韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

Welcome to my blog!

10の秘密 ネタバレと感想 第1話 元妻の失踪と娘の誘拐

2020/01/15
10の秘密 0
向井理 仲間由紀恵 仲里依紗 渡部篤郎 佐野史郎

向井理さん主演のミステリー、【10の秘密】を視聴しました。ストーリーもさることながら、キャスティングも皆怪しい方ばかりで面白くなりそうでしたね~。このまま是非どんどこ盛り上げてほしいものです


以下、1話のネタバレのあらすじです10の秘密のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずは主人公の白河圭太(向井理~市兵衛@そろばん侍)は、14歳の娘を持つシングルファーザーです。一級建築士の資格も持っていましたが、妻に去られてやむなく、時間の都合がつく建設確認検査員になりました。


元妻で弁護士の仙台由貴子(仲間由紀恵~夏村千尋@島の先生)は上昇志向が強く、圭太とともに高みを目指すはずだったのが、娘の(山田杏奈~加賀谷希美@先に生まれただけの僕)が生まれてからは家事や育児に追われるのが我慢ならなくなり、離婚届を置いて出て行ったそうです


それからというもの、圭太は、バイオリンに打ち込む娘のために毎日節約料理を作っては、塾やレッスンの費用を捻出していました。瞳もまたそんな父親には何でも相談する素直な娘だったのです


それがある日突然、その瞳を誘拐したという連絡が入りました。警察に知らせたら娘を殺す、3日以内に仙台由貴子を捜し出せ!


圭太は半信半疑ながらも、とりあえずは由貴子に電話をしますが、その電話はもう使われていなかったため、由貴子の職場を訪ねました。どうしても急ぎの用があると中に通してもらうと、その同僚の弁護士、松島(迫田孝也~横溝厚男@集団左遷!!)が出てきて、由貴子は先週退職したと聞かされます。なんと電話一本で退職を告げた後に退職届を郵送してきたのだそうです。


松島は、無責任にもほどがあるといいたげでしたが、圭太は腑に落ちませんでした。仕事が生き甲斐だった由貴子がそんなことをするとは信じがたかったようです。


それで瞳にも連絡を取ろうとしますが、瞳の行方も分かりません。学校は休んでいたし、ここ2か月間も休みが多かったと聞かされて愕然とします。塾も、特別レッスンも、瞳の作り話だったのです!?


何でも分かり合えていたはずなのに俺が信用できないのか!?~圭太はショックのあまり、実家の近くの蕎麦屋に立ち寄りました。母の純子(名取裕子~永光由美子@ヤメゴク)に電話をしてもつながらなかったからです。


純子は案の定、夫婦で蕎麦屋をしている友人の石川千秋(山野海~仲乃湯の女主人@世界一難しい恋)とのんきにフラダンスをしていました。その様子を見た圭太は何も言えず、瞳が寄っていないかどうか見に来ただけだと言って帰ろうとします


が、幼馴染で保育士をしている菜七子(仲里依紗~樋口愛子~@富士ファミリー)はすぐに圭太の様子がおかしいことに気づきました


後を追ってきて事情を尋ねる菜七子に圭太は瞳のことを打ち明けます。菜七子は驚きながらも、もしかしたら詐欺かもしれない、と疑いました。


結局圭太は菜七子とともに警察に行くことにします。刑事はすぐに誘拐事件として捜査に取り掛かろうとしましたが、そこに「瞳」から電話がかかってきました。朝の電話は嘘で家に帰りたくないだけだという言葉が「犯人に言わされているかもしれないことぐらい、警察なら気づきませんかね


案の定、ふたりが警察を出て家に戻ってくるとまた「瞳」から電話がかかってきます


警察に行くなと言ったはずだ。もう1度行ったら、次こそ娘の命はない。仙台由貴子の足取りを追え


その後、瞳もまた由貴子を調べていたことが判明しました。瞳は「由貴子の秘密」を知りたがっていたのだそうです


この秘密は「火事」に関することらしく、圭太も共有していました。瞳はそれを察しているらしく、圭太に聞いても無駄だと思っていた(=信用できない)ようですね。何せ圭太と由貴子はこの秘密を墓場まで持っていく覚悟なのです。


瞳の部屋にあったタブレットのパスコードが由貴子の誕生日だったことに再び打ちのめされる圭太です。しかも瞳は、ジャズバーに通ってそこでピアノを弾いている男と親しくなっていたために、学校や塾をさぼっていたようなのです??思春期ですからね~(-_-;)


でもその男が誘拐したわけではなさそうです。誘拐犯は二階堂(遠藤雄弥~足達大輔@ボイス)という男ですが、なぜ二階堂が由貴子を捜そうとしているのか、その真意は不明です


その後圭太は、由貴子が住んでいたタワーマンションを調べようとして、その恋人だったという宇都宮竜二(渡部篤郎~三雲尊@ルパンの娘)に声を掛けられました。元夫では部屋には入れないけど、恋人は鍵を持っていたようですね。宇都宮は由貴子が顧問弁護士を務めていた帝東建設の社員です。


由貴子の部屋にはたくさんの督促状が届いていました。それで圭太は由貴子が見た目ほど華やかな生活をしていた訳ではないと気づかされます。それどころか多額の借金をしていたなんて!?


また宇都宮は、由貴子が何者かに脅されていたらしいとも伝えました。由貴子は電話で「10年も前の秘密」はもう忘れてほしいと訴えていたのだそうです


実際、由貴子は永盛(高杉亘~青田作一@花咲舞が黙ってない)という高利貸しにも金を借りようとしていたようです。由貴子は1千万円借りようとしましたが、永盛は、由貴子が既にタワマンの所有権を手放し、車もレンタルだった「偽物のセレブ」だと知って、50万だけ貸したのだそう。


この話を聞いた圭太は、仕事で無理を聞いたら(=不正)謝礼を渡すという顧客の誘惑に乗ってしまうようでしたね


でも、由貴子は借金のために失踪したわけではなさそうです


由貴子は、ドラマの冒頭で「矢吹」という男が自殺するのを止めようとしていました。その時矢吹は手帳とUSBを手にしていたようです


矢吹は帝東建設の社員らしく、過重労働が原因の自殺と報道されていましたが、社長の長沼豊(佐野史郎~寺内誠司@限界団地)は、由貴子は知り過ぎたと言って、宇都宮に「処理」を任せていたのが気になるところ


おそらく、由貴子が姿を消したのはこの自殺の直後らしいですから、あの手帳とUSB=長沼および帝東建設の秘密を持って姿を隠したに違いありません。とはいえ宇都宮の様子を見る限りでは、瞳の誘拐とは無関係のようでしたよね


その由貴子は最後についに姿を現しました。圭太が由貴子を捜しているのを知って電話を掛けてきたのです。


その理由が瞳の誘拐だと聞いた由貴子は、犯人に心当たりがあるから自分に任せるよう命じました。私さえ行けば、連中はもう瞳には用はないはず。


予告によると、圭太は今回の事件に「10年前の秘密」が関わっていると考えていたようですね


矢吹の自殺と帝東建設の不正という秘密と、10年前の秘密は分けて考えた方がよさそうな気がするんですけどね~


10年前なら瞳はまだ4歳です。その瞳に知られたくない秘密となると、瞳のために隠さなければならない秘密と考えるのが妥当ですよね。出生の秘密ではありきたりですし、瞳が失火して家を燃やし、そのせいで誰かが亡くなったとか? もしかして本当の瞳はそこで亡くなって、今の瞳は別人だとか?


いやいや今はまだ妄想するより、データ集めが先でござるね


10の秘密」は来週の放送も楽しみですね


次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.