韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

麒麟がくる あらすじと感想 第26話 三淵の奸計

2020/10/05
麒麟がくる 0
麒麟がくる 長谷川博己 滝藤賢一 染谷将太

長谷川博己さん主演の大河ドラマ、【麒麟がくる】の26話は「三淵の奸計」です。いやいやこれはまたとんでもないことをしてくれましたね、三淵は。以下ネタバレのあらすじです麒麟がくるのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

勢力争い

14代将軍となった足利義栄は重い病にかかり、なかなか上洛できずにいました。巷では、義輝亡き後京を支配している三好一族の傀儡になることを嫌っての牽制だとも囁かれていたそうです

そんな中、義栄を将軍に推挙した近衛前久は、かねてより敵対している二条晴良(小藪千豊~佐山淳司@陸王)から、関白を降りるべきではないかとまで責められていました。何でも三好一族が朝廷に納めたた礼金も悪質な銭だったそうで、それも非難の的になっていたようですね

また越前にいる義昭は、将軍になるために元服をしたいと申請したらしく、これを晴良が取り持って承認されました。天皇は前久に、越前へ行って義昭の元服が許可されたと伝えるよう命じます。前久はこの役目を伊呂波太夫に頼みました。その伊呂波太夫は御所の塀が壊れたままになっているのを気にかけていたようです。

元服

義昭は晴良を越前に招き、元服の儀を執り行いました。実際元服する前までは義秋と名乗っていたそうです。烏帽子親は朝倉義景が務めました。

これであとは上洛するのみとなったのですが、共に上洛する大名が決まりません。本来であれば、上杉謙信や六角承禎、松永弾正などを当てにしたいところなれど、謙信と弾正は内輪もめを治めるのに忙しく、六角はどうやら斎藤龍興を匿っているらしいのと、三好とも通じているようで信用できません

朝倉家の事情

光秀が頭を悩ませていると、義景の家老、山崎吉家(榎木孝明~穴山梅雪@真田丸)がやってきました。義昭の元服を祝う宴に参加してほしいそうです。そこで山崎は、朝倉家の家中全員が義昭の上洛に賛成している訳ではないのだと打ち明けました

その言葉通り、城下は平和そのもので、一条谷の市ではむしろ物が有り余っているようでした。本来これから戦をしようというなら、武士や兵士が武器や食料を大量に買い求めるため物が無くなるはずなのに、そのような気配は皆無だということは、戦をする気があるのは義景だけで、他の者たちにはその気が無いということなのです。その様子を見た光秀は山崎の言葉が真実だと確信しました。

宴には肝心の義昭は欠席しましたが、三淵と義景の従兄弟の朝倉景鏡(手塚とおる~江藤不三男@グランメゾン東京)が臨席しました。義景は、義昭が上洛すれば将軍になれるとの確約を天皇から貰っていると上機嫌です。景鏡は、上洛すなわち三好との戦を意味すると反論しますが、義景は、謙信や六角を当てにしていたようで、問題はないと高をくくっていたようです。

そこで景鏡は光秀に意見を求めました。義景も、今日は無礼講だから正直に申せと詰め寄ります。光秀は景鏡の主張を肯定し、いくら義景が戦をするつもりでも、他の皆にその気がないのでは上洛は難しいだろうと語りました

光秀の決意

宴に呼ばれていた伊呂波太夫が光秀の背中を押します。義輝や斎藤道三に見込まれた光秀こそ、この度の上洛を進めるべきだと促したのです。伊呂波太夫は、光秀が考えて信長が動けば向かうところ敵なし、との帰蝶の言葉を伝えました

それで光秀は早速信長に会いに行きます。義景は当てにできないから、信長だけで義昭を上洛させるべきだと訴えました。尾張と美濃を治めている信長なら、たとえ六角が動いても勝てるだろうし、三好も今は弾正と戦をしていたため、京での手勢は手薄になっていたそうなのです。

大きな国

信長は早速義昭を美濃へ連れてくるよう命じました

三淵の奸計

当然義景は黙っていません。光秀はこれに先んじて熙子と子どもたちを美濃に帰すことにしました。光秀が上洛の供をすると聞いた熙子は一も二もなく賛成して喜びます

その後、藤孝が義昭の文を持参しました。信長とともに上洛すると書かれたその文を読んだ義景は激怒し、国境に兵を派遣して、義昭の行く手を阻めと命じます

それを受けて三淵が一計を案じました義景が上洛できない理由を作ることにしたのです。それが、義景が目の中に入れてもいたくないほど可愛がっていた阿君丸を暗殺することでした

協力したのは、おそらく山崎でしょう。山崎に命じられた女中が阿君丸の食事に毒を入れ、毒見をした女中が死んだのを伏せて、阿君丸にこれを届けました。阿君丸はこれを食してすぐに亡くなってしまいます

阿君丸の葬儀には義昭も参列したらしく、それで面目が立った義景は、渋々ながらも、義昭と信長の上洛を認めました。その結果、熙子たち家族は山崎の手の者に送られることになります

感想

三淵の計略は、光秀はもちろん、藤孝も知らなかったようですね。義昭はどうだったんですかね~。自分が将軍になるために、まだいたいけな子どもが犠牲になったと知っていたら、さすがに葬儀には行けませんよね。恐るべし、三淵ですが、ドラマとしては盛り上がって面白くなってまいりました。来週の放送も楽しみですね


NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 麒麟がくる 明智光秀とその時代 (NHKシリーズ) [ NHK出版 ]
これを読んでみるのも面白そう

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.