韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

トップナイフ ネタバレと感想 第5話 天才と凡人

2020/02/09
トップナイフ-天才脳外科医の条件 0
トップナイフ 天海祐希 椎名桔平 永山絢斗

医療ドラマ、【トップナイフ-天才脳外科医の条件-】の5話を視聴しました。人にはそれぞれ持って生まれた「才能というものがありますが、それを他人と比べてしまうと、そこから地獄が始まるという話でございましたね


以下早速ネタバレですトップナイフのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


その際たる者が西郡です。西郡は、母親から「才能がない、おまえはダメだ」と言われてすっかり落ち込んでしまいました。いつもは「オペ大好き」ですぐに切らせろというくせに、今回ばかりはオペを避けているようです。


「医者」という職業に就いてたくさんの人々を救ってきただけで、その才能は素晴らしいと思うんですけどね~。それなのに、天才の黒岩や母親を見た途端に劣等感の塊になってしまうなんておかしいですよね


そこで今出川は西郡に、天才ピアニスト・景浦祐樹(柿澤勇人~峠則孝@デザイナーベイビー)のオペを担当させることにしました。景浦は巨大な聴神経腫瘍を患っており、耳が聞こえないだけでなく、顔面神経痛にも悩まされていたようです。


深山は今出川の指示に不安を抱きますが、今出川は、オペで失った自信はオペで取り戻すしかないと豪語し、深山を助手に指名しました。


西郡は、今度こそ成功させてみせると毎日地道な努力を重ねます。この「努力」もまた立派な才能ですよね


その西郡は、自宅のベランダから飛び降りた根岸麻理恵(大西礼芳~古沢塔子@ごめん、愛してる)も担当することになりました。西郡は、自殺などする暇があったら諦めずに努力しろと、彼なりの優しさ?で根岸を励まします


根岸は、偶然にも、天才ピアニストの景浦と音大で一緒だったのだそうです。それが卒業してからこれまでに大きな差がついてしまったと自嘲する根岸に、西郡は、大学まで同じレベルだったのなら、その後の努力が足りなかったのだと決めつけました


それは自分に向けた激励でもあったのですよね。多分この時点では、黒岩に負けたのも自分の努力が足りなかったからだと、まだ諦めてはいなかったのかもしれません。


根岸はこの激励を受けて「作曲」を始めることにしました。根岸には小さな脳腫瘍も認められたため、引き続き通院することになり、西郡にも曲を送って聴いてもらうことにします。それは西郡にとっても大きな励みになりました


その一方で「天才」とうたわれた景浦にも悩みがあったことが明らかになります。なんと景浦のピアノはもう限界に来ていたそうで、彼が今もてはやされていたのはそのルックスだったのだそうです


誰よりもそれをよく知っていた景浦は、耳はどうなってもいいから、顔だけは守ってほしいと頼んできました。顔がダメになったら、もう誰も振り向いてはくれない!


西郡による景浦のオペは、深山も認めるほど素晴らしい出来栄えでした。その結果、顔だけじゃなく耳(聴力)も救えたようです。


が、西郡自身はこのオペであらためて自分の「凡人」ぶりを痛感していました俺は天才じゃなかった!( ;∀;)。景浦の状態がたまたま良かったから成功しただけだというのです


そこへ追い打ちをかけるように、黒岩が天才ぶりを見せつけます久々に椎名桔平がカッコええわ~( *´艸`)。景浦のマネージャーがくも膜下出血を起こしたのですが、そのオペがまたひどく難解だったため、西郡が手も足も出なくなったところを、黒岩が颯爽と現れて救ったのです


西郡はこれまでずっと面会に行かずにいた母親に会いに行き、俺は平凡な医者だと告げました。母親は、そんなことはとっくに分かっていた、と言い渡します


とはいえ、深山も語っていたように、自分の「才能のなさ」を知って初めて見えてくる道もあるのではないでしょうか


また根岸は、腫瘍によってサヴァン症候群になっていたことが判明しました。根岸の作曲の才能は天賦の才ではなく、腫瘍がもたらしたものだというのです。つまり、腫瘍を摘出してしまえば、才能も消えてしまうということ!?


せっかくレコーディングも決まったというのになんとも皮肉な話でございまするね~。根岸はこのチャンスを失うぐらいなら死んだ方がマシだと訴えますが?


世の中には、ピアノが弾けなくても、作曲ができなくても、もっともっと地味な毎日に満足して生きている人も大勢いるんですけどね~。常に上ばかり見て満足することを知らない人とはいったいどこが違うのだろうか?幼少期の親の教育が悪かった??


その天才外科医の黒岩も、私生活では苦労続きです。DNA鑑定をした結果、保は間違いなく黒岩の息子だったそうですよん。これでもう捨てられませんね


トップナイフ~天才外科医の条件~」は来週の放送も楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.