韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

七人の秘書 ネタバレと感想 第3話 おばちゃんを舐めんなよ!

2020/11/06
七人の秘書 0
七人の秘書 江口洋介 室井滋

中園ミホ氏脚本の痛快"秘書"ドラマ、【七人の秘書】は3話もスカッとしましたね。また室井さんがイイ仕事してますね~

冒頭に出てきたあの男は何をもって「働く」と定義しているんですかね。外に出て金を得ることだけが「働く」ではありませんよ。そんなことも分からないジ〇イこそ、目障りだからステイホームしてろってなもんです七人の秘書のネタバレ感想行きますよ~(^^)/

以下早速ネタバレです

今回のターゲットは、朴が院長秘書を務めている某有名大学病院の院長=西尾忠彦(大和田伸也~有原正太郎@病院の治しかた)とその息子の直哉(忍成修吾~野沢琢磨@刑事のまなざし)です。

ある時、朴が憧れている内科医の三好麻里(松本若菜~尾形万智子@SUITS)が、患者から現金入りの菓子折りを受け取ったと疑われて謹慎処分となりました。でも朴は、その菓子折りを用意したのが西尾院長だと知っています。実際に注文をしたのは秘書の朴だったからです。三好は後に解雇を言い渡されました

三好は患者からの評判も良く、次期内科部長とも噂されるほどの名医だったため、同じく内科部長の椅子を狙っていた、こちらはヤブの直哉が嫉妬したに違いない、そう考えた影の軍団は、早速、直哉に探りを入れることにしました。女好きな直哉に口を割らせるため、手っ取り早く「合コン」を提案します。最初はこちらの都合上、3対3と提案したのですが、相手が4対4にしたいと言ってきたため、仕方なく、でも鰐淵ではなく、照井が急遽参加することになりました

ふてくされた鰐淵は、雀荘で燃えに燃えまくります。これも実は後で役にたったのだから素晴らしい

でも合コンでは肝心なことは何も聞き出せませんでした。それで次は朴が、西尾院長と功労大臣および財務大臣・粟田口十三の密会場所に盗聴器を仕掛けてきます。そこへもう一人、医大専門の予備校校長が加わりました。後に朴がハッキングして調べたところ、院長とこの校長が手を組んで、裕福な親に裏口入学をあっせんしていたことが判明します。もちろん直哉も裏口です。

直哉自身がそれに気づいていなかった=実力だと誤解していたのには苦笑しきりでしたね。また萬は司法書士として三好の解雇を撤回させます。鰐淵が入り浸っていた雀荘に現れたナイスミドルの紳士(津村和幸~岸田聡@テセウスの船)が、院長に頼まれて現ナマ入りの菓子折りを用意したのだそうです。せっかくちょいとイイ男だったのに、惜しいことをいたしましたね

合コンで、照井が襲われそうになったのを見て、相手の男をボコボコに殴りつけた長谷が、怒りのあまり直哉を階段から突き落とそうとしたのを止めたシーンは良かったですよね。暴力はよくない

朴の母親は韓国人ですが、父親は日本人だそうで、朴はその血を受け継いで医者になろうとしていたのに、母が病気になったために断念せざるを得なかったらしいです。となると~いつかはその医者の父親が登場するかもしれませんね。

それ以外では、望月はかつて銀座のナンバーワンホステスだったことも判明しました。確かにホステスさんと秘書には共通点が多いかもしれませんね

萬は粟田と深い因縁があるようでしたし~続きもとっても楽しみですね

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》