韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

白い濁流 ネタバレと感想 第5話 亡者の反撃

2021/09/20
白い濁流 1
白い濁流 伊藤淳史 西村まさ彦

伊藤淳史さん主演の社会派ドラマ、【白い濁流】の5話は「亡者の反撃」です。いや〜好並、ますますブラックになってきましたね〜😈。もはや北野も真っ青です😱。以下早速ネタバレです白い濁流のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

TMペプチドは僕のもの

好並は北野に「会社を辞めるのは止めた」と伝えました。アナフィラキシーショックを起こした少女と北野堂製薬のセクトームを今さら関連づけるのは不可能だ、それよりも「僕のペプチド」を社会のために役立てることの方がずっと有意義だと悟った😈。北野は退職の取り消しを了承しますが、TMペプチドの開発責任者は経営者である自分だ、と明言します。好並もまたこれを受け入れると同時に、母に渡した300万ではTMペプチドを渡せない、とやり返しました300万じゃ安すぎます( `ー´)ノ。以前北野が渡した職務発明報奨金通知書を白紙で叩き返します。僕は、TMペプチドの権利を手放すつもりはありません!😠

亡者の反撃

しばらくして葉子から電話がかかってきました。事故で亡くなった孝彦の携帯電話が見つかったのだそうです。そこには孝彦が撮影した動画〜好並と最後に争った会話が残っていました。が、それも一部だけで「争った理由」の部分は残っていなかったそうです💦。葉子は、孝彦は金に困っていたから持株を金に替えたいと無理を言ったのではないか、と想像しました。それを先生が止めてくれたんでしょう?好並はこの誤解を利用します😔。葉子には、君の想像通りだが、両親には黙っていた方がいい、と口止めしました😈。

その後好並は北野の命令通り、TMペプチドを使った健康飲料の商品化を目指して試行錯誤を繰り返していました。実際の商品化までは3年はかかると踏んでいたのに、北野はメインバンクから催促されてこれを1年早めることにします。好並がどんなに反対しても北野は耳を貸しませんでした。秋葉は以前、そんな北野から会社を奪おうとしてメインバンクと手を組んでいたらしいのですが、TMペプチドが来てからは北野が優勢になったと打ち明けます。好並は役員に働きかけようと試みますが、役員全員合わせても、持株比率は3割にすぎないのだそうです。残りは北野家が握っているらしい💀。

好並の脳裏に葉子とその母=芳子(とよた真帆〜結城美紀子@アライブ)の言葉が浮かびました。葉子は祖父から相続した株を持っているそうで、もし北野が好並を邪魔するようなことがあれば、自分に言ってくれ、と語り、芳子は、そんな葉子との結婚を考えてほしいと好並に打診してきたのです。もはや河原との将来を諦めた好並には願ってもない話です😎。

時を同じくして、葉子が孝彦の録音を聞いていると、母がその声を聞きつけて大騒ぎしました😨。それ、孝彦の声よね?あなた、孝彦の声よっ😻!!葉子は仕方なく「株の話」を伝えます。北野は、好並がをついていると確信しました。孝彦は、ああ見えて、北野に金の話をしたことなど一度もなかったのだそうです。よくも息子の名誉を汚してくれたなっ!お前とはこの会見が最後だ!!😡

切り札

その会見とはキングドリンクとの「TMドリンク」共同開発発表でした。好並はここで葉子との婚約を発表します。今後は「公私共に北野を支える」という言葉にマスコミは「後継誕生」と囃し立てました。北野は激怒し、会見後に好並を怒鳴りつけます💢。そこで好並は北野に真実を伝えました。孝彦が怒っていたのはセクトームの被害を隠蔽した北野と好並に対してだ。だから本当のことが言えなかった。そこへ葉子もやってきて、許してくれないなら家を出る、と北野を脅します。北野はもう何も言えませんでした😱。

柏木のプライド

山本は、約束通り柏木を助教にすると語り、調査委員会では口裏を合わせるよう命じました😈。山本は助手に全ての責任を押し付けることにしたのです👎。でも柏木はさすがに黙っていられませんでした👍。しかも山本は柏木の父親から長いこと「支援💀」を受けていたことが分かったのです😨。山本が以前から好並よりも柏木を優遇していたのはそれが理由でした

柏木は、データを改ざんしたのは自分であり、それを指示したのは山本だ、とぶちまけて大学を去って行きます。皆、腐ってる!😡 河原にも、セクトームのことを聞き出したのは、好並から研究を奪うためだったと正直に打ち明けて謝罪しました👌。KPメディカルの並木はそんな柏木を自社の研究員として迎えようとしますが、柏木はこれもキッパリ断ります。並木は研究者を「リソース」と呼んだからです。人材といえば聞こえはいいが、彼らが欲しがっているのは「会社のために都合よく使え、要らなくなったら捨てられる駒」だと知っていたから。

柏木は好並にもこの話を伝えますが、好並は柏木を「逃げた」と批判しました。俺はもう逃げない。

河原の粘り勝ち

身分を偽ったことで羽佐間に拒絶された河原は、それでもなんとかこの親子の役に立ちたくて、ネットで同じような被害がないかを調べました。投稿者の話を集め、実際にその製品を購入してセクトームが含まれていないか確認します。すると他にもセクトームでアレルギーを起こした被害者が見つかりました。彼らはエビアレルギーだったそうです😠。

河原は上司にこれを報告して報道の許可を得たのですが、北野堂製薬の営業部長で北野の腹心の森山直也(岡部たかし〜上條勇仁@桜の塔)がこれを察して上層部に圧力を掛けたため、直前で止められてしまいます😵。河原が羽佐間に正直に謝りに行くと、羽佐間は「泣き寝入りはしたくない」との覚悟を伝えてくれました👍。あなたと一緒に戦いたい!

感想

今の好並はただ「TMペプチドを守りたい」一心で、どこかにまだ純粋な気持ちが残っているかもしれないけれど、これが無くなった時が真の地獄ですよね💀。目的のために手段を選ばないうちに「本来の目的」を見失ってしまう🐵。困っている人を助けたかったはずの自分が、いつの間にか多くの人々を苦しませる(=騙す)道を歩んでいることに早く気づいてくれると良いのですが😔。

原作はこちら:新装版 白い濁流
関連記事

コメントをどうぞ♪ 1

There are no comments yet.
こん

Fさんへ

拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こちらも盛り上がって?参りましたね〜(^^)/。

ずっと「善人」で生きてきた好並ですが、今まで相当無理してたんですかね〜(^◇^;)。なんかイキイキしてませんか(苦笑。来週の展開も楽しみですね。こん

2021/09/22 (Wed) 10:15