韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

麒麟がくる あらすじと感想 第30話 朝倉義景を討て

2020/11/02
麒麟がくる 0
麒麟がくる 滝藤賢一 染谷翔太 長谷川博己

長谷川博己さん主演の大河ドラマ、【麒麟がくる】の30話は「朝倉義景を討て」です。以下早速ネタバレです麒麟がくるのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

腹の探り合い

信長から美濃に戻るよう命じられた光秀に、藤吉郎が探りを入れてきました。岐阜城には弾正や三淵も招待されたそうだから、次の戦の話でもするのかと尋ねます。既に、信長が義景を討つつもりだとは察していたようですが、具体的には聞かされていなかったのでしょうか

光秀は、家族に会いに帰るだけだと胡麻化しましたが、これには摂津晴門も気をもんでいたようです

岐阜城では、三淵から釘を刺されます。義昭は義景に世話になったから、義景討伐には参加できぬというのです。つまり信長は孤立無援の状態です。弾正も黙ってこれを聞いていました。

光秀は、久しぶりに帰蝶に会い、義景との戦について尋ねました。帰蝶は義景を討つべきだと考えています。龍興が義景を唆して美濃を奪還しようと企んでいるのだそうです。

情けは人の為ならず

それでも信長は、一人では朝倉には勝てぬと思案していました。そこで光秀は、信長が御所の塀と南の門を修繕したことに言及します。信長は父信秀の供養にと考えたそうなのですが、光秀は、それが「帝」への橋渡しになると確信しました。信長も、帝が通しをしてくれれば大義名分が立つと賛同します

その帝は、なんとなんと東庵の碁の相手でした。帝は東庵に、信長について尋ねます。東庵は、口だけの上杉輝虎とは異なり、実際に上洛を果たした信長なら、会って話しても良いのではないかと勧めました

帝は信長に会い、「世を平らかにする戦」を認めます。その相手はでも義景ではなく「若狭の武藤」ということでしたが、どうやら若狭武田氏(武田氏の本流らしい)に仕えていた武藤が武田を圧迫していて、その背後にいるのが義景だったということらしい

その義景と繋がっている摂津はこの口実を嘲笑します。白々しい。はっきりと朝倉義景を討つと言えばよいものを!

三淵が、あらためて、義景と戦う気はないと繰り返すと、光秀は大いに反論しました。義景に都や畿内を治める力はないし、かつて義昭が越前を出ようとした際、国境を封鎖して義昭を殺そうとしたことを忘れぬようにと釘も差しました

摂津はここで、三淵が阿君丸を毒殺したことを暴露します。そしてその毒を手配したのが摂津の家臣だったのだそう。

我らは京の外へは一歩も出ないと信長に伝えよ!!

~でもこの摂津の話は脈絡がないですよね?義景の息子を殺した時点で既に敵やんか。息子を殺したから申し訳ないという意味でしょうか?

駒と義昭

有言実行の駒は、あれからずっと金を貯めては義昭に届けに来ていたそうです。義昭はすっかり駒を気に入り、彼女を連れて蛍を見に出かけました。駒もまた蛍を取ってきて義昭に贈ったそうです。ほぉ~そう言えば、仏門に入っていた義昭には正妻はいなかったそうですよね

明智家

牧を除く光秀の家族が京に越してくるそうです。

感想

コロナ禍で大分中断してしまいましたが、当初の予定通りの回数で放送してくださるそうです。続きもとっても楽しみですね


NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 麒麟がくる 明智光秀とその時代 (NHKシリーズ) [ NHK出版 ]
これを読んでみるのも面白そう

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.