Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

シッコウ!!〜犬と私と執行官〜ネタバレと感想 第4話 全てが善悪では割り切れない

伊藤沙莉さん主演のリーガルエンターテイメント【シッコウ!!〜犬と私と執行官〜】も、楽しむ反面、やっぱり「胸をざわつかせながら😨」見ています。どう考えても、借りたものを返さない方が悪いと思いつつ、でもだからと言って、すべてを犠牲にしてまで返さなくちゃいけないのか🤨、と思うと、やっぱり胸がざわざわしちゃうんですよね😓。その反面、こちらは期待通り、吉野と小原の関係はすっごくイイです😍。以下あっさりネタバレですシッコウ!!のネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

好みのタイプ

今回の小原の執行の相手はシングルマザーで2人の子供を育てている山家佳菜江(さとうほなみ〜綾瀬りく@六本木クラス)です。偶然、立会人が体調不良だと聞いた吉野は、執行官の仕事も案外捨てたものではないかもしれないと思い始めていたこともあり、早速小原を手伝うことにしました🤗。小原は手放しで喜びます。でもまだ「年の離れた友情」の件は了承されていません😅。

また小原は山家が好みのタイプだったようで、そこでも小さな喜びを感じていたようです😁。「亡くなった夫」に似て優しいなどと仄めかされたのですから尚更ですよね。吉野はそんな小原を見て、いかにも微笑ましいとニンマリしていました🤭。

嘘つきママ

ところが、この山家がとんでもない嘘つきだったことが発覚します😨。差し押さえの3日前に、小原が差し押さえた動産をすべて持ってトンズラしたことが分かったのです😱。しかも周囲には、事情があって実家に帰ることになったなどと吹聴していましたし(実家に帰ってなどいなかった)、死んだことになっていた夫はまだ生きていたのだそうです😫。

しかもその後、山家は他の債権者からまた執行を申し立てられます👿。小原は、今度こそ返り討ちにしてくれる👊!と意気込みました。吉野もまた執行補助者として参加してくれます。長窪桂十郎(笠松将〜幸吉@らんまん)が吉野をスカウトしたのです❣️。

山家の本音

山家はでも、小原の姿を見ると意外と素直に、今度こそ売却に応じると承知しました。その一方で、なぜ自分が今のような境遇になったのかを吐露します。離婚した夫は家事を一切手伝わず、山家を一方的に責めるモラハラ男だったのだそうです。そんな夫ならいない方がマシだと山家は離婚に踏み切ったのだそう。でもそれでお金も入ってこなくなったのかな😅。

小原は、役所に相談してみたらいいと助言しました。社会福祉協議会の審査に通れば、無担保かつ連帯保証人なしで、低金利の借り入れができるかも知れないのだそうです。

すると山家はおもむろにこう問います。税金は何に使われているのか?なぜ家事に還元されないのか?なぜ普通に幸せになれないのか?

幸せになれる言葉

やはり自分も母と二人暮らしだった吉野は、昔母親と3日に1度でもいいから「ありがとう」と伝え合おうと約束したそうです。家族はそれだけで幸せになれるから。吉野は山家にそう伝えました🌹。

女性執行官

またドラマでは、女性の執行官が皆無だと紹介されました。実際にも、今年の春にようやく一人誕生しただけだそうです。その理由は、執行を行う際に暴力沙汰になったり、やはり「胸がざわざわしたり」する場面に遭遇するからかも知れません。

まとめ

ありきたりな言い方ですが、やはり「幸せ」になれるかどうかは、個々人の考え方も大きいような気がしますよね。モラハラ夫は論外だけれど、一応生活費は稼いでくれていたんだろうし、山家もその感謝を伝えていれば、あるいは夫も少しは手伝ってくれたかも知れないのに、とついつい思ってしまいます。ま、実際は意地悪なヤツだったんだろうけどね😓。

それと〜税金を家事に還元するという考えは目から鱗でした😲。家事を給料に換算する話はよく聞くけど、税金を使うのは考え付かなかったですわ。でもその税金払うのも国民で、余程裕福な家庭じゃない限り&生きている限り「家事」は一生ついて回りますけどね😈。これはおばさんの持論なのだけれど、やっぱりね、家事は、男女&年齢の別なく、誰もが当たり前にできるようにした方が良いですよ。だって生きる基本〜自立の第一歩だもの😎。

関連記事