テセウスの船 最終回 ネタバレと感想 温か~い家族の絆の物語

竹内涼真さん主演の日曜劇場、【テセウスの船】もついに夕べが最終回でした。途中で色々思わせぶりが出てきて、実に面白かったですよね。あの内容なら、いっそのこと拡大版よりあと1話ぐらい延長しても良かったのではないでしょうか


以下ズバリ犯人のネタバレですikari


みきおの共犯者=黒幕は田中正志でした。また12年前の音臼祭で毒キノコを誤ってキノコ汁に入れてしまったのは正志の母親だったそうです


当時文吾は誰かが間違って入れたのだろうと考えて、これを「事故」として処理しようとしたらしいのですが、ちょうど議員に立候補しようとしていた田中の父親=義雄が、村民への点数稼ぎで、必ず犯人を捜せと命じたのだそうです


それで文吾が調べたところ、義雄の妻が浮上しました。義雄は慌てて県警に掛け合い、妻が罪に問われぬようもみ消そうとしたのだそうです。でもそれはさすがに聞き入れてもらえなかったようです。


ここは明確にはされませんでしたが、おそらくはその結果、文吾は不本意ながらも表彰されてしまい、馬淵はそれを苦々しく思っていたのでしょう。正義の味方気取りが一人の主婦の過ちを「犯罪」として暴いた、と


その後義雄は「不名誉な妻」を捨てて議員に立候補したようですね。一方で義雄の妻は散々苦労した上、体を壊してすぐに亡くなってしまったそうです。


また正志と妹は、どこへ行っても「殺人犯の子」と非難され、苛められていたそうです。その結果、妹は自殺してしまったらしい


その時まではでも正志も文吾を恨んでいたわけではなかったらしいです。その後は仙台で暮らしていたそうですが、義雄の目が見えなくなったと知って音臼村に帰ってきました。


そこで偶然出会った文吾から、「家族は大事にしねえとなと言われたことがどうにも許せなかったのだそうです。


許せない。俺の家族をぶっ壊した文吾とその家族に同じ地獄を見せてやる!


正志はこの時そう誓ったのだそう。それで、鈴を思うあまりに文吾が邪魔になったみきおと協力したのだそうです


いや~点数稼ぎしたのは文吾じゃなくてあなたの父親ですから


正志は、逮捕されて拘留中の文吾に一冊の本を差し入れし、そこの文字に赤丸を付けて「罪を認めなければ、家族を皆殺しにする」と脅したそうです


それで文吾は仕方なく罪を認めました。面会に来た和子と心にもそう伝え、子どもたちには父親はいないと言え、と語ります


これでは以前の過去の繰り返しだ~心は何とかして文吾の無実を証明しようとします。それに使われたのが「タイムカプセル」でした。文吾は30年後の家族に宛てた手紙を書いていたのだそうです


タイムカプセルを掘りだして手紙を読んだ家族は、そこから文吾の優しさをひしひしと感じました。父さんは犯人じゃない!


和子も子どもたちに教えられたと反省します。


そんな折、意外にもみきおが文吾を助けてくれました。文吾が殺人犯として逮捕されたことで鈴が苛められていると知ったからです。


みきおは心を呼び出して(共犯者以外の)すべてを語り、それをボイスレコーダーに録音して青酸カリを飲みました。


心はこれを証拠として馬淵と森に渡します。森は文吾を疑ったことを恥ずかしく思ったようですが、馬淵は「警察の威信」にしか興味がないようです。やはりコイツこそ正義の味方を気取った卑怯者でやんすね


こうして文吾は無事釈放されました。それで警察官の格好をすることができたのですね。


その文吾に犯人が手紙を送ってきました。これをいち早く見つけた心は文吾を助けるために、文吾に黙って犯人の呼び出しに応じます


が、これは犯人=正志の罠でした。正志は心を他に誘き出しておいて、文吾を陥れようとしていたのです


文吾は心がいなくなったと聞き、心らしい人物が行き倒れているとの通報を受けて慌てて捜しに行きました


そこで文吾は正志に刺され、前述した内容を知らされます。しかも正志は、既に心を殺したと嘘をついたのです


文吾は激怒して正志を殺そうとしました。が、それこそが正志の狙いです。正志はとにかく文吾を殺人犯人にして、家族を不幸のどん底に陥れたかったのです


文吾は最後の最後で心を裏切れない!と思い留まりました。心は文吾のことを「この人の息子でよかったと思える素敵な父親だったと語っていたからです


その上で文吾は正志にも温情をかけました。お前の苦しみに気づけなくてすまなかった


そこへ、和子から文吾の行先を聞いた心が駆け付けてきます父さんっ!!


