姿を見に走ります。すぐに戻ります!梨央は歩道橋の上から、この熱戦を見守りました😻。

ついに悲願のシード権内に入ってきた!!まだまだ上がる。白山、6位に上がった!!6位に上がりました!!

注:シード権を獲得できるのは8位入賞です🐒

大輝が次のランナーに襷を渡し、中継所で倒れ込んでいた頃、陸上部の応援に来ていた女子学生たちが梨央の姿を目にしました。それで大輝に知らせに行きます👍。内緒にしておくよう言われたけれど・・・。大輝は、残った力を振り絞って起き上がり、梨央を捜しに走り出しました

その頃梨央はタクシーに戻っています。加瀬は、上京するのは明日でもよいと告げましたが、梨央は、もうさよならは言ったからいいと答えました。そしてその言葉通り、その後は梨央から大輝に連絡が来ることはついぞなかったそうです😿。

15年後の東京

2つの殺人

大輝は警視庁捜査一課の刑事、そして梨央は新薬の開発を行う「真田ウェルネス」の代表取締役社長となっていました。その二人が「渡辺昭」が富山で遺体で発見されたことを機に再会を果たします。しかも10日前には渡辺康介の遺体も富山県警の管轄内で発見されていました😨。その富山県警には、学生時代、陸上部で大輝の後輩だった藤井隼人(岡山天音〜土井蓮太郎@同期のサクラ)が勤務していたそうで、大輝は藤井に連絡を取ります。親子とも誰かに殺されたってことですか?😵

藤井が送ってきた遺留品の資料には「あのお守り」が写っていました😱。また渡辺が殺される前に真田ウェルネスを訪れていたらしいことから、大輝は早速、梨央に話を聞きに行きます。でも梨央は大輝を認識しておきながら「はじめまして」と答えました😔。

梨央の敵対勢力

社長となった梨央には「敵」がいたようです。後藤信介(及川光博〜高原浩之@ドラゴン桜)という真田ウェルネスの専務です。後藤は橘しおり(田中みな実〜双葉美羽@ルパンの娘)というジャーナリスト?に梨央を調べるよう命じていました😈。橘は既に渡辺のことを嗅ぎつけています。また梨央の兄の真田政信(奥野瑛太〜根津@TOKYO MER-走る緊急救命室)も、ずっと離れて暮らしていた梨央に良い感情を抱いていなかったようでした。

まとめ

これを素直に受け取ると「梨央が康介を殺し、達雄が遺体を山に埋めて隠蔽した」「息子を殺したのが梨央だと思い込んだ昭を梨央が殺した」が普通なのでしょうが、も〜しかするともう2捻りぐらいあるかもしれないので、決めつけずにおきました😎。第1の殺人は「すぐに記憶を失ってしまう優」が犯人で、第2の殺人は「その他大勢の中の誰か」によるものかもしれませんからね🐒。

も〜しょっぱなからあれこれ妄想できちゃうなんて超楽しいです😻。はた迷惑なのは百も承知ですが、このためにブログをしていると言っても過言ではないので😅、お心を広〜くして見守ってくださると嬉しいです🙇‍♀️。続きもとっても楽しみです❣️。

関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》