韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

Welcome to my blog!

10の秘密 ネタバレと感想 第6話 10年前のもう1つの秘密

2020/02/19
10の秘密 0
向井理 仲間由紀恵 仲里依紗 渡部篤郎 佐野史郎

向井理さん主演のミステリー、【10の秘密】の6話を視聴しました。いったい何を言いたいのか、よく分からなくなってきましたね~。以下早速ネタバレです10の秘密のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


翼あらため岩瀬が圭太に話したところによると、岩瀬の母=夏子は昔、銀座のクラブでピアノを弾いていたそうで、亡くなる当日に電話が来て、急遽、あの別荘に出かけたのだそうです。


夏子はそこでとある男性に会い、利用するだけ利用して捨てるのか!とひどく怒っていたのだそうです。


夏子は当時足を捻挫していたそうで、警察の言うように、階段から落ちて頭を打つことなどありえないと岩瀬は主張しました。


その時訪ねてきた男と言うのが、多分、宇都宮なのですよね。足もとしか映りませんでしたが、靴にこだわる宇都宮らしく、よさげな靴を履いていましたもの


夏子たちが出かけた別荘は帝東建設が手掛けたものだったようですが、今でも存在しているようです。10年前に燃えた後に建て直したのでしょうか。


圭太がネットで調べていたのを見た宇都宮は、買うんだったらもっとよい別荘を紹介するとのたまいました。圭太は火事について言及しますが、宇都宮は何のことか分からないと答えます


ということはですよ、宇都宮は、圭太たちが10年前、あの別荘地にいたことを知らない、ってことですよね。そうでなければあの写真を見て気軽に声を掛ける(=墓穴を掘る)はずがありません


夏子はいったいどんなことに利用されて、口封じをされたのでしょう?


その宇都宮は、長沼に対抗するために圭太と手を組もうとしていました。圭太に、偽装建築のことをマスコミに告発してほしいと頼んできたのです。自分は長沼が失脚したらその後釜に座るつもりらしく、内部告発は避けたいらしい


圭太はキッパリ断りましたが、いっそのこと手を組んだ方が面白い、否、良いような気がするんですけどね~


また瞳の件は、予告通り、ついに圭太が由貴子の悪事を暴露しました。お前を誘拐したのはお母さんだ!


瞳は信じようとせず、むしろ由貴子を庇います。お母さんは命がけで私を守ろうとしてくれたのに!


由貴子もついに本性を現しました


ふっ、大嫌い。お母さんって呼ばれるの


ここはどうなんですかね~。本音半分、嘘半分というところでしょうか。


瞳が盲目的に由貴子を信じるのが腹立たしかったのも本当だろうし(罪悪感から)、これ以上瞳を由貴子に近づけて、危険に巻き込むのも本意ではないというところでしょうか


結局瞳は由貴子だけでなく、圭太も信じられないと言って、また、石川夫婦のところに逃げ込みました。そこへ祖母の純子がやってきて、学校へ行こうとせず、店でテーブルを拭き続けている瞳を叱ります。もう止めなさい、皆困っているでしょう?


そもそもなんで瞳は純子のところにまっすぐ行かないのでしょうね~。厳しすぎるから?


でも、ハッキリ言って、瞳にはその厳しさが必要だと思いますけどね。圭太が瞳を愛しているのは間違いないけど、だからと言って、なんでも好きなようにさせてきたのは間違いでしたよね。その挙句にその娘に「嘘つき」呼ばわりされてちゃ世話ないわ


一方、圭太が手に入れた3億円は、忽然と消えてしまいました。圭太は由貴子に見つからないよう、水戸に頼んで借りた廃ビルの一室に隠していたようなのですが、圭太がすべてを警察に通報しようと決めて取りに行ったら無くなっていたそうです


圭太は由貴子の仕業と考えていたようですが、案外、水戸が怪しかったりするんじゃないですかね。それとも、意外なところで菜七子なのか?


さ~ていよいよ終盤ですね。来週はもう少し具体的な動きがあるとよいですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.