文吾と心の絆への嫉妬も手伝ったのか、正志は再び逆上し、文吾に自分を殺させようとしました。それを止めようとした心が、代わりに刺されてしまいます


俺は家族の未来を守るためにここに来たんです。父さんと母さんと姉ちゃん、兄ちゃんに出会えたから俺は強くなれた


文吾は必死で叫びました。


死ぬな、死ぬなよ、バカ野郎!お前は俺の子だ、俺の息子だ!!


こうしてすべてが解決しました。心は未来から来たので、多分ここで死んでも関係ないんですよね。その後は一からやり直し~心が産まれるところから歴史が繰り返されたのでしょう


心は無事由紀に出会って結婚し、由紀はめでたく女児を妊娠しました。すっかり年老いた文吾と、穏やかな歳月を送ったおかげで妖怪にはならなかった和子、そして顔に痣のない鈴と、ようやく大きくなれた慎吾(澤部佑~今田修太@水族館ガール)が、ふたりを祝福します


文吾がふたりの子どもに「未来(みく)」と名付けたいと語ると、心が心底驚きました。俺が考えていた名前と同じだ!


みきおと木村さつきは養子縁組したようですが、その顔つきはまったく違っていて、ふたりでカフェを経営し、さつきのお得意の芋羊羹をふるまっていたようです


ナレーションでは、ギリシャ神話の「テセウスの船」のように、すべての部品が取り換えられた船は「最初の船」と同じと言えるのか、と問いかけています


当然「同じ」ですよね。人は自分の意志でいかようにもその人生を変えられるのですからね。ま、タイムスリップは無理ですケド


途中で石坂校長がめっちゃ怪しい雰囲気になって、真犯人は石坂の息子か?なミスリード展開には大笑いでした。いや~いくらなんでも「昌子ちゃんの大ファン」だった息子が今さら犯人はあり得んでしょ、と


ここは疎遠だった校長親子が、文吾と心を見て親子の素晴らしさを痛感して復縁したというオチでした。実際に親子と確信した訳じゃなく、どうしてもそう見えてしまうという解釈でしたね。


30年後に皆でタイムカプセルを開けてほしいという期待には応えてもらえませんでしたが、最初から最後まで、あれこれ妄想できてめちゃ楽しいドラマでした。おばさんの身勝手ではた迷惑な妄想にお付き合いくださいました皆々様には心より厚く御礼申し上げます


来期は待ちに待った半沢直樹だそうですからね。また是非ご一緒させてくださいませませ


~今週か来週あたりに時間が取れれば、久々に「春の新ドラマ」についても少し情報収集したいと考えていますので、よろしかったら時々覗いてみてくださいませね


←前回のレビュー



いつか原作も読んでみたいですね~


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 2件

コメントはまだありません
ヒデ  

どうも、こんばんわー ハッピーエンドで終わったけど文吾は何となくしんみりしてましたよね。目の前にいる心は間違いなく30年一緒にいる息子には違いないでしょうが、文吾の無実を晴らすために「平行世界から来た心」は死んでしまった訳で…(´・c_・`)どちらもほんとの息子だからやるせない気持ちもあるんでしょうね。差し入れの本のメッセージは馬渕がやったものだと思ってました。それで釈放されたときに後ろから睨んでたのかと思いました(^_^;) みきおも事件の犯人だったのに喫茶店経営者にーこの30年何があったんでしょうー。何しろ面白いドラマでした。まぁでも最後の最後に大人慎吾役のハライチの澤部に全部持ってかれた感じでしたね笑
来期半澤直樹でもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

  • 2020/03/23 (Mon) 21:35
  • 返信
こん
ヒデさんへ  
それもありかも!?( ゚Д゚)

ヒデさん、こんにちは~♪

最後はなかなか感慨深かったですよね~。
おっしゃる通り、ハライチには大笑いでしたが(爆。
確かに面影あるわ~( *´艸`)。

>差し入れの本のメッセージは馬渕がやったもの

あ~それもあり得ますよね~。あいつはとにかくひどい奴でしたわ。

昨夜寝ながら、そう言えば正志はどーなったんだろう、
みきおは子どもだから罪には問われなかったのかな~、
さつきが養子縁組をして後見人になったことで許されたんかな~
などとあれこれ妄想していました。

心も、確かにあの時亡くなったのでしょうが、
それから家族たちはどんな風に「心ジュニア」と関わっていったのか、などなど。

妄想の余地があるというだけで十分満足しましたが、
できればその辺も描いていただけると良かったな~と(笑。

そうそうついに半沢直樹ですね~。楽しみですね(^^)/。
こちらこそまたよろしくお付き合いくださいませね^^。こん