韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

スカーレット ネタバレと感想 第15週(#85~90) あ~モヤモヤする!

2020/01/18
スカーレット 3
スカーレット 戸田恵梨香 松下洸平

戸田恵梨香さん主演の朝ドラ、【スカーレット】の第15週は「優しさが交差して」です。

言いたいことは分かりますが、実にモヤっとしていましたね~。朝ドラは毎朝スカッとさせてくれるのが役目(爆)なのに、あまりにもやもやしすぎて毎朝見るのが億劫になってしまったほどです

早く喜美子がこのモヤモヤを打破してくれることを願うばかりでござりまするが八郎が好かんわ~(;´Д`)。最後の最後、そんな兆しが見えていたのはせめてもの救いでしたね

以下あっさりネタバレのあらすじですスカーレットのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

要するに、これまで夫婦間でなんとな~くモヤモヤしていたものが、一旦は常治の死で納まったものの、根本的に解決されたわけではないため、またしてもここに来てより一層モヤモヤモヤ~っとしてきた訳です

そこをあぶりだしているのが弟子の松永三津です()。三津は八郎が喜美子に劣等感を抱いていることを直感的に見て取り、何とかそれを払拭して頑張ってほしいと協力している(と思われる)のですが、三津が関われば関わるほど、今度は喜美子がモヤっとしてきちゃいます

喜美子は、銀座の個展も、そんなに悩むなら辞めた方がいい、いっそ何もかも辞めてしばらくのんびりすればいいと勧めますが、三津は何としても個展を成功させようと励まします。東京では今ディナーセットが流行りだそうで、それに近い物を作れば評判になるのではないかと助言しました。

八郎がそうした作品を作っているのを見た喜美子は、置いてけぼりを食らったように感じます。え?辞めろっていうたやん?今作っているそれは何??

それ以外でも、毎日喜美子は三津を通して八郎の話を聞かされます

ハチさん、三津には何でも話すんやね

喜美子は銀座の個展に自分もついていくと言い出しますが、喜美子には、以前声を掛けてくれた橘から絵付け小皿200枚の注文が入っているのですから行けるはずもありません

そこへ、深い意味ははないのでしょうが、三津が個展に行きたいと言い出しました。八郎は、女性を連れて行くわけにはいかないと断りますが、三津は逆に、女性扱いしてくれるのが嬉しいと語ります。これはもはや「よろめきドラマ」以外の何物でもありませんよね

今後は「飼い犬に手を噛まれる」的なパターンが待っているのでございましょうか。おばさんはニャンコが大好きだから差別用語は使いたくないんですが、つい、 「このドロボー猫っ!!人の旦那を取るなっ!! と言いたくなっちまいます。なんだか、昔の「あさが来た」のふゆを思い出しますね~

女心を熟知した新次郎は決してよろめかなかったけれど、この八郎は免疫なさそうで心配ですよね。シッカリ者の喜美子は僕がいなくても大丈夫、とか言いそうじゃありませんか

もし喜美子を裏切ったりしたら常治が化けて出てくるから覚悟しいやっ!!許さんでっ!!( `ー´)ノ

一方で、ようやく信作が一念発起して、百合子との結婚を申し込みに行こうとしていました。プロポーズを受けた百合子が酔っぱらって「ちみつ、ちみつ(秘密)」とへらへら笑っていたのは可愛くて和みましたね~

が、そこに直子が、しかも妊娠したと言って戻ってきます。実際は金を無心に来ただけで妊娠は嘘だったのですが、そのせいで信作は後回しにされてしまいました。これはこの後も何度か似たような目に遭わされるようですね

いきなり大きなおなか(砂袋)を抱えて戻ってきた直子を、あのおとなしい、しかも合唱のしすぎで声が出ないマツが、箒を持って追いかけまわしたシーンも大笑いでしたマツ可愛い~( *´艸`)

まだ幼い息子に1足12円で靴下を繕わせるほど経済感覚がシッカリしている喜美子が、金ならあるから心配するな、と直子を励まします。百合子もまた、今は働いているから用立ててあげるとニコニコしながら語りました。いいですね~この3姉妹は仲が良くて

「夫婦の危機もどき以外は楽しい1週間でした

でもその危機も、喜美子自身が何かを吹っ切る気配も見えてましたね

今回喜美子は次世代展に落選したそうで、皆の前では「当然だ」と平気なふりをしていましたが、心の中ではメラメラと闘志が燃えていたようなのです

そうそう、以前信作が指摘したように「内助の功」などと言っている喜美子は喜美子やないで~っ!八郎ならそんな喜美子の才能にも理解を示して伸ばしてくれると思うたからこそ結婚を許したんやっ!!八郎、シッカリせんかっ!!(って誰やねん

なんとか来週にはこのモヤモヤが晴れてくれることを願うばかりでござりまする

連続テレビ小説 スカーレット Part1 (2) (NHKドラマ・ガイド)
関連記事

Comments 3

There are no comments yet.
こん

Fさんへ

拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、そうですよね~。

なんでここに不倫もどきを持ってくるのか理解に苦しみますわ。
せっかく八郎はイイ男のはずだったのにvv。

よろめかないでくれるといいですね~( ;∀;)。こん

2020/01/19 (Sun) 06:45

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/22 (Wed) 21:52
こん

ローズマリーさんへ

それで納得です

ローズマリーさん、こんにちは♪

なるほどね~それで納得です。

ファンの方には大変申し訳ないのですが、
自分的には、八郎はなんとな~く危ない気がしていました。
一途なだけに、どこかでよろめくのではないか、と。

だから本当は信作と喜美子が一緒になってほしかったんですよね~。

それが「演出」だったのですね~。
アタイの勘は正しかったわけですね(苦笑。

でも、最初の頃は、信作と結婚するのでなければ、
喜美子は一生独身なのだとばかり思っていたのですよ。
それで陶芸の道を究めていくのだろうと。

当分は「よろめき」に目をつぶって(黙り込むかも)
そこを楽しみにするしかないですかね~(;´Д`)。

ま、そうならなければ一番いいですけどね(^_-)-☆。こん

2020/01/23 (Thu) 07:29