Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

正直不動産2 最終回 ネタバレと感想 正直不動産よ、永遠に

山下智久さん主演の【正直不動産2】の最終回は「正直不動産よ、永遠に」です。いや〜終わってしまいましたね〜。寂しくなるのはさいちんだけじゃなく視聴者も同様ですね😭。以下ネタバレです正直不動産2最終回のネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

大規模開発プロジェクト

登坂不動産では、武蔵村山市にある2万坪の広大な有休農地を買い上げて巨大な物流倉庫を作るという壮大なプロジェクトを、密かに&着実に進めていました。農地転用の許可を得る作業は登坂と大河に任せ、永瀬はただひたすら80軒の地権者を訪ねて売却の説得にあたったそうです。

その6年がかりの地道な努力がようやく実を結ぶことになりました🎉。なんと地権者とゼネコンからの仲介料を合わせると、2億6000万円の利益が見込めるそうです😍。

永瀬はこの機会に榎本にプロポーズしようと考えていました。たくさんのご馳走を作って彼女の帰りを待ち、プロジェクトが終わったら「大事な話」がある、と伝えます。もちろん榎本もそれが何を意味するのか気づきますが、心は「NY栄転」との間で揺れ動いていたようです💦。

ミネルヴァの妨害

登坂のプロジェクトを知ったミネルヴァでは、早速「妨害工作」が行われました👿。神木は、前回その「しもべ」となった鴨川が武蔵村山に土地を所有していたことから、地権者の狭山純一(野間口徹〜熊井崇@それってパクリじゃないですか?)という中学教師についてあれこれ聞き出したようですね。

狭山は、永瀬が説得した時も「安全じゃ腹はふくれねえ😎」とのたまい、その接待にも相当金がかかった銭ゲバクソ教師👎だそうで、神木はこの狭山にテキトーな口実を与えて売却をやめさせようとします。物流倉庫などできたら、大型車両が通ることになり、子供たちに危険がおよぶ!この狭山の土地はプロジェクトのど真ん中に位置しているため、狭山が抜けたら計画が頓挫してしまいます😨。

神木はこれをゼネコン側の担当者に告げ、どんな大金を払ってでも、狭山の土地を買い取るよう脅しました💀。

また神木は、暗号資産で大損したトカゲにも手を伸ばしてきます。永瀬は、80軒の地権者を説得する際に、彼らの私的な情報をリサーチし、それを事細かく手帳にまとめていたのだそうです。神木はトカゲにそれを盗んでくるよう命じました。100万だすぞ。最高のタムパじゃないか😏。

トカゲは迷いに迷った末、義理の祖母=マダムに相談することにしました。なかなか言い出せずにいるトカゲにマダムは、かつてトカゲが永瀬から教えてもらったらしい諺の続きを教えます。一生幸せでいたいなら、正直でいろ。ちなみに1日なら床屋へ行き、1週間なら車を買う、1ヶ月なら結婚し(😂)、1年なら家を買えば良いそうです。

トカゲは神木に会いに行き、きっぱり協力を断りました。俺、どうやら嘘がつけない人間になっちゃったみたいです😁。

息子に恥じない父親になれ

神木はゼネコン担当者から白紙の小切手を手に入れて、狭山に差し出しました。一方の永瀬は、高齢化が進んだこの土地が蘇るにはこのプロジェクトしかない、と訴えます。狭山の父親ですでに息子に土地を譲った昭雄(田中泯〜藤原秀衡@鎌倉殿の13人)は「自分の息子に誇れる父親でいろ」と釘を刺しました。そしてこの言葉が神木の心にも突き刺さります👍。

狭山は登坂不動産との契約解除を取り消し、神木は花澤に負けて、社内で2位になりました。

神木は永瀬を呼び出して「1位になるより大切なことは何か」と尋ねます。永瀬は「誰かの役に立つことだ」と答えました。自分のしたことで誰かが幸せになれるならそれでいい

永瀬にそう言われた神木が物思いに耽っていると、亡くなった妻と息子が現れました👻。1位になれなかったと詫びる神木に、二人は微笑みながら消えようとします。神木は一生懸命タップダンスを踊って彼らを引き止めようとしましたが、無駄でした😭。

神木が地面に突っ伏して泣いていると、男の子の声が聞こえてきます可哀想な神木( ;∀;)。かっこいい、もっと踊って!?😍

それは花澤の息子の北斗でした。花澤は慌てて止めようとしますが、神木はそのリクエストに答えて踊り出します。北斗が一緒に踊り出すと、神木も笑顔になりました💜。

良き面構え

途中で桐山が登場し、狭山に接触していました。その様子を見た月下は、ブローカーの桐山が邪魔しにきたのだと誤解して、登坂や永瀬が心血を注いできたプロジェクトを横取りしたら許さない😡!と詰め寄ります。桐山は肯定も否定もしませんでしたが、もちろんこれは月下の誤解です。桐山は狭山を説得しにきてくれたのです👍。

桐山は後日登坂に、月下が良い面構えになった、と褒め称えました。また永瀬も、神木との勝負の後、ミネルヴァの鵤にスカウトされた際、月下を「素人」呼ばわりした鵤にこう反論します。月下は素人じゃない。優秀な社員で私の大切な相棒だ!😤

もちろん永瀬は、登坂の仲間が大好きだから、いくら金を積まれてもミネルヴァには行かない、ときっぱり断りました

榎本の結論

榎本にNY行きのチャンスを作ったのは愛原だったそうです。榎本は、最初は「永瀬との結婚」を理由に断ろうとしましたが、その永瀬の仕事ぶりを見ているうちに、自分も挑戦してみたくなったらしい

永瀬はその決断を祝福しようとしましたが、本音は寂しさでいっぱいでした😨。風はその本音を暴露します🤭。めちゃくちゃ寂しい!一緒に話したり、ご飯食べたり、楽しかったのに!だから向こうで結果出して、早く帰ってきてくださいっ!!

榎本はニンマリ笑って「最終選考の延長」を告げました。NYへ行っても毎晩リモートでその日の行動を報告するよう永瀬に言い渡したのです😂。また「すけべじっこ」が悪さをしていないかどうか、抜き打ちで帰国してチェックするつもりだそうです🤣。もちろん、抱きつきはしましたが「チュー」はまだまだお預けでした😜。へばっ!🤗

エピローグ

会社に石田が訪ねてきて「祟りを解く方法」が分かったと教えてくれました。でも一旦呪いを解いたらもう風は吹かないそうです。

永瀬は迷いに迷った挙句、月下にこの秘密を打ち明けました。月下は(まったく信じてくれず「しょうもな」と呆れて歩き出します。何言ってるんですか?早く営業行きますよっ!!いやいや本当に頼もしくなりましたね🤭。

まとめ

「正直不動産」は本当に良いドラマですよね〜🌹。不動産に対する知識も豊富になるし、何より「正直者の不動産屋」というキャラが最高に痛快です。沢口靖子さんの「科捜研の女」みたいに、山下智久さんや福原遥さんのライフワーク=財産にしていただけたら嬉しいな🤗。またみんなに会える日を楽しみにしていますよ💐。

正直不動産 コミック 1-19巻セット
正直不動産 コミック 1-19巻セット
関連記